今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2014年02月(21件)
<< [1] [2] [3] >>

2014年02月27日(木) |  筋肉痛
 
堀 啓知(よしとも)

最近は、定期的に筋肉痛です。

原稿を書いている今現在、太ももと腰が張っています。

理由は休日にスキーへ出かけているからです。

下手なフォームだからということもありますが、子供を斜面の上に運んでいるのが一番の原因です。

 

まだ始めたばかりでリフトに乗れるレベルではありません。

有料のキッズエリアには、ベルトコンベア型のリフトがあって非常に楽です。

でも、すぐにスキーに飽きてチューブ滑りやソリに気持ちが移ってしまいます。

そこで、邪魔にならないゲレンデの端の斜面を利用して滑っています。

当初は子供のストックを引っ張っていたのですが、時間がかかるため途中から背負うことにしました。

3、40メートルほど息子(17s)を背負って登り、先に自分だけ斜面を下りて待ち受ける。

先日は、これを10回繰り返した段階で「休憩しようか・・・」と促したのですが、首を縦に振らず、さらに数回。

それでも「続けたい」と気分が乗ってきて、気が付けば1時間半が経過していました。

ようやく「おやつ」で誘って休憩を入れました。

毎度、子供の集中力が切れるか、私の体力が切れるかのせめぎ合いです。

早くリフトに乗れるだけ上達してもらうのが当面の目標です。


2014年02月26日(水) |  スポーツの2月が終わる・・・
 
水野 善公
2月 沖縄  突き抜ける青空  ファイターズキャンプイン

国頭村  国の天然記念物  ヤンバルクイナを見学

今年もいろいろありがとう沖縄。
2月17日 北海道へ・・・
20日 東川町  ソチ五輪 女子スノーボード パラレル大回転で旭川出身の竹内智香選手が銀メダル。それを受け、実家の旅館「勇駒荘(ゆこまんそう)」を中継で尋ねる。
お話を伺った兄・崇さんは大忙しで写真を撮る時間もなく・・・
旅館から徒歩3分、竹内選手も来れば必ず行くという、「勇駒別神社(ゆこまんべつ)」を参拝。
今後の運気の上昇に期待。

怒涛の2月が、もうすぐ終わり、怒涛であろう3月がもうすぐ始まる・・・

2014年02月23日(日) |  南の国から
 
川畑 恒一
 今年もファイターズのキャンプ取材で名護に来ています。

 雪の北海道を抜け出しての沖縄出張で羨ましがられることも多いのですが…毎日、朝6時台のラジオ電話レポートから、テレビの取材や中継に夜9時台のラジオ出演まで結構ハード。
 加えて16泊17日の長期出張。狭いビジネスホテルのクローゼットは衣類で溢れ、
 大型スーツケースも、洗濯を待つ下着類などでぎゅうぎゅう…
 こんな生活で、体力維持に欠かせないのがスタミナ料理。豚の内臓を煮込んだこの「中身汁」や、「アヒル汁」などの沖縄郷土料理が球場周辺の出店で販売されていて、興味半分、いろいろ味わっています。そのおかげなのか、体調も良好。3/3戻りなのでまだまだ先は長いですが、これからも南国からホットな情報をお届けします!

2014年02月22日(土) |  無性に楽しい♪
 
近藤 肇
毎晩、帰宅するのが楽しみになっています。

それは、遠軽町の板金屋さんが作って贈ってくださった、このハートの型からはじまります。

この中に、お湯を注いで1日置きます。
すると、こんなに透明感のある、ハートのクリスタルができあがります。

この状態でも十分、ずっと見ていても飽きないくらいの美しさなのですが、この中に、小さなロウソクを入れて火を灯すと・・・
これまた、いい感じでしょ?

こうして、”一人雪灯り”まつりはひそかな帰宅後の楽しみになっているのです。


2014年02月21日(金) |  北海道肉ソン大統領 就任!
 
