今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2014年03月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2014年03月31日(月) |  かっ、可愛い〜!!
 
堰八紗也佳

先日、
札幌の円山登山で出会ったエゾリス♪♪

エゾリスは冬眠しないため、
冬でも活発に走り回っています!

この写真、ズームアップなどは一切していないのですよ(^^)
こんなに近距離まで寄ってきて、
立ち上がって私のスマートフォンに手を伸ばしてきたのです!!
これには本当にビックリ☆

「エサくれ〜なんかくれ〜」と言っているようですよね。

最初に遠くの木のあたりにいるエゾリスを見つけたときは
「人間の気配を感じたらすぐに逃げてしまうだろうな〜」と思っていたのです。

が、しかし!
カシャカシャとシャッターの音がするカメラの方へ、
どんどん近寄ってくるではありませんか!

食べ物をくれると思ったのか。
それとも私が美味しそうに見えたか?!
思いがけないエゾリスの行動に
逆に私の方が「噛まれる?!」と思い、逃げそうになりました。

その後も、リスはマイペースにお地蔵さんと遊び始め、
可愛らしくてたまりませんでした☆

体長が20〜30センチもあり、
毛もフッサフサで大きいんですよね。
春に向かって街中の雪はどんどん少なくなっていますが、
山はまだ雪深し。
そんな中でも、動物たち虫たち植物たちは、目を覚ましつつあります。

今ですと、
葉が生い茂っていないぶん、リスや鳥などを見つけやすく、
夏山とは違う楽しみ方ができますよ♪♪


円山登山のもっと詳しいお話は
4月5日(土)放送の「さやかのもっと山ガール」でお伝えします。

2014年03月30日(日) |  女子会いいなあ
 
宮地 麻理子

3月21日放送、
二回目の
「いいね!女子アナたちの休日」ご覧いただけましたか?
大栗ANの”部屋”でみんなでおしゃべりするという
せって…じゃなくて
きか…じゃなくて
えっと、女子会
あまりそうしたものにご縁がない私は、ちょっとドキドキしてしまいました。

みんなお喋りが上手だなあ、と感心しながら
台湾旅行のあれこれをご紹介したのでした。

さて、きょうが3月30日。
2013年度ももうおしまい。
旅立ちの、締めくくりの、新しいスタートの、
出会いと別れの季節ですね。

私も、アナウンス部に本格的にやってきて半年が経ちました。

4月から、何か新しいことに挑戦してみようと思いつつ、
何をするか決めかねているうちに年度末。
焦ってます。


2014年03月29日(土) |  F逆襲の開幕トークバトル
 
山内要一
いよいよ、栗山ファイターズ3年目のシーズンが幕を開けた!
今季こそ、逆襲だ!という事で、「逆襲の開幕トークバトル」と銘打って、ファイターズ選手のトークショーが、3月14日、札幌市内各所で行われた。
私山内は、札幌ドーム会場の司会を、HBCラジオ「ファイターズDEナイト」の斎藤こずゑさんとともに務め、HBCテレビ「今日ドキッ!」でも生中継でお送りした。
当日札幌ドームには、中田翔選手、杉谷拳士選手、谷口雄也選手が登場!
中田選手からは「ホームラン王」のタイトル獲得宣言なども飛び出し、大いに盛り上がった。
杉谷選手からは、中田選手が、沖縄キャンプ期間中、宿舎の近くでカブトムシを捕まえて来た話など「すべらない話」などが飛び出し、谷口選手からは、今シーズンへの力強い意気込みなどが飛び出した。
盛り上がり過ぎて、中田選手からも「今日は3人ともオフなんで・・・。」と行ってくれた事にも甘えてしまい、30分で終わるはずが、1時間弱のショーとなった!
昨シーズンは、ファンも悔しい思いをしてしまったが、誰よりも悔しい思いをしたのは、選手たちだったはずだ。
楽しい中にも、力強い選手たちの意気込みも見え、今シーズンのファイターズは違う!という所を見せてくれたような気がした。
2014年シーズンのファイターズの戦いに期待したい!!

2014年03月28日(金) |  二軍男子が恋愛を語る!
 
