今月
2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2012年03月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2012年03月31日(土) |  60周年特番
 
赤城敏正
 今月17日、HBCラジオ60周年記念「ラジオのある生活、あなたとつながるHBC」が放送されました。たくさんの皆さんの番組へのご参加、ありがとうございました。
 僕と佐藤アナが担当したのは午前9時からの「これまでのHBCの番組をふり返る」パート。ゲストは松永俊之さんと河原多恵子さん。この4人で話をするのは、もちろん初めて。松永さん、河原さんが、番組の中で一緒になるのも、ほぼ初めてとのこと。
 このコーナーでは、河原さんが「ハロードライバーという番組の担当が決まって、運転免許を取得するため自動車学校に通った」など、番組スタンバイの裏話を中心に松永さんと河原さんで展開。話を聞けば聞くほど、先輩はスゴイ。
 このコーナーにも、たくさんのメッセージをいただき、ありがとうございました。一部しかご紹介できず、すみませんでした。
 特番終了後、そのあとの「ラジ魂~あとのまつり」にも乱入させてもらったりして。中野くん、大森くん、いろいろとありがとうございました。(気をつかってもらったんですよ。ちなみに写真に写っている缶は、ノンアルコールです。念のため。)

 また野球のシーズンになり、来週からは春の新編成がスタートしますが、これからもHBCラジオをよろしくお願いします。

2012年03月30日(金) |  ささら、ささら・・
 
田村 英一

3月も20日余り過ぎたころ、
藻岩山の麓で”ささら電車”を見た。

札幌の市電の電車事業所構内である。

前日から降り続いた湿った重い雪が
構内の線路に張り付いていた。
それを除雪しているところに行き当たったのだ。

札幌の市電、線路の総距離は現在8キロあまり。
昭和39年ごろには総距離で25キロほどあったと
いう。

その頃は、冬になれば、しょっちゅう”ささら電車”に
遭遇していたように思うのだが・・
その時代もタイガー塗装だったか?

”ささら”というのは、竹の先を細かく割って
束ねたもの。
さらさらと音がするからというが、それを
回転させて走る電車は「ゴー」という音で
けっこうな迫力!

次の冬に備えてしばらく「休憩」に入る・・そんな時期
に全く久しぶりに”ささら電車”と出逢った一枚である。



2012年03月29日(木) |  お散歩グッズ入手!
 
小川和幸
春です!
肩をすぼめ、体を丸めて足元を確かめるように歩くのは終わり!
歩幅を大きくとって、颯爽と犬と散歩する季節になりました。

そこで、早速手に入れたのが“犬の引き綱(リード)”です。
力の有り余った我が家のフローラ(犬)が、
今まで使っていたリードをボロボロにしてくれたこともあって、
新調することにしました。

今のリードは、ワンコとの生活スタイルを
良く考えて作られているんですね。

普通の引き綱として使うのは勿論、
ジョギングやトレッキングの時に両手が使えるように、
腰や肩に廻して使えるようになっているんです。

この状態ですと、見ようによっては、
犬を歩かせているのではなく、
犬に歩かされているように見えるかもしれませんが…。

こんな私を見かけたら、大笑いするんではなく、
微笑みかけてくださいね。

※因みにフローラは、やる気ありません…

2012年03月28日(水) |  札幌ディープ8 ビーストキッチン
 
鎌田 強
 僕のところに旭川の方から懐かしい
写真が届きました。なんと20年前の
公開放送の写真。手前が赤城アナで奥
が僕。上野様ありがとうございました
詳しくはHBCラジオ「ウラユリ」で
(土曜20:45〜21:00)

 狸小路一丁目界隈は僕が札幌に住み
始めた頃からもうディープ感たっぷり
だった気がします。かつては札幌の始
まりで、南1〜2条西1丁目が繁華街
の中心地だった頃を知る由もないけれ
ど、僕の狸小路1丁目の記憶は米軍払
下げの洋服など衣料関係のお店が多く
あったということです。どこか上野の
アメ横を思い起こさせる雰囲気があっ
た様に思います。
 そういえばよくカレーを食べに行っ
た「DELHI」は行くたびにシャッターが
下りているけれどどうしたのかな?
タイミングが悪いだけならいいのだけ
れど。まあ昔から気まぐれ的だったの
でそのうち食べられるでしょう。
 さて、その狸小路一丁目の北側に小
さな小路があります。一見どん詰まり
かなと思われる小路ですがその突き当
りをを右に曲がると狸小路に出ます。
昨今この小路には若者向けの店がオー
プンし元気もあるようです。
 ビーストキッチンはそんな人目に触
れにくい小路に今年1月にオープンし
た新店です。Beastって獣?名前だけ
聞くと若者向けのジビエなどをもりも
り食べる店のイメージですがいやいや
日本酒のラインアップが半端じゃない
気軽な日本酒ビストロです。
 ご主人は若く、東京で3年修業した
のち札幌で店を持ったそうでしかも青
森県出身。秋田出身の私としては親し
みを感じるというものです。
 日本酒は60種類あるとか、しかも
一合から五石まで器が3種類あり無理
せずいろいろな日本酒を楽しめます。
料理も美味しくコストパフォーマンス
抜群です。特には肉系は自信ありそう
です。ちょいとしたアテも日本酒と相
性がよかったです。
 二階のライブハウスの音がやや気に
なりますがこっちも負けじと盛り上が
ればバラ色ナイトです。ご主人には体
に気を付けて長い間営業して欲しいと
思います。
追伸 ホールの女史に惹か
れて通うお客も多いでしょう。僕も少
し酔いすぎました。

