今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年07月(24件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年07月30日(火) |  2年ぶりの帰省
 
卓田和広
先日、法事で2年ぶりに故郷の岩手県宮古市に帰省した。
と言っても実家はもう無い。おととしの東日本大震災の津波で被災し、元々空き家になっていたこともあって修繕するよりも解体したほうが賢明と判断したためである。
震災後、実家の片付けに一度帰省したが、解体後は初めての帰省である。
実家の跡地に初めて足を踏み入れた。もっと狭いと思ったが、こうして空き地になると意外と広い印象だ。
私の実家は飲食街のど真ん中にあり、2階の私の部屋はその道路沿い。毎日、酔っ払いの騒ぐ声を聴きながら勉強したり寝たりしていたので、今でも周りがどんなにウルサくても集中できる。
両親が元気だった10年前には、帰省して実家のタバコ屋の手伝いもしたものだ。ちなみにその時の日記はこちら。
http://www.hbc.co.jp/ana/diary/ana_diary45.html#05

その後、観光スポットでもある海岸「浄土ヶ浜」へ行った。
震災後はレストハウスも被災したり、歩道も破損していて海辺まで行くことすら出来なかったが、今はレストハウスも補修され、懐かしいイカやホタテの炭焼きの香りや店員さんの呼び込みの元気な声がして、少しずつ活気を取り戻しつつあった。
今は横浜の老人施設で暮らしていて7年ぶりに訪れた母も「懐かしいわ〜」と感激の様子。ボランティアスタッフのおじさんにあれこれと話しかけていた。

こちらは8年前に当時小学生だった息子を連れて行った時の浄土ヶ浜。
早くこのような活気を取り戻して欲しいものである。

2013年07月29日(月) |  シャガール展
 
船越ゆかり

道立近代美術館で開催中の
シャガール展に行ってきました。

日本でも人気のあるシャガール。
鮮やかな色彩に、空飛ぶ馬、
抱き合う恋人たち、天使・・・
幻想的な絵画をイメージして
出かけたのですが・・・

メルヘンチックに見えていたモチーフは
聖書がテーマになっていたことを知り、
東欧系ユダヤ人として戦火の時代を
くぐりぬけてきた心が映し出されていることを感じ・・・
パリ、オペラ座の天井画の迫力に圧倒されました。

壁画やステンドグラスなどの作品は
実際にその場に足を運ばなくては見られないもの。
それが今回は下絵や習作とともに映像で再現されています。

小部屋の壁一面に、天井いっぱいに色鮮やかに
映し出される作品。
あふれ出すシャガールの色彩に包み込まれる感覚です。

壁にかかった絵画をながめる展覧会とは
一味違った体験ができる「シャガール展」

北海道立近代美術館で8月25日まで開催中です。

2013年07月28日(日) |  前略・・・奥尻島にて
 
石崎輝明
奥尻島を訪れました。

瀬棚町からフェリーで1時間半くらいです。
他には江差町からもフェリーが、そして函館から定期航空路があります。

奥尻港に到着したら、ウニマルくんが出迎えてくれました!
今回、訪れた理由は北海道南西沖地震20周年記念式典の取材と20年を迎えた島からの全国中継でした。

私が訪れた日の奥尻も、美しい海と空に包まれていて、20年前の大災害を思い起こさせる風景は見当たりませんでした。

でも・・・島で一番の被害を受けた青苗地区で地元の方の話を聞いて愕然としました。

ご覧に頂いている写真の場所は、島の北端・青苗岬にある慰霊の緑地公園です。
今は一面に芝生が生える公園ですが、20年前、地震と津波が襲う前は80戸の営みがあった場所です。

写真奥、小高い丘の中には津波で破壊された住居の瓦礫が当時のまま埋まっているそうです。後世に記憶と共に残すためとのことです。
丘の上にあるのは時空翔という慰霊碑で、震源、そして津波が襲ってきた方向を示しています。
取材、中継が無事に終了・・・。

奥尻の夕焼けも、心にしみる綺麗さです。
島をあとにする日、港では島のみなさんが見送ってくれました。

取材や中継でお世話になった方、港で働く方、近所の方々も集まってくれてたんです。
「また来いよ〜」の声と笑顔が最高のお土産です。

なんと、船から港が見えなくなるまで手を振って見送ってくれました。
船上で男泣きです。

怒られてしまう考え方かもしれませんが、
島が素晴らしいんじゃなくて、島に住むみなさんが、辛い出来事を乗り越えて今を最高の笑顔で生きているみなさんが素晴らしいから、海も空も山も林も空気も・・・奥尻の全部が素晴らしく見えるんだろうな・・・なんて思いながら、見えなくなるまで島を見つめていました。

また、いくよ!

