今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年01月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年01月31日(木) |  札幌ディープ 20 未来カレーこりす
 
鎌田強
 僕はカレー好きで死ぬ前何が食べたいと
言われたらカレーと握り寿司と答えるつも
りです。まさに日本の国民食ともいえるカ
レーもいろいろジャンルがありますが中で
もインド系のカレーはさすがに奥が深いと
思います。3000年の歴史を誇るアーユルヴ
ェーダに基づき調理されるカレーは具や季
節によって使用されるスパイスが違います。
冬なら体を温めるスパイスを、夏なら体を
冷やすスパイスを増やす。医食同源という
ならまさにインドカレーこそ医食同源の最
たる料理と思っています。とまあ能書きは
これくらいにして・・・
 昨年とてもいい感じのインド系カレー屋
さんを見つけました。「未来カレーこりす」
北海道のインドカレー屋さんの調理はほと
んどがインド、ネパール、パキスタン人で
す。でもここは日本人のうら若き女性がカ
レーを仕込みます。オーナーシェフの齊藤
さんは全く違うジャンルの仕事をしていた
そうですがホームパーティでカレーを作り
いつも大好評だったのでお店を開くことに
したそうです。すごい決断だと思います。
 未来カレーこりす」のカレーはとても
丁寧に作られています。きっとタマネギを
時間をかけて炒め、まろやかになるようミ
キサーにかけ、スパイスを入れる順番にも
こだわっているでしょう。野菜の甘さが強
調されています。こんなに手間をかけて作
っているインド系カレーに出会うのは初め
てかもしれません。インドカレーの名店の
カレーとは一線を画します。いわばヒマラ
ヤと富士山の違いといっていいかもしれま
せん。やはり日本女性が作るインドカレー
だからでしょう。
 そうそうパンにも特徴があります。一見
ナンのように見えるこのパンはフランスパ
ンです。注文があってから焼き上げますか
らあつあつパリパリです。ナンのように右
手だけでちぎって食べるには弾力があって
難しいですがナンとは一味ちがうパリパリ
のパンとカレーは必ずリピートしてみたく
なる組み合わせです。
未来カレー こりす
札幌市中央区南3条西6 ARK36ビル 1F
 

2013年01月30日(水) |  2013年は眉毛で開運!?
 
室谷香菜子
先日
今日ドキッ!内『旬刊女性』のコーナーで
”まゆ毛で開運”というテーマで特集をお送りしました。


スタジオにお招きしたのは
『眉を変えるだけで運命が変えられる』という本の著者・岡井浄幸さん。
岡井さんは、
顔を変えることで考えも変えられるとおっしゃっていて、
中でも、眉は形や色などを自由自在に変えることが出来ますよね。
印象を変えるためにも眉を変えるのは効果的だ!ということだったんです。


確かに、眉で人の印象はがらりと変わりますよね。
女性の方は特に
運気をアップさせたい!という思いを込めて眉を書くべきなんだそうです♪


それで・・・


その日は
スタジオの出演者の眉毛を岡井さんに見ていただき、
それぞれ、
”金運アップ”!?眉や、”人気運アップ”!?眉の形などを
教えていただきました。


最後はグッチーさん。
なんでも、
これで開運間違いなし!?という
パーフェクト眉を教えていただけることになりました。


まずは
普段の眉をチェック。
少し下がり気味の眉。
「思いやりがあって、とても気を遣う人ですね」と岡井さん。


この眉を、パーフェクト眉に!
ポイントは、
なだらかなカーブを描くように三日月形に書くことなんだそう。
人気運アップのためにも、
目と眉の間は出来るだけ広めに、
そして眉間は広くなりすぎないように注意。


さあ!これが!
パーフェクト眉です!!
どうですか?
パッと見て分かりやすいように、濃いめに書いていただきました。
なんだか福福しい感じ。
グッチーさんのお父さんに会ったような気がしました。
色も薄いよりは濃いめの方がいいんだそうです。



・・・その日は、特集の後もこの眉のままでお送りしました。
なんでしょう。なんとも言えない面白さがありました。
眉毛って本当に人の印象を変えますね。


今年は眉毛で開運!?