2012年03月26日(月) |  「社会派(!?)」から「週末の男」に
 
加藤雅章

 私、先週の金曜日(23日)に“卒業”の日を迎えました。

 写真をご覧下さい。「東京大学卒業(式)」とあります。すごいでしょう!まぎれもなく、あの東大の卒業式です!

 そこに…取材に行ってきたのです(アレレ…)。

 東大の卒業式は、私の「北海道NEWS1」での“最後の取材”の現場。そう、私、先週金曜日をもって夕方のニュース番組を卒業したのです(それにしても、東大の卒業式に“出席”できるなんて、これまでの人生の中で考えてもみなかったなぁ…)。

 思い返せば3年半前、当時の「Hanaテレビ」内のニュースから始まったテレビニュースの担当。その後、「総力報道 THE NEWS」、「NEWS1」、「北海道NEWS1」と気がつけば“4つの番組”に関わってきたことになります(ずいぶんと変わったなぁ…苦笑)。

 そして、その前は…といえば、ラジオの「夕刊ほっかいどう」の進行を4年間務めましたから、あわせて7年半、HBCのニュース関連の番組に携わってきたことになります。

 「『高校+大学』ほどの時間が経ったのか…」と考えると、なんとも感慨深いものです。

 さて、そんな“社会派”の私(実際には、誰にもそう呼ばれたことのない私…涙)ですが、この春からはテレビ・ラジオそれぞれで新たに番組を持つことになりました。

 まずテレビは、毎月第1〜第3日曜日の朝6時30分放送の新番組「ほっかいどう経済NEO」(初回は4月15日)。そしてラジオは、土日の午後に放送の「Bravo!ファイターズR」。さっそく今週末、31日から始まります!

 それにしても、「7年半ぶりのニュース以外の番組」ということで、かなりドキドキ。ちゃんとしゃべれるのか不安いっぱい。ともかく精一杯頑張りますので、温かい目と耳、心で見守って頂ければ幸いです。

 「ところで、今週は何するの?」…ですって!?

 今週1週間お休みする小川アナウンサーの代役で「夕刊おがわ」をきょうから3日間担当します。

 やっぱりなんだかんだいっても、社会派なのかな〜ぁ(…!?失礼!)。

 「“社会派”兼“週末の男”」、加藤雅章を今後ともよろしくお願いします!


2012年03月25日(日) |  ファイターズクイズ王に!!
 
山内要一
「HBCラジオ60周年記念スペシャル」の中で行なわれた、「ファイターズdeクイズ!カルトダービー」において、優勝の栄冠を勝ち得た!!
私たちHBC実況アナウンサー(私の他、卓田、川畑、渕上各アナ)が、ファイターズに関するハイレベルなクイズに挑戦するというもので、ガンちゃん(岩本勉さん)と斎藤こずゑさんの司会(←というか解答者に対する惑わせ役)で行なわれた。
当初、水野アナが参戦予定だったが、インフルエンザにより、出走回避・・・私に急遽参戦のチャンスが訪れたのだ。
クイズ好きにとって、負けられない戦いであり、何より、私に優勝予想をして下さったリスナーさんの期待がかかっており、絶対に優勝したかった!!
結果、つごう3問正解で、私山内が優勝!という名誉を手に入れた。
しかし・・・正解した問題は、すべて勘・・・。
まさに「負けに不思議な負けなし。勝ちに不思議な勝ちあり」・・・であった。
山内要一
その特番の中で、「朝ドキッ!」の私と田村美香さんは、中継で、リスナーさんのご自宅へ!
当別町の柳田さんは、現在61歳。
「40年前に下宿の仲間と一緒にお酒を飲みながら聴いた深夜番組を録音したオープンリールテープがあるのですが、手元で聴くことが出来ません。何とか聴くことが出来ないでしょうか?」という事で、その当時のテープを、一緒に聴く事にした。
事前にどんなテープなのかを、こちらで調べ、いざ再生!
音が流れた瞬間・・・右手を口に当て、目頭を熱くされた柳田さん・・・思わず胸が熱くなった。
午後にお邪魔した、西区のちかさんは、今3歳の息子さんを妊娠したのをきっかけに、HBCラジオを、聞くようになって下さったという。
なんとHBCラジオのグッズを大切に「額」に飾ったり・・・大変うれしかった。
ラジオの力の凄さを、改めて実感した、一日であった。