渕上紘行

 肉!!

インパクトあるパッケージ、面白いものを見つけました!
別にキン肉マンではございません(笑)

これ、レトルトカレーなんです。
その名も北海道肉ソン大統領の肉デカチキンカリー

音更産 十勝どりの鶏もも肉が、まるまる1枚入っているという贅沢さ!
道産バターなども使い、北海道の素材をふんだんに活かしできあがったものだそうです。

こちらが、うわさの 肉ソン大統領 です。

口癖は「北海道のお肉がそんな小粒でどうするよ。」
この自信、なんか魅かれます・・

1食1575円。大統領、こちらも強気ですが(笑)

デザインにまず心奪われ、
「北海道土産やプレゼントにいいかも!」なんて思わせる、
‘雑貨感覚のレトルトカレー’
もちろん味は文句ナシ!!コク深く、仕上げに入れるスパイスが味の広がりを後押ししています〜

今はWEBでしか買えない所がまたニクイなぁ、肉だけに・・(笑)
そのうち大統領が北海道を席巻することになるのかなぁ!?


北海道肉ソン大統領 で、気になる方は検索してみてください!
今後が楽しみです〜


2014年02月20日(木) |  葛西選手からのメール
 
管野暢昭

ソチ・オリンピック、連日熱い戦いが繰り広げられていますね。日本選手の活躍で応援する側は連日の寝不足ではありますが…。一番嬉しかったのは、ジャンプ・個人ラージヒルで『レジェンド』と称される41歳の葛西紀明選手が銀メダルを獲得したことでした。19歳で初めて出場したフランス・アルベールビルオリンピックから22年。7度目のオリンピックで初めて手にした個人のメダルです。ここに至るまで、彼には度重なるけがや家族の不幸、様々な苦しい出来事があったことを思い出しながら、笑顔で表彰台に上がる勇姿を見つめていました。そういえば、葛西紀明選手を初めて取材したのは、彼が中学生のころでした…。たまらず、私は携帯電話で「おめでとうメール」を送信していました。

すると16日の午後になって、葛西選手から返信メールが届いたのです。かわいいヤツ!

でもスポーツ新聞によると、届いた祝福メールに対して、3時間かけて全部に返信したということじゃありませんか。律儀なヤツ!団体戦でも銅メダルに輝きましたが、再び返信に負担をかけてはいけないと思い、2度目のメールは我慢しました。帰ってきたら祝杯。日本選手団の主将だから、帰国後も多忙を極めることでしょう。さらにワールドカップも終盤戦が残っています。ゆっくり祝杯をあげるのは、やはりシーズンオフになりそうです。

ここで改めて、「紀明、おめでとう!」。


2014年02月19日(水) |  オー・ソーレ・ミーオ
 
桜井宏
ラジオ「朝刊さくらい」の桜井宏です。
いきなりで申し訳ありませんが、私とイタリアに行きませんか。
それも南イタリアです。
桜井宏と行く「南イタリア満喫の旅」のご案内です。
5月31日(土)から6月7日(土)までの8日間。
6月の南イタリアは旅人には最高の季節です。
陽気で明るい南イタリアで楽しみましょう。
とんがり屋根のアルベルベッロは散歩が楽しい村。
カプリ島の「青の洞窟」は神秘的な美しさ。
もちろんナポリやローマも訪れます。
詳しいことは旅行説明会でご案内します。
1回目は3月1日(土)午前10時30分からHBC(札幌市中央区北1条西5丁目)
で開催します。
お気軽にお立ち寄りください。
説明会のお申込みやパンフレットのご請求は阪急交通社札幌支店までお願いします。
電話011−251−2780です。


