今月
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:全て(2536件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2018年11月19日(月) |  冬気分♪
 
谷藤博美


11月12日生まれの私

自分の誕生日までは 毎年雪が降っている事がおおく

誕生日をすぎ、ハラハラ舞い降りる雪をみると

「冬がきたな〜♪」と実感することが多いのですが

今年は初雪がとっても遅い・・・!

まだまだ気分は「秋」でした。

そんな中、先週末立ち寄った場所でみかけた大きなクリスマスツリー♪

いっきに気分は冬になりました^^


2018年11月18日(日) |  再会
 
管野暢昭
プロバスケットボールB1のレガンバ北海道の試合会場である人と再会。レバンガの前身・レラカムイ北海道のヘッドコーチを務めていた東野智弥さんでした。現在は日本バスケットボール協会の技術委員長という要職にあります。いわば日本代表のGM。古巣のゲームを観戦にきていました。東京オリンピックに開催国枠での出場が決まっていない男子の日本代表。ワールドカップに出場して猛アピールが必要です。そのワールドカップ出場の鍵を握るのは今月30日と来月3日に富山で行われるアジア2次予選。連勝すれば一歩前進です。友人でもある東野委員長に檄を飛ばすと、「必ず連勝させます」と力強いリアクションが…。日本代表の運命を彼に託します。

2018年11月17日(土) |  やっぱりミスチル最高!
 
佐藤 彩
先日、大好きなMr.Childrenのライブに行ってきました!
運よくファンクラブ枠でチケット当選した夏からずっと楽しみにしていた今回のライブ。
先月発売したアルバム「重力と呼吸」に収録されている曲を中心に、ファンにとってはたまらない曲も多く演奏され、心がときめきました。
「バラード、この曲きたー・・・!」
「なんと粋な演出・・・!」
毎回心躍るライブですが、今回はよりミスチルのパワーを感じるライブで・・・ロックでした。
私はライブに向けて、この曲からスタートかなぁ・・・などと選曲予想をしてライブの日を迎えるわけですが、私の想像など軽く超えてくるのが、ミスチル。
さすがです。圧巻です。感動しました。
この感動は、一緒に行った妹と会うたびに「良かった」と話していますが、誰かと共有したいもの。
ミスチル仲間、山根あゆみさんとラジオ局の先輩とともにライブの感想を語る会を近々開催予定なので、そこでもたっぷりミスチル愛を語り尽くそうと思います!
ミスチル好きのわりにライブに行かないという矢萩アナにも伝えたい。
ミスチルは、ライブも最高だよ!

2018年11月16日(金) |  札幌ディープ 107 珈房 サッポロ珈琲館北野店
 
鎌田強
わたしの友人のギタリストSさんは、毎日の仕事終りにチェーン喫茶店の外のテーブルで、冬でもマッタリするのが好きだ。人それぞれに憩いの形態は違うとは思うけれど、理解しがたいこともある。わたしもSさんほどではないがよくチェーン喫茶店を利用する。しかしそれは仕事の準備や時間調整のためであり、のんびりと過ごすという感じのものではない。
先日サッポロ珈琲館北野店に行った。地下鉄南郷18丁目から国道36号線に抜ける道路沿いにあるこの建物は、かつて清田区住まいだったわたしには馴染み深い。明治時代の洋館のようなたたずまいはいつも堂々としているし、品がいいと思う。しかも街中にありがちな止まり木のような椅子ではなく、しっかりと自分を受け止めてくれるような椅子だから落ち着く。
ファミリー向けとは一線を画しているようなメニュー。お点前セット。コーヒーはカップに注ぐと泡が出る。その泡を丁寧に取り除きお客に出すのがいいコーヒー店だと聞いていた。しかしこれは抹茶よろしく水出しコーヒーを茶筅で泡をこしらえているのだ。逆転の発想。しかも器が抹茶茶碗のようでもある。そしてお茶うけ(?)にはカフェオレ羊羹を生クリームで。
 
北野店にはケーキ工房があり旬のケーキが提供されている。最近パティシエがかわり大きさはそのままに甘みを抑えた味に変化してきているという。モンブランはフランスの山から命名されたケーキだ。たしかにボリュームはあったけれど食べられた。この日は栗ではなくチョコレートの山だった。
サッポロ珈琲館は個性的な店が札幌市内に9店ある。北円山店も好きな店だ。
 
珈房 サッポロ珈琲館 北野店
札幌市清田区北野7条1丁目1−1
電話 011-855-6689

2018年11月15日(木) |  どこよりもサムい!プレーバック2018!
 