室谷香菜子

先日、
高橋アナ、堰八アナと3人で同期会をしました!
美味しいお酒をいただきながらトークは弾み、
あっという間に終電の時間に。
いわゆる”女子会”なわけですが、


男子だって集まってワイワイ盛り上がりたいのだ!
恋バナをしたいのだ!
そんなこんなで形になったのが、この本
『二軍男子が恋バナはじめました。』


二軍男子=モテない男子、というわけではなく、
(実際には遠からずなのですが・・・)
恋に悩む女性の話を聞く「失恋ホスト」という活動をしてきた
3人の30代前半の男性が、
これまでに得た400人の恋バナをもとに、
男女のすれ違いなどについて真剣に語るというもの。


厳しい恋の現実に、二軍選手のメンタリティで立ち向かっています。



実はこの本、
東京の出版社に勤めている私の中学からの友達が編集を手掛けました。
そんな縁もあって手にしたのですが、
面白い!!!


「分かる分かる!」とか
「男性って割とくだらないことで悩んでいるんだなぁ」とか(ごめんなさい)、
読みながらカフェで一人ニヤニヤしてしまいました。



女性にも男性にも是非機会があったら読んでいただきたい一冊です♪
ボーイズトークの中に
実はすご〜く深い一言が散りばめられていたり、ね♪


2014年03月27日(木) |  鹿追町をぶらりサーチ!
 
佐藤 彩

今日ドキッ!の特集「週末ぶらりサーチ」の取材で、鹿追町に行ってきました!
小橋亜樹さんとのコンビです。
初のぶらりでしたが・・・いや〜楽しいのなんの!
鹿追町といえば、然別湖のダイナミックな自然や温泉のイメージが強かったのですが、新たな発見がいくつもありました。

今回、町長にもお会いしたのですが、町長室で、まさかあんなものを発見するとは・・・(笑)
町長の個性的なキャラにも注目です!

おそばや鹿追牛、ソフトクリームなど、たくさんの美味しいもの、そしてステキな方に出会えて、私、鹿追町が大好きになりました。

今年は管野温泉がリニューアルオープン予定なので、また行かなきゃな〜。
高速を使うと札幌から2時間半くらいで行けるみたいですよ。
思っていたより、近いです。

明日の放送をご覧ください☆

2014年03月26日(水) |  メリーポピンズ
 
船越 ゆかり

「メリー・ポピンズ」といったら
ディズニーの映画を思い出す方が多いでしょうか
それとも
児童文学の名作でしょうか

これは、私の子供のころの愛読書。
今も大切にしていて、時々読み返すこともあります。

原作が大好きだったので
映画も親にねだって連れて行ってもらいました。
その頃、子供が楽しめる洋画はディズニー映画くらいだったんじゃないでしょうか。

原作に登場するメアリー・ポピンズは
しつけに厳格で無愛想、めったに笑顔も見せません。
でも実は子どもの心を誰よりも理解し、
不思議な世界を見せてくれる「魔法使い」

映画に登場するメリー・ポピンズは
明るい笑顔で歌って踊るんです。
子ども心に「これはメアリー・ポピンズじゃない!」と思いました。
でもミュージカルになったメリー・ポピンズは
それはそれで素晴らしくて、
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」
「チムチムチェリー」
名曲ぞろいだし、ダンスも楽しい。
でも、私の心のメアリーポピンズじゃない、とずっと思っていたのです。

私の永年の謎を解いてくれたのが
映画「ウォルト・ディズニーの約束」

映画製作者ウォルト・ディズニーと
原作者P・L・トラヴァースの葛藤を描いています。

「アニメーションは絶対にダメ」
「陽気なメアリーポピンズなんて、
ハッピーエンドなんてありえない」

原作ファンの私にとってトラヴァース女史の主張はしごくまっとうに思えます。
一方でウォルト・ディズニーは映画化のために
なんと20年にわたって
トラヴァース女史を説得し続けたのです。
なぜなら
「父親は娘にした約束を破ってはいけない」から。

娘との約束を守ろうとするウォルトと
メアリー・ポピンズを守ろうとするトラヴァース。
トム・ハンクスとエマ・トンプソンが火花を散らします。

この映画の原題は
「SAVING MR.BANKS」
直訳すると「バンクス氏の救済」というところでしょうか。
バンクス氏は
メアリー・ポピンズがやってくる家のお父さん。

子どもだった私にとっては印象の薄い登場人物でしたが、
そういう見方があったのか、と思いました。
そして、原作者P・L・トラヴァースについては知らなかったことばかり。

改めて映画「メリー・ポピンズ」を観たくなりました。
そして原作も読みなおさなくては。

2014年03月25日(火) |  タイ王国をバスで旅する!
 
