今月
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2010年12月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2010年12月30日(木) |  いざ、世界の頂点へ!〜加藤雅章的2010年〜
 
加藤雅章

 東京のスカイツリーがその“頂点”へと日々近づいていった2010年も、まもなく終わろうとしている(写真は10月に撮影したもの)。

 私
にとっての2010年。それは、国際大会でのメダルを4つも首にかけることができた、まさに「世界の頂点に一歩近づいた1年」だった!

 今、「?」マークがた〜くさん浮かんでいる方…すぐに疑問は解決します。安心して読み進めて下さい。

 バンクーバーオリンピック、スピードスケート男子500メートル銀メダリストの長島圭一郎選手、女子チームパシュート銀メダリストの田畑真紀選手、穂積雅子選手、ありがとうございました!

 そう、3選手は大会後にメダルを手にHBCに来社。インタビューする機会を得て、その際にメダルを拝借したのだ。あのズッシリとしたメダルの重さ〜それは物理的な重さだけでなく、選手達の努力の重みも加わっていた〜は、けっして忘れません。

 そして、アジア大会陸上女子100・200メートルの覇者、「アジア最速の女王」福島千里選手、ありがとうございました!

 福島選手には、大会後はじめて北海道に戻ってきた際にやはりお話を聞かせて頂き、その場で金メダルを首にかけさせてもらったのだ。あの黄金にきらめくメダルのまぶしさ〜それは色彩的な輝きだけでなく、福島選手の笑顔の明るさも加わっていた〜は、一生忘れません。

 …えっ?「『世界の頂点に近づいた』って…。他人のふんどしで?」…ですと?

 「ふんどし」だなんて失礼な!メダルです、メダル!!…でも、そのご指摘はごもっともです…。そして、ここまで書いておきながら、新たな問題が…。

 写真がない…。

 いや〜、せっかくの貴重な機会だったのに、写真を撮っていなかったのです。仕事中なのでやむを得ないとも言えますが、なんとも残念。

 そこで今年最後の一枚は、せめて気分だけでも…。ということで、ハイ、チーズ!

 う〜む。それにしても、「百円ショップで買ったメダル」というのがなんとも切ない…。

 と同時に、実感。私が一歩近づいたのは、「世界の頂点」ではなく、「世界一の有頂天」だったと(涙)。


2010年12月29日(水) |  2010年を振り返って
 
山内要一
この日記が掲載される12月29日、小生38回目の誕生日を迎えた。
同じ1972年生まれで38歳のファイターズの稲葉篤紀選手、女装タレントのマツコデラックス氏、戦場カメラマンの渡部陽一氏などが、素晴らしい活躍を見せた2010年だった。
さて、私山内が担当するHBCラジオ「山ちゃん美香の朝ドキッ!」もスタートして、おかげさまで1年3ヶ月になる。
この「朝ドキッ!」がどんな一年だったか・・・書こうと思ったのだが、実は、これを聞いて頂ければどうだったかがわかる番組をお送りする事になったのだ。
大晦日12月31日にお送りする「朝ドキッ!NG大賞」だ!
2010年の一年間ではなく、下半期だけのNGを振り返るのだが、私山内の40倍の数のNGを田村美香さんが出してくれたおかげで、膨大な量に上っている事が判明。
その中の選りすぐりのNG(?)をたっぷりお送りする事となった。ぜひ爆笑して頂きたい。
大晦日の朝9時も「朝ドキッ!」の一年の締めくくりとしてお付き合い頂きたい。


2010年12月28日(火) |  来年イタリアどうでしょう
 
桜井宏

ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
来年3月に私と一緒にイタリアに行きませんか。
今日の日記もツアーのご案内です。
「桜井宏と行くイタリアツアー」は今回で2回目なんです。
1回目は2006年の3月でした。
今日は前回の旅の途中で私が撮った写真の中から
選りすぐりの3枚をご紹介しましょう。
一枚目は「ベニスにて」です。
ゴンドラに揺られながらシャッターを切りました。
お天気に恵まれてのビューティフルショットです。

2枚目はローマで写しました。
この写真は私のお気に入りです。
前回のイタリアツアーでは100枚位撮りましたが、
ナンバーワンの出来だと思っています。
およそ2年に渡って自宅のパソコンの壁紙にしていました。
撮影ポイントはローマの街中、繁華街の一角です。
昼下がりですが、こんな静寂の瞬間もあるんです。

3枚目もローマの街の風景です。
大勢の人が階段に座っていますね。
世界一有名な、そして混雑している階段かもしれません。
スペイン広場の階段です。
映画「ローマの休日」で一躍名所になりました。
この階段の下のところでオードリー・ヘプバーンが
イタリアンジェラートを舐めてました。
今はそういうことは出来ません。禁止になってます。
観光客がジェラートを落としてべたべたにしたからだそうです。
ちなみに、この写真の隣の坂道で2枚目の写真を撮りました。
通り一本で表情がガラッと変わりますね。
あなたもそんな発見をイタリアでしませんか。
詳しいことはHBCラジオ「朝刊さくらい」を聴いてください。
毎日、番組の中でツアーのご案内しています。

2010年12月27日(月) |  佑ちゃんが札幌ドームに来た!!
 