2014年02月17日(月) |  ようやく晴れてきた!」
 
卓田 和広
現在、私は北海道日本ハムファイターズの沖縄キャンプを取材中である。極寒の北海道を離れ南国での取材。さぞかし太陽の陽射しを浴びながら過ごしているのだろうとお思いでしょう。しかしながら、元々この時期の沖縄は雨季。さらに今年は例年以上に雨に祟られているのです。
私が火曜日にこちらに来てから、何と3日連続で練習試合が中止。
危うく今まで付けられたことのない「雨男」の称号を付けられるところであった。
それが、金曜日からようやく晴れ間が見られるようになり、沖縄キャンプらしい活気が戻ってきた。
今でこそプロ野球キャンプのメッカとなっている沖縄だが、30年以上前にファイターズがこの名護でキャンプをしたのが始まりだ。
金曜日は1軍の練習はお休みであったが、2軍のメンバーが国頭村からこの名護にやってきて練習をしたため、熱心なファンが北海道からもやって来て、練習を見学したりサインを貰ったりしていた。
何となく異国情緒のあるコスチュームに身を包んだ警備スタッフも、親切にファンの方々に接していた。
球場近くのハンバーガー屋さんに立ち寄ると、新外国人のメンドーサ、クロッタ両投手が食べに来ていた。因みにこちらがそのハンバーガー。大谷翔平投手も好んで食べたということだが、凄いボリュームだ。ぜひ皆さんもキャンプ見学に来た際には立ち寄ってみては?
昨年は残念ながら最下位に終わったファイターズ、南国の地で充実した練習を積んで、ぜひ優勝して欲しい。

2014年02月15日(土) |  開幕!札幌モーターショー
 
小川 和幸
バイク・マニア、カー・マニアには、
たまらないイベントが札幌で開催されています。
「札幌モーターショー」です。

国内外の四輪・二輪226台が、
札幌ドームに集結しました!

実際に触れられる車両があるのも
魅力の一つ。
バイクに跨り、
車に乗り込み、
十分楽しみました!

いや〜物欲がモクモクと…。
アベノミクスで、パ〜と
買える世の中になると良いですね。
バブルは困りますが…。


2014年02月14日(金) |  札幌ディープ 36 ビストロ ル・リュウ
 
鎌田 強 
 ロマンチックな夜に、こんなお店は
いかがでしょうか?
 舌の肥えた友人から「長年ホテルの
鉄板焼で活躍していたシェフが独立し
た」と聴き、口うるさいおじさんたち
と連れ立って出かけたのが昨年暮れ。
それ以来、僕もおじさんたちもファン
になってしまったこのビストロ。
 オーナーシェフ鎌田龍也さんはかつ
てのアーサーホテルやロイトンの鉄板
焼きやレストランで腕を振るっていた
有名なシェフです。お酒好きで焼き鳥
好きの鎌田さんが自分の好きなものを
お客様に気軽に楽しんでもらいたいと
始めたのが「ビストロ ル・リュウ」
です。ですからビストロなのに炭火焼
きの焼き鳥があります。しかも焼き加
減は絶妙。砂肝も豚串も鳥精もふっく
ら、専門店に負けない味です。
 パテェやヒラメのカルパチョなどの
前菜もこちらのわがままに合わせてく
れます。そしてそれぞれが美味しい。
 この日は他に、リュウの一番人気の
鴨のコンフィとタンシチューをいただ
き、肉オンパレードでした。札幌のど
このビストロだったかコンフィが油っ
ぽく、最後まで食べきれなかった思い
出があるのですが、ここのは油と肉が
しっかりとなじんで、からっとしてい
ます。
 タンシチューもタンのほろほろ
とろける感じがいいですし、あっさり
としたソースですから、よくありがち
なくどさがなく、あと味がすっきりとし
ています。お酒もワインから焼酎まで
バラエティに富んだラインナップだし
決して高くありません。
 家族でも、カップルでも、おじさん
同志でも楽しくさせてくれる、待ち望
んでいたビストロが誕生しました。

ビストロ ル・リュウ
札幌市中央区南3条西4丁目カミヤビル1F
011-272-0102


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)