2013年07月26日(金) |  北海道遺産を食べる
 
堀 啓知(よしとも)
先日、足寄町の特産、ラワンぶきを知り合いから譲っていただきました。
レシピも一緒にいただいたので、一番簡単そうなツナ炒めを作りました。
まずは、沸騰したお湯に塩を一つまみ入れて、強火で10〜15分茹でます。
その後、すぐに冷水につけます。
次に皮をむきます。
一般的なフキに比べて大きいので、むきやすかったです。
子供のころ、手伝いでむいたことを思い出しました。
そして、再び冷水につけてあくを抜きます。
食べやすい大きさに切って、ツナとラワンぶきを炒めます。
この時ツナ缶の油を使うのがポイントとのこと。
酒、醤油、砂糖で味付けして・・・。

最後にお好みで一味とうがらしをかけて、完成!
夕飯のメインのおかずではなかったのですが、フキ中心に箸がどんどん進みました。
正直、作り過ぎたのですが、杞憂に終わりました。

いつか足寄を訪れて、高さ3メートルのフキを収穫してみたいものです。


2013年07月24日(水) |  違った角度で楽しみました
 
水野善公

先月、久々に、観客として札幌ドームで試合を観戦しました。
普段はマスコミ用のパスで入らせてもらっていますが、チケットを購入して球場へ。
「お金払ったんだから、いい試合見せて!」とファンのみなさんの思いを痛感しました。

この日はアジアンフェスタ。来場者に真っ赤なシャツがプレゼントされ、私も着替えて日本ハムの応援です!
まず、感じたのはファウルボールはやっぱり危険だということ。試合途中から、一塁側スタンドで観戦しましたが、隣のファンのところにファウルボールが飛んできました。どうやら、うまく避けることができず、少し当たってしまった様子。救護室へ向かいましたが、その時の係の方の対応は実に迅速でした。ファウルボールが飛ぶと避けるよう場内にもアナウンスされますが、改めて自分が実況する際は意識していこうと思いました。

試合は大谷選手のプロ初盗塁から、猛打爆発!9対1とハムの大勝!ヒーローインタビューもあり大満足でした。 自分がヒーローインタビュアーの時はあまり気がつかなかったのですが、早くしゃべり過ぎると場内には聞こえずらい部分もあるので、自分が担当の時はゆっくり丁寧にを心がけます。

それと、帰り。地下鉄で帰ったのですが、とにかく時間がかかる・・・。土曜日で4万人近く集まったので仕方がないと思いますが、なんとかならないかと思いました。よく、試合が終わる前に出口へ急ぐ方がいらっしゃいますが、その気持ちがよくわかりました。

とにもかくにも、やっぱり生で見る野球は面白いし、少しでもテレビの前、ラジオをお聴きのみなさんに、その情景を楽しんでいただけるような実況を目指そうと心に刻みました!


2013年07月22日(月) |  離島の旅
 
川畑恒一

道内に住んではや20年目。
広い北海道も、旅行や取材、公開録音のステージ司会などで、たいていの地方には行った経験があるのですが、なかなか縁がなかったのが離島。

ということで、天売・焼尻に行ってみました。
羽幌港からのフェリーは、やや小ぶりなこともあり、浪を乗り越えていく行きは結構揺れます・・・

高速船だと40分ほどで焼尻島へ。
ここはオンコと呼ばれるイチイ科の植物の原生林と、

あとはひたすらサフォーク種の羊。
食用のこの羊は、銀座などの高級料理店に出荷されているそうで、味わうと確かに臭みはなく歯ごたえがあって美味。

人口は300人ほどで、児童は小中学生を足しても4,5人ほど。
生徒より先生の数が多いなど、いろいろと興味深い話をガイドさんから聞きました。

お隣の天売島は、海鳥の一大繁殖地。
ウトウの繁殖地を見に行ったところ、至るところに、このように穴を掘った巣があり、

ひな鳥の餌となる小魚を口にくわえて巣に戻る親鳥の姿が・・・
その餌をかっさらうウミネコもいたりと、生存競争の激しさも垣間見ることが出来ました。

ガイドさんは「海鳥の数を加えたら、180万都市の札幌にも負けない」などと冗談を飛ばしていましたが、それだけ自然に恵まれた天売・焼尻。
また訪れてみたい魅力のある島でした。


2013年07月21日(日) |  ヒャッハー!
 
近藤 肇

暑かった先日、喜茂別町を流れる川で涼んできました。

正面には羊蹄山。

いままで私の中で、ニセコ・洞爺湖方面への通過点だった喜茂別町が、目的地になった瞬間でした。

2013年07月20日(土) |  今日放送☆
 
堰八紗也佳

本日お昼12時09分から
グッチーの今日ドキッ!スペシャルをご覧ください。

今話題のスポットを巡ってきました!
世界遺産登録で注目されている富士山
20年に一度の式年遷宮の年を迎えている伊勢神宮など
見どころ&食べどころ盛りだくさんのツアー!!