渕上紘行
12月9日木曜日、ついにこの日を迎えました!
斎藤佑樹投手の入団会見。
ドラフト指名後の会見の場で‘生’佑ちゃんを目にして以来、この日を待ち望んでいました。
(詳しくは前回の絵日記をご覧ください)

その中、今回は‘代表質問’を担当することになりました。(写真右前の後姿が私)
‘代表質問’とは、会見のスムーズな進行のため代表者が全員が聞きたい項目を自ら想像し質問すること。

当日は約8000人のファンを迎えての会見、タイムスケジュールも決まっているため、質問が多すぎても少なすぎてもズレていてもダメ。ファンのみなさんにも楽しんで頂かなければいけません。さらに全国が注目する話題だけに、なおさらプレッシャーが・・。
質問項目にはかなり頭を悩ませました〜
その中、どうなったのか!?

結果は・・、ご承知の通り斎藤投手のすばらしいコメントに助けて頂きました。
まさか藤井球団社長に対して『持ってる』と言うなんて(笑)
おかげで場内が盛り上がる‘ひとコマ’になりました!

これだけ注目される選手がファイターズに入団するなんて、ファイターズはもちろん北海道はつくづく『持ってるなぁ』と思いますよね。
この注目度は来シーズンはさらにヒートアップするはず!!
来年もHBCは斎藤投手に密着取材していきますよ!みなさま楽しみにしていてくださいね〜。


2010年12月26日(日) |  よいお年を☆
 
松坂有希子
早いもので、今年も残り6日となりましたね。
みなさんは、年末年始の予定、もう立ててありますか?

実は、私、1月1日は早番で、2011年の一番最初にニュースを読みます!
1年に1度だけ、「あけましておめでとうございます」から始まるニュース☆新鮮な気持ちでお伝えします(*^.^*)

そして、その後1月1日は土曜日!ということで、HBCラジオにて朝8:30〜14:00までおぢさんツインカムを、DONさん、赤城さん、佐藤ANと、5時間半 生放送で、お送りします。
トピッカーの山口忍さん、奥田ゆかさんも、初売りの場所などから、リポートしてくれますよ♪♪

さらにその後、19:00〜20:00には、HBCラジオ「1条ステーション ヨシトモ!人生雑談スペシャル」を、お送りします。
『ヨシトモさんと雑談したい』というお葉書がなかなか届かず、2010年に数回しかできなかった人生雑談。そのコーナーを、新春にスペシャルバージョンでお送りしちゃおう、という禁断の企画です。


ということで、私は年越しの瞬間は睡眠中となりそうですが、元日、HBCテレビ・ラジオと一緒に過ごしていただけると嬉しいです。
みなさま、よいお年をお迎えください☆☆☆

2010年12月25日(土) |  これ誰?
 
卓田和広
ただ今、30日の「本番」に向けて練習中!
今日は本番のメークを試してみた。
これって・・・いったい誰?
答えは30日正午からHBCラジオで放送の
「カーナビ紅白歌合戦」をお楽しみに!
また、その日の深夜1:25分からはテレビでも放送されるので
こちらも乞うご期待!

2010年12月24日(金) |  Merry Christmas! HoHoHo〜
 
船越ゆかり
クリスマスが近くなると毎年取り出す本があります。
「サンタクロース、ライフ。」
日本にたったひとりの公認サンタクロースによる、
本当のサンタクロースの本です。
著者のパラダイス山元さんは、
マンボミュージシャンであり、マン盆栽家元。
札幌出身です。
 
 
この本によると、
北極に近いグリーンランドに
サンタクロースの長老が住んでいて、
プレゼントを配る仕事を任せられる者を
世界各国から選び出し、
試験に合格した者だけを
正式にサンタクロースとして認めているのです。



パラダイス山元さんも厳しい試験に合格してサンタクロースになりました。
今年は、先日スウェーデンで開催されたサンタクロース競技大会で
見事世界第二位に輝いたとのこと。
「サンタクロース、ライフ。」のブログでその様子が見られます
日本ではサンタクロースといえば「プレゼントをくれる人」
と思われがち。
サンタクロースに感謝する気持ちを忘れていませんか。
北欧の子どもたちはクリスマスが近づくと、
お母さんと一緒に
お礼のジンジャークッキーを作り、
サンタさんへの手紙とともに
枕もとのテーブルや暖炉の上などに置いておくそうです。
そして、暗い中やってくるサンタさんが、
ちらかっているおもちゃにつまづいたりしないように、
部屋の中を片付けておきます。

どうでしょう。
サンタさんを迎える準備はできていますか。

2010年12月23日(木) |  達成! 日本縦断・3000キロを超えて”にゅうよく”!!
 