2013年01月29日(火) |  Spring Is Coming!
 
加藤雅章

 きょう1月29日は、ひとつの「季節の分岐点」。冬から春へのターニングポイントです。

 「立春もまだなのに、気が早いのでは?」とのお声、ごもっともです。

 が、しかし!

 気象庁の「札幌の最高気温の平年値」のデータを見てみますと、年が明けて徐々に下がってきた最高気温の平年値は25日からきのう28日までが−1.1℃とシーズンの「底」となっていて、きょう29日からは−1.0℃に、0.1℃アップ!そう、季節の方向転換が始まったのです(あくまで最高気温の面でですが…)!

 そこで、僕も負けじと春に向けて動き出すことにしました。

 加藤雅章、この春、髪を伸ばします。

 僕は去年の秋頃に髪をバッサリと切りました。以来、社会人になってから最短の状態です。おかげで「節電の冬」と言われる今シーズン、ヘアドライヤーを使ったのはたったの1回、わずか15秒ほどでした。

 でも、もともとは長めの髪型の方が好きですし、「春に向けて」という話をしているにもかかわらず、こと髪型に関してはアキっぽい僕…。髪を伸ばす+髪型を変えるという行為は、いつになく寒い冬を乗り切った際の最高のご褒美となります。

 となると、考えるべきは「どこまで伸ばすか?」です。

 写真は今から十数年前、たしか入社3年目(20代半ば)頃の写真です。ちょっと分かりづらいかもしれませんが、かなり長かったです、僕の髪。当時はラジオの「ベストテンほっかいどう」を担当していてテレビニュースを読む機会がなかったのをいいことに、「はたしてどこまで伸ばしたら会社からストップがかかるのか、限界にチャレンジしてみよう!」と訳の分からぬ挑戦をしていたんです。そして写真の頃が「最長不倒記録」。

 「やっぱり、その長さじゃ、さすがに怒られたのか…」

 いえいえ、実際には指導が入る前に、草野球の時にジャマになってしまい、自ら切る決断を下したんです…。いやはやなんとも中途半端なチャレンジでした(笑)。

 時は流れ、僕も40代になりました。幸いなことに毛根にはまだまだそれなりに活力があるとは思っていますが、さすがに今回はそこまで伸ばすつもりは毛頭ありません。さぁ、どこまで伸ばそうかな?

 答えは「(神)のみぞ、知る」!?


2013年01月28日(月) |  久しぶりのゲレンデスキー
 
山内要一
平成8年にHBCに入社して以来、歩くスキーにチャレンジする機会はあったが、ゲレンデスキーは、全く遠ざかっていた。
しかし、小学1年生の我が子が、3学期に初めてのスキー授業を体験するという事になり、基礎部分を、親が事前に教えておかなければならない事態となったのだ!
大学4年生以来、17年ぶりのゲレンデスキーだ!
スキーは、腿を大層使う。
しかし、なんとか、筋肉痛にまでは至らなかった。
大変だったが、生まれて初めてスキーを履いた我が子は、ボーゲンながら滑り降りたり、転んだ状態から起き上がったり、スムースに歩く事ができるようになった。
もったいないので、この冬は、もう少し、スキー場に通う事にする。
ルスツリゾートは、大変いいスキー場だ。
(写真は、若かりし20代の頃、歩くスキー大会に参加した時のモノであり、今回のモノとは関係ありません・・・)

2013年01月26日(土) |  雪まつりがやってくる!
 
佐々木 佑花
冬祭りシーズン到来!
北海道を代表するさっぽろ雪まつりまで、今日で後10日となりました。
今年は、2月5日〜11日までの開催ですよ!