加藤雅章
 先月の末、ボクが担当するラジオ番組「気ままにWEEKEND」の中で、「どこよりも早い!プレーバック2018!」というテーマで皆さんにこの1年間を振り返ってもらった。
 
 さすがに「(その時点では)今年もまだ2カ月あるのに早過ぎですよ〜!」そんな声を多数頂きつつも、多くの「2018の記憶」が寄せられた。
 
 歳月は流れ…。
 
 あ、いや、「歳」も「月」も流れてないか。
 
 あれから20日ほどが過ぎ、はや11月も折り返し地点。今年もあと1か月半。もう「どこよりも早いプレーバック…」とは言えない時期になってきた。それでもまだやや早い感は否めないが、僕の2018をプレーバックしてみたい。  

 そもそも「今年の目標」は何だったか。
 
 特に書き記してはいないのだが、おそらく「平凡な生活を送る」だったはずだ。なにせ、ここ数年、同じ目標の下で生き続けているのだから。
 しかし、「平凡な生活を送る」ことが達成できているかといえば、そこは若干、首を傾げざるを得ない。その理由はというと、それはまさに「首」である。どうにもこうにも、今年の夏前あたりから首の調子が良くないのだ。

 首から肩のこり。チクチクとした神経痛。

 数年前まではボクの辞書の中になかった言葉が、今はしっかりとそこに記載されている。

 なんとか調子を取り戻すべく、「まずはしっかりとした睡眠から!」と枕を変えた2018。

 それまでよりも高さのあるをかったもののいまひとつしっくりせず、もう1つ高さの違うものを買ってもなお落ち着かず…。「どうすりゃいいの!?」と、まさに「お先まっくら」状態。

 「………。」

 結局、やや値段の張る「セミオーダー」なるものを購入することにしたのだが、ならば最初からそれを買えば良かったのに…というのは、今となっては結果論。

 運動(ジム通い)はそこそこしているので、「運動不足による血行不良」というのは当てはまらないだろうとは思う。
 
 ならば運動の方向性を変えるべきなのか!?

 筋トレから有酸素運動を主体にする!?陸上の運動から水泳に変えてみる!?スイミングで「睡眠グ〜!」…なんて。  

 「………。」

 もしかすると、こういう冷えが首にはよくないのではないか!?だとすると、僕の場合、一生のお付き合いになるのかな…。

 幸い、治療のおかげか、辛さのピークは越えた感がなくもない。 

 子どもが“進級”する(正しくは小学校入学だが…)来年の春頃には、僕は鍼灸治療から卒業できると期待したい。
 
 「………。」

 本格的な冬は間もなくやってくる。

2018年11月14日(水) |  北海道文化塾MC
 
渕上紘行

北海道文化塾、この日の講師はオペラ歌手の中丸三千繪さんでした。
世界を飛び回り活躍するプリマドンナ中丸さん。前日にイタリアから帰国したばかりだったそうですが、時差ボケを全く感じさせない癒しの歌声とバイタリティー溢れるご自身の人生を振り返るお話であっという間の90分でした。

北海道にも住んでいらっしゃることを知り、一方的にとても親近感がわいてしましました 笑




2018年11月13日(火) |  農業スペシャル ありがとうございました
 
11月10日(土)、HBCラジオで午前8時から「北海道農業応援スペシャル」を放送しました。今回、森アナウンサーとのコンビで、スタジオ進行をしました。 みなさん、たくさんのメッセージ、プレゼントへのご応募ありがとうございました。そして、農業に携わるすべてのみなさん、いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします

2018年11月12日(月) |  農業スペシャル!
 
森 結有花

11月10日に放送された
HBCラジオ『北海道農業応援スペシャル!!』

たくさんの方々のご協力のおかげで、
9時間なんとか終えることができました。

北海道農業の歴史を築いた先人達。

災害にも負けず頑張る生産者のみなさん。

将来のため、農業を学ぶ若者達などなど。

北海道農業に携わるたくさんの方々のことを学んだり、
お話を伺ったりする中で、
北海道農業は今までもこれからも人の情熱によって、受け継がれていくものだと思いました。
そしてまだまだたくさんの可能性を秘めていることもわかりました。

農業は北海道の、そして日本の宝です。
これからも農業に携わる方々へ感謝するのはもちろん、
守っていくために消費者として、伝え手として自分には何ができるのか。
考え、取り組んでまいります。

とても意義のある9時間でした。

番組に携わって下さったみなさま、
番組をお聴き下さったみなさま、
札幌駅やカリーハウス『コロンボ』に足をお運びいただいたみなさま、
そしていつも頑張って下さっている
農業に関わるすべてのみなさま、

本当にありがとうございました!!!

2018年11月11日(日) |  “記録的な秋”
 
堀 啓知(よしとも)

秋晴れの週末に、北海道大学のイチョウ並木を見てきました。

 

葉の色づきが最盛期だったので、予想通りの人出。

「さっと前に出て」「さっと引く」

写真に写り込まないよう、お互い撮るタイミングを気遣う場面も。

時折車も通るので、ベストショットを撮影するのに意外と時間を要しました。

青空に映えるイチョウの黄色。

足元の落ち葉も、新旧の様々な葉が折り重なり、油絵のよう?

構内を散策中に見つけた、真っ赤な楓もイチョウに負けない色づき。

執筆時点で、道内の平野部での初雪は観測されず。

この時期に気象台の観測所などで、初雪が観測されないのは1990年以来28年ぶり。

HBCウェザーセンターによると、「雪の便りが遅い=その冬の降雪量が少ない」・・・という因果関係はないそうです。

逆に多い年もあるとのこと。

結局、たくさん降るのかぁ〜と落ち込みつつも、“記録的な長い秋”を楽しみます。

 

でも、いよいよ今週中には雪が降る予報です!


2018年11月10日(土) |  まもなく!
 
水野善公
まもなく「HBCラジオ 北海道農業応援スぺシャル」が始まります。とにかくプレゼントいっぱい!午前8時からです!これから6時35分のプレ番組へ、行ってきます!

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)