今月
2017年08月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2017年08月25日(1件)
<< [1] >>

2017年08月25日(金) |  色づく季節 実りの季節
 
加藤雅章

 8月も残すところ、きょうを含めてあと1週間。

 我が家の庭では緑のシーズンが去りつつあり、かわって赤や黄色の季節が訪れようとしています。

 「さすがは北海道!紅葉も早いんだね〜!」

 「でも、大雪の山々でも見頃はまだなのに、札幌で…、もう!?」

 いや〜、すみません。言葉足らずでした。たしかに緑は終わりつつありますし、赤や黄色に色づいてきているんですど、“葉”の話ではないんです…。

 我が家で終わりを告げようとしている緑…。それは夏野菜のリーダー的存在・キュウリ!

 我が家で赤や黄色に色づき始めたもの。それは…夏野菜の代表格・トマト!

 我が家の“ネコの額”どころか、“ネズミの額”ほどの庭に、キュウリとともに植えられた赤と黄色あわせて2本のトマトが、夏も過ぎ去ろうという今になって、ようやく色づいてきたのです。

 ま〜ぁ、ずいぶんとのんびり屋さんだこと…。
 最も日当たりの良い所に植えられたキュウリはすでに収穫のピークを過ぎました。これまでに10本くらいは美味しく我々家族のお腹の中へ入ったかな。

今はもう、こんな小さなキュウリの赤ちゃん(赤ちゃんだけど緑色じゃん!)がわずかに残るばかり。

 一方で、その隣に植わっているトマトたちは、ようやくこれから収穫時期に入ろうとしています。

 トマトの実自体は早い段階からなってはいたのですが、いつまで経っても緑色でカタいまま。半ば諦めかけていたところ、ようやく彼らにも夏野菜の自覚が芽生えたようです。

 「さすがに大雪の山の木々が色づく前に、ボクらも赤く/黄色くならないと…」と。

 ちなみに僕は生のトマトがちょっと苦手。おそらくアレルギーなのではないかと思います。食べると、体調によってですが、口の中がゾワゾワしちゃうんです。

 ですので僕はもっぱら色づく姿を眺めるばかり…。それでも日々の成長を見るのが楽しみでなりません。

 赤いトマトと黄色いトマト。どっちが多く収穫できるんでしょう?日当たりが若干ではあるもののより良さそうな赤い方かな…!?でも、実の数は今のところ黄色い方がやや優勢な気がします…。

 プロ野球セ・リーグの優勝争いでは赤いチームが黄色いチームをだいぶリードしているけど、我が家の庭先での「赤」対「黄色」、こちらの軍配ははたしてどちらに!?


<< [1] >>

TOP(全件表示)