石崎輝明
稚内へ行ってきました。
本格的に雪が積もる前に、どうしても達成したいことがあったんです。
5年越しの悲願でした。

5年前、沖縄県の八重山諸島を旅しました。
そして、西表山に旅したとき、「日本最南端」の西表温泉に入りました。
その時、「そうだ。地元北海道には日本最北端の温泉があるから、そこに入れば温泉で日本縦断だ!」と思ったのです。

しかし、現実はそう甘くありませんでした。
私の住む札幌から稚内までは300キロ以上。
プライベートでは、なかなか向かうチャンスがありませんでした。
5年の間、仕事で稚内を訪れる機会はありましたが、入浴する時間はなく・・・。

今回も、1泊2日の強行軍でしたが、ここで思い切らないと、あっという間に10年過ぎてしまうかも・・・。

 \(^O^)/
祝・達成! 日本縦断・3000キロを超えて南北最端温泉入浴!

すみません。 m(__)m 一人で勝手に歴史的快挙と騒いでいます。

2010年12月22日(水) |  ご報告〜あれから約2年経ちました
 
佐藤 彩

覚えている方がいるかどうかはわかりませんが・・・
今から2年近く前。
アナウンサー日記で、体重を減らすと宣言しました。
目標は「−5s」。

結果・・・1年では達成できず。


でも、このまま言いっぱなしでいいのか?

ということで・・・
無条件に、あのときから「−5kg」のダイエットは継続することになりました。

そうは言っても、あまりガッツリ本格的にできない自分もいるわけで・・・
決め事はこれくらいにしました。
 ・腹10分目以上食べる回数を減らす
 ・毎日体重計にのる
 ・でも、食べたいものは食べる
 ・ここまでで減った体重から1sぐらいまでは増えても気にしない
 
1年くらいの長いスパンで考えれば、ストレスを溜めずにのん気にいくのもアリかな、というところです。


そして今年も残りあと10日、もうすぐクリスマスという時期。
ここまでの結果は・・・

「最近痩せたね。」という声がちらほらと聞こえてくるようになったのです!
お世辞を含めての言葉でも、けっこう本気で喜んでいます(*^^*)
ありがとうございます!
(ちなみに、写真は写りがいいものを選んでいます。笑)


まぁ、ここまでは良しとして。
数字的なことを言いますと・・・あと500g足りないんですっ(>_<)

今日はちょっとスッキリしているなという日には、あと500gまで迫るものの・・・その壁を越えられないんですよね。
あと10日、必死でなんとかすればいいじゃない?とも思うのですが。
無理してクリスマスケーキも、友達とのパーティーも、おせちも、年越しそばも我慢するのは嫌だし・・・。

スーパーでお肉500gを見ると、「けっこうあるな・・・」と感じるのも事実ですし。

とりあえず来年の目標は、
“残り「−500g」を達成して、キープすること”にしようかな。

キープもけっこう大変だと思うのよね。
引き続き、のんびり頑張ります(*^^*)

2010年12月20日(月) |  ミカンの人
 
堀 啓知(よしとも)
毎年この時期になると、我が家に届くものがあります。
それはミカンです。
贈ってくれるのは静岡県に住んでいる大学時代の友人です。
我が家では、「ハムの人」ならぬ「ミカンの人」と呼んでいます。
届くミカンは「三ケ日みかん(みっかびみかん)」。
静岡県西部、浜名湖の北側の地域で取れるミカンです。
三ケ日みかんの歴史は、江戸時代中期(今から約280年前)に紀州からミカンの苗木を持ち帰った人が庭に植えたことから始まったそうです。
初めて食べた時から惚れ込んでしまい、私にとってはちょっと早いクリスマスプレゼントになっています。
たかがミカンと思うかもしれませんが、本当に美味しいミカンなんです。
甘さと酸味のバランスがちょうど良く、気がつくと一度に5個以上食べていますが、それでも飽きが来ません。
さらに驚くことに、一箱に何十個と入っていても一つとして味がぼやけていないのです。
ミカンですが、「未完」ならぬ「完成」されたミカンなのです・・・。
ただ困ったことに、あまりにも美味しいので、毎年2週間ももたずに無くなってしまいます。
近所のスーパーで探しても「みっかんない」ので、自分で取り寄せようか、また来年の楽しみとして我慢しようか考え中です。
まずは、来年も送ってもらえるようにとお返しの品をすぐに送りました。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)