2012年03月24日(土) |  まるで夢のよう
 
桜井宏
3月8日の昼過ぎでした。
ハワイのマウイ島ラハイナの冲で出会いました。
ラハイナは古くは捕鯨基地だった街です。
そうです、クジラに出会ったのです。
「桜井宏と行くハワイ3島めぐりツアー」の4日目でした。
64人の参加者と乗り込んだのは200人乗りのボート。
マウイ島の沖合には、この時季にザトウクジラが出産や子育てで
集まってくるそうです。
遭遇確率98パーセントとは言っても不安でした。
ツアーのメインイベントが空振りだったらと思ったら
夜も眠れませんでした。
しかし、しっかりと見ました。クジラの大ジャンプを。
2頭が交互に何度もでした。
本当です。本当に見たんです。

残念なのは、その豪快なジャンプをカメラで撮れなかったことです。
あまりの迫力にただ『おおー!おおー!』とほえるだけ。
『これがホントのほえーるウオッチングだ!』
などと参加者の皆さんと言っている間に撮影チャンスを逃してしまったのです。
慌ててシャッターを切った時には、すでに遅しでした。
ザトウクジラのほんの一部だけですが公開します。
信じてもらえないと思いますが、ホントにすごかったんですよ。

2012年03月23日(金) | 
 
渕上紘行

17日土曜日のHBCラジオ60周年記念番組、お聞き頂いた方、札幌ファクトリーへ足をお運び頂いた方、ありがとうございました!!

『実況アナウンサーによるファイターズカルトクイズ』
とても盛り上がりましたね〜。
なんてったってクイズが手強い!最後は全員勘頼みの勝負になりました(笑)
そして結果はというと、見事最下位。「先輩方をたてました」と言わせてください・・(泣)

さてファイターズ関連のラジオ番組といえば、今週も聞き逃せませんよ〜!

『プロ野球三都物語』
開幕を1週間後に控え、ファイターズ・ホークス・イーグルスの本拠地がある札幌・福岡・仙台を結び、パリーグを大いに語り合うという3つの放送局合同のスペシャル番組。

今年はHBCで私が司会でお送りします!!福岡RKB毎日放送・仙台TBC東北放送のそれぞれのチームをこよなく愛するアナウンサー、パーソナリティーがホットな情報をもってHBCにやってきます。私もファイターズ代表として他の方々に負けないよう今年のファイターズの‘ウリ’をアピールしますので、ぜひ聞いてくださいね〜!

明日24日土曜日19時〜21時です。

2012年03月22日(木) |  ノルディック・ウォーキング!
 
卓田和広
先日天気が良かったので、今年初のノルディックウォーキングに挑戦した。
歩道はまだ雪が残っていて歩き難いところもあったがサイクリングロードに入ると、雪も融けていて快適!
普通のウォーキングと違って、上半身にも負荷がかかるので全身の筋肉をバランス良く使うことができる。
しかも、自宅に帰って体重を量ったところここ2ヶ月で最も低い数字をマーク!やった!
ところが久々の運動でお腹が空いたのか、ランチに「とり天丼そばセット」を注文。
ついついガッツリ食べてしまった。
結局、1日で元に戻ってしまった私だが、今後コツコツと運動を続けていき、夏には引き締まった肉体を披露したい。

2012年03月21日(水) |  60周年スペシャル ありがとうございました
 
船越ゆかり

3月17日(土)放送のHBCラジオ60周年スペシャル。
私は札幌ファクトリー会場へ。

開場前のステージからの写真です。
正面に見えているのはプレゼントを配るカウンター。
スタッフ一同準備万端で、お客様を待つばかりです。

ファクトリーが10時オープン。
会場からの生放送が10時5分。
出場パーソナリティが13人なので
「お客様よりステージ上の人数が多かったらどうしよう」
と密かに心配していたのですが、
なんと、開場待ちの行列ができるほど。
にぎやかにお送りすることができました。

ステージ終了後、控え室での写真です。
アナウンサー、パーソナリティがこれだけいると、
時間がいくらあっても足りない感じ。
みんなしゃべり足りなかったんじゃないかな・・・
12時間半の生放送、感動のエンディングは21時。
関係者一同、胸に迫るものがありました。

やりとげた桜井ANは晴れやかな笑顔です。

21時からは「ラジ魂スペシャル」
あとのまつり・・・ということで
アナウンサー、パーソナリティが次々乱入。

赤城AN、堰八AN、
私も参加させてもらいました。

ファクトリーでも、スタジオでも
リスナーの皆さんとつながっている、
という実感がありました。

ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いします!


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)