アーカイブ
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2019年03月27日(1件)
<< [1] >>

2019年03月27日(水) |  夢への一歩 〜挑戦の春〜
 
加藤雅章
僕の夢は「先生になること」です。高校2年の時から抱き続けている夢…。

当時の担任の先生は僕の「第2の父親」とでも言うべき存在で、 「何事にも一生懸命に取り組むことの大切さ」を教えてくれました。

僕の夢はもちろんその先生の影響です。

「先生のようになりたい」

雅章少年は思いました。でも同時に、

「僕は『先生』になれるような人間ではない。まだ早過ぎる。中途半端な気持ちでなっていい職業ではない。」

…そうも思っていました。

結果、教員免許を取る道には進まず、今に至っている訳です。 今思えば、「勇気も覚悟もなかった」のかもしれません。

翌年、高校3年の時の担任の先生は、こちらは「第2の母」のような存在。 いつでも、あたたかい心で僕のことを包んでくれました。

おふたりとも英語の先生であったのは偶然か、 その後、僕はアメリカに渡ったわけで、ちょっとした「運命」だったのかもしれません。

この春…

僕は“先生”になるための勉強を始めます。

子どもが小学生になるのにあわせ、その教科書をこっそり拝借。 また、教科書に対応したワークを購入して勉強しようと考えているのです。

だって、間違いなく子どもに「これ、どういうこと?」って聞かれますからね。 勉強しておかないと…ね(汗)。

1年生、2年生、3年生…どの段階まで持ちこたえられるかは分かりませんが(苦笑)、 「たった1人のための先生」をできる限り続けていきたいと思っています。

(それにしても、どのタイミングで僕の方が「これ、どういうこと?」って聞くようになるんだろう…?)
さて、この春、新しい世界に飛び込む方もたくさんいらっしゃるでしょう。 今日は最後に、先に書いた私の2人の恩師が僕に送ってくれた言葉を書き記します。

「Keep Hope Alive!」

「Behind the cloud is the sun still shining」

<< [1] >>

TOP(全件表示)