今回も阪急交通社さんのお得なツアーで
スペシャルな価格でご案内します(^^)

富士山は登るわけではありません!
富嶽十景つまり富士山が見えるおすすめスポットを10ヶ所巡るのです。

そのうちの一つが、三保の松原!!
こちらもめでたく世界遺産に登録となりましたね☆

天女が羽衣をかけたという伝説の松があり、
その松の前で写真を撮りました!!

もうすっかり天女になった気分♪
だったのですが・・・・
写真を見てみると、とても重そうに片足を上げている自分がいました・・・

もう少し軽やかなつもりだったのに・・ちょっとショック。

とにかく今日の放送をお見逃しなく〜♪

2013年07月19日(金) |  写真
 
管野暢昭
スポーツ部から4年ぶりにアナウンス部へ異動するにあたり、机の引き出しの中を思い切って整理することにしたというお話を前回のブログに載せました。思わぬ宝物に出会うことが多い大掃除。今回ご披露するのは偶然発見した写真です。それも昔々の写真。
私が入社したのは1984年。写真はその当時、ラジオの第2スタジオで撮影した社外向けの1枚だったのです。
これが入社間もない私です。これを見つけた時、思わず大爆笑してしまいました。
こんな顔していたんだ…。
当時より体重が増え、毛髪には白髪が混じり、老眼鏡なしでは原稿も読めない体に退化?してしまいましたが、20代前半の私はこんなに細かったんだ…。体型もそうですが、顔も年齢とともに少しずつ変わっていくのですね。今年5月の父親の法要で、カミさんがつぶやいた一言を思い出します。「亡くなった義父さんに、最近ますます似てきたんじゃないかな?」。子どもの頃は母親似と言われていたのに、20年後にはこんな顔になるのか。喜んで良いのか、悲劇と諦めるべきなのか。父親の遺影はニヤリとしたまま動こうとしません。これがDNA?そういえば、20代の長男、写真の私に似ているかも…?

2013年07月18日(木) |  パンマルシェ担当です!
 
宮地麻理子

こんにちは!宮地です。
突然ですが、「グッチーの今日ドキッ!」ウラヨミのレポートの他に、私にはもう一つ、重大な任務があるんです。

それは、HBCフードコミッションのメンバーとして、北海道の食を内外にPRすること。
HBCでは「みんなで食べよう北海道」をスローガンに、社内の様々な部署から選抜されたメンバーが「食」をテーマに番組作りやイベント開催に取り組んでいます。

20日土曜にせまった「グッチーの今日ドキッ!パンマルシェ〜2013・夏〜」もその活動の一つ。室谷ちゃんも紹介してくれていますが、うわあー!もうあさってが本番です…!!

机がぐちゃぐちゃ…
宮地麻理子

ロケと「今日ドキッ!」オンエアを終えた夕方からがパンマルシェ準備のコアタイム。
最初は落ち着いて取り組めていたのですが、直前になると机の上も頭の中もパンパンパンパンパンパンパン。

パン屋さんとの連絡、ホームページの更新、経理面の打ち合わせ、なるべくスムーズに買って頂くための導線作り、スタッフの配置などなど。
番組作りとは違う色々が新鮮で楽しいのですが、一方で何かと手際が悪くて自分にガッカリします。
2度目なのになあ…。

うわあ美味しそう!
宮地麻理子

きのうは、出店ベーカリーの一つ、「しげぱん」のご主人が、「今日ドキッ!」MCプロデュースのオリジナルパンの試作品を持ってHBCに来て下さいました。
見て歓声、食べて歓声。

パンマルシェには道産小麦で美味しいパンを焼いている道内外の10店から、個性あふれるパンがやってきます。グッチーパン、室谷パン、もんすけパンもありますよ。詳しくはパンマルシェフェイスブックでご覧下さい。

ホームページや当日の看板用に写真を撮っているのは僭越ながら私です。おいしそうに撮れていたらいいのですが…。

みなさんのお越しをお待ちしています!
宮地麻理子

フェイスブックのパンマルシェカウントダウン用の写真をパチリ。
たくさんのお客さんに来ていただけるよう、
来て下さったみなさんに楽しんでいただけるよう、
スタッフ一同精一杯頑張ります。

20日はお誘いあわせの上、HBCに遊びに来て下さいね。
詳しい情報は、フェイスブックで毎日更新しています。
https://www.facebook.com/doki.marche


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)