どんどん作られていく、大通公園の雪像たち。
大きな雪の塊を見ながら、わたしは「寒い中、本当にご苦労様です。」と、心でつぶやきながら通っています。
さて、雪まつりといえば、会場からの生中継!
これまでに何度か経験させてもらいました。
(今年も担当するカモ!!)

写真は、2008年。
今から5年前ですね。
HBCエジプト広場の前で、お仕事中。
会場は、海外からの見物客や子どもたちでいっぱい!

この年は、エジプト遺跡の大雪像。
ピラミッド、スフィンクス、アブ・シンベル宮殿のラムセス2世の2体がお目見え。
この年の中継で、わたしは、やってしまったのある。

毎年、雪像の名前は、何度も何度も練習して、お伝えします。

入社1年目。タイ王国広場「チャックリ―・マハー・プラーサート宮殿」の名も、何百回と練習して、未だに覚えていて頭から離れない。
実際にタイにまで行って、見たほどである。

あっ、2008年に話を戻しましょうね。
ピラミッドとスフィンクスは知っている。
(これは、間違うまい。)
だから、アブ・シンベル宮殿のラムセス2世を何度も何度も練習しました。
ラムセス2世ラムセス2世ラムセス2世ラムセス2世・・・ラムセス2世・・・ラムセス2世・・・・・
ラムセス2世ラムセス2世ラムセス2世ラムセス2世・・・ラムセス2世・・・ラムセス2世・・・・・

呪文のように繰り返し、沢山練習したはずなのに・・・

ラムセス2世を、本番で、
なーぜーか、

「ラムセス2号!」

と堂々と言ってしまったのであります。

今でも忘れない、雪まつりの思い出。

ちなみに、今年のHBCタイ王国広場は、「ワット・ベンチャマボピット」です。
皆様、どうぞ遊びに来て下さいね〜!

2013年01月25日(金) |  九州の旅!
 
渕上紘行
『寒い寒い北海道を飛び出し、ぽかぽか九州へ!』

先月、旅してきました!福岡から鹿児島へ向かって5県を巡る大縦断の旅。
観る、遊ぶ、食べる、泊まる、全てが大満足でした!!

写真は宮崎・高千穂峡の‘真名井の滝’
みなさまご存知、神々降臨の里ではこんな幻想的な写真も撮れました。パワースポットのご利益ありそう〜
他にも南蛮貿易で栄えた長崎‘平戸’や豊臣秀吉の家臣・加藤清正が作った日本三名城の一つ‘熊本城’‘ハウステンボス’の世界最大規模のイルミネーションも楽しんできました。
宿もすばらしかったです〜 例えば、こちらは雲仙温泉ですが、ホテルの目の前がなんと地獄谷!
硫黄臭に包まれ、なんだか地獄谷の中にホテルがあるような錯覚さえ覚える、風情あるお宿でした!!

食も日本一に輝いた長崎和牛鯛ずくし、天草四郎が作ったとされる島原具雑煮(ぐぞうに)に熊本名物 太平燕(タイピーエン)等など、九州ならではの料理を堪能してきました。

残念ながら、それらの写真は撮り損ねました・・すみません・・・

し・か・し!!映像ではご覧頂けます〜。しかも、この‘九州大縦断 旅’はみなさんも体験できるツアーなんです。
明日お昼12時9分〜『グッチーの今日ドキッ!ぽかぽか冬スペシャル』ご覧ください〜
ちなみに明日の新聞朝刊にこのツアーの広告が入っているので、そちらもぜひ!!

2013年01月23日(水) |  限界への挑戦
 
卓田和広

先日、札幌市内の百貨店で開かれた催事のTV中継で
「わんこそば」に初挑戦した。
岩手出身の私ではあるが、今まで挑戦したことは無い。
意外と地元の人は食べないものだ。
最初の50杯はキツかったが調子に乗ってくると不思議とスイスイ行ける。
そして何と・・・159杯を平らげた!

わんこそば15杯で普通のそば1人前に相当するということで、およそ10人前ちょっとを平らげたことになる。
男性平均50〜60杯というから上々の出来だ。
店の方にも「スゴいですね!」と驚かれ、記念の手形を片手に自慢・・・しようと思ったが
実はさらにツワモノがいたのだ。
私が生中継で挑戦する少し前、当日中継担当のSカメラマンが全くのプライベートでわんこそばに挑戦。
何とこの催事で新記録となる200杯を達成したのだ!お陰で私のマークした159杯が妙に中途半端な記録に見えるではないか!
「敵は本能寺にあり」では無いが、まさか内部のスタッフに敗れるとは!
なんなの、このカメラマン〜!
新記録こそならなかったが、滅多にできない経験ができたのは良かった。

2013年01月21日(月) |  ラーメン大好き豊原さん。
 
豊原慎二

久しぶりに地元、福岡県・博多に帰りました。
ラーメン漬けの毎日でして、毎日2杯のペースで食べました。

お腹を下すという悲惨なめにあいながらも
やはり、博多ラーメンはやめられないです。

博多ラーメンは食後のデザート感覚でペロリと食べられます。

博多ラーメン様、また逢う日まで・・・

2013年01月20日(日) |  築地本願寺
 
船越ゆかり
「築地本願寺」
芸能人、著名人の葬儀の際によく聞きますよね。

その外観は「本願寺」という名前からは想像もつかない姿。
石造りのインド仏教様式だそうです。

私は、以前、東京に行った時に通りかかり、
びっくりして見学したことがあります。


大きすぎて一枚の写真に収めきれませんでしたが、
中央の伽藍の左右には
小さな塔がついています。

本堂の建物と周りの石塀が
国の登録有形文化財に指定されているそうです。

入り口の上部を見上げると
そこにはステンドグラスが。

中に入ると伝統的な真宗寺院の形式になっており、
ご本尊が安置されているので、
「本当にお寺だった」と納得します。

階段の手すりには動物の彫刻。
インドだから象?

仏教説話に出てくる動物たちだそうです。
柱の上や天井の角も
動物彫刻で飾られています。

関東大震災の後、昭和9年に建てられたという
築地本願寺。
東京の建築遺産100選にも選ばれています。

築地市場からすぐ、銀座からも近いので、
一度のぞいてみてはいかがでしょう。


2013年01月19日(土) |  サイパン墓参り紀行
 
石崎輝明
南洋の楽園・サイパン島に行ってきました。
もちろん観光もしましたが、一番の目的はお墓参りです。
母方の祖父が太平洋戦争の時、サイパン島で戦死しています。
映画等でも伝えられていますが、有数の激戦地だったため、遺骨は収集されていません。
お参りは、バンザイクリフと呼ばれる場所に建つ合同慰霊碑にします。
都道府県毎の慰霊碑や部隊など所属毎の慰霊碑など、年々慰霊碑の数が増えています。
私の祖父は軍人ではなく、国民学校の教師で「軍属」と言われるそうで、教師や軍属の慰霊碑はまだありませんでした。
このバンザイクリフはサイパン島の一番北に位置していて「祖国・日本に一番近い場所から海に飛び込んで死ぬ・・・」という人が多数いたそうです。そのため合同慰霊碑の建立場所になっているようです。
近くのラストコマンドスポット・最後の日本軍司令部跡には、日本軍の大砲や戦車が当時のまま保存されています。
南側から上陸したアメリカ軍に、徐々に北へ追い詰められた人々(そこに祖父もいたようです)の悲痛な思いが感じられました。
今は本当に綺麗な青い海と空に包まれるサイパン島ですが、石崎にとっては自分をこの世に誕生させてくれたとっても近い先祖に思いを馳せる特別な場所です。

最高に綺麗な海と砂浜と共に、歴史も感じられるサイパンは、日本からは4時間前後のとても近い南の楽園ですから、ぜひ皆さんも機会あれば訪れて欲しいです!

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)