石崎輝明
お休みを頂き、タイ王国を旅してきました。
石崎は南国タイが大好きです。
気候はもちろん、タイの人は暖かくて親しみやすい。
そしてタイ料理が大×100くらいの大好物です。

タイと言えば・・・バンコク、チェンマイ、アユタヤ、プーケット、サムイなどなど多くの観光地がありますが、今回の目的地はまだ日本では馴染みの薄い「サメット島」です。
ツアーになっていないので自分で交通手段を選んで向います。
今回はタイの都市間バスにチャレンジ!
スワンナプーム国際空港から無料のシャトルバスでバスターミナルに移動。
チケットを購入し、ここから3時間弱のバス旅スタートです!
途中、乗り換えなどで結構ビビリましたが、無事に南部の主要都市ラヨーンに到着。
ここからソンテウという乗り合いタクシーに乗ってバンペーという港町を目指します。
バンペーで舟に乗換えて、いよいよサメット島に上陸!
スゲー!!!!
海がメチャクチャ綺麗です。
しかも、日本人いな〜い!

シンハービールを買って、海に足を漬けて乾杯です。
長旅でお腹もペコペコ・・・・海辺の地元レストランに飛び込みます。
もちろん床は全て砂浜。
メニューはタイ語と英語の微妙な交ざり具合で・・・注文に一苦労しました。

でも・・・なんとか一番お薦めの蟹カレー炒めをゲット!
これです!これ!
渡り蟹のカリー炒め・・・プーパッポンカリー!!!
しかも海辺でシンハービールと一緒に頂いて・・・なんと300円!!
常夏の微笑みアイランド・タイ王国・・・・。
夕日に向ってずっと独り言を言っていました。

「ねえ。宝くじ当たったら移住しても良い・・・・」
太陽は優しく頷いてくれた様な夕暮れでした。

2014年03月23日(日) |  げいじゅつ
 
堀 啓知

久しぶりに芸術鑑賞してきました。

「0さいからのげいじゅつのもり」、札幌芸術の森美術館で現在開催中です。

鑑賞だけでなく、体験型になっていました。

会場に入ると、不思議なぬいぐるみのようなキャラクターがずらり!

いきなり作品に触れます!

進んでいくと、積み木で遊べるスペースが!

長方形の同型の積み木が無数にありました。

時間を忘れて大人も子供も集中です。

音の出る作品もありました。

「カンカン」「ボンボン」「ドンドン」

展示作品を叩いたのは初めてでした。

ワークショップコーナーでは、紙袋のお面作り。

子供が絵を描いて、私は目の部分を切り抜きました。

最後は、壁一面のお絵かきコーナー!

来場者が思い思いに描いた絵の集合なので、世界に一つだけの合作?になるんでしょうか。

 

写真撮影が可能なスペースは上記のみですが、他にも親子の会話が弾む作品など見応え十分でした。

ただ、個人的に一番熱中したのは、久しぶりに触った積み木でした!

 


2014年03月22日(土) |  開幕まであと1週間・・・
 
水野 善公
きょうは私、仙台出張です。プロ野球開幕前に毎年、北海道、宮城、福岡の3地区で放送される、ラジオ「三都物語」に『ファイターズ応援代表』として出演するためです。3地区のパーソナリティと解説者で今季のパリーグを占っていく番組(きょう18時〜)ですが、“負けないように”頑張ってきます!

とにかく、今年はソフトバンクが、大型補強。オープン戦も好調で、普通に考えれば優勝候補大本命ですが、そう簡単にうまくはいかないはず・・・と信じて戦います!
勝手ながら順位予想すると

優勝 日本ハム・・・大谷が1年間ローテでしっかり回れば、というのはあるが、武田勝が 
            万全なのが大きい。とにかく粘り勝つ野球でV奪還へ!
2位  ロッテ・・・昨シーズンから指揮をとる伊東監督の野球が浸透している。 中継ぎ陣が
          強力で、新加入の涌井、成瀬が復活すれば相当手ごわそう。新人もいい。
3位 ソフトバンク・・・誰がみてもV筆頭候補。でも、一度何か歯車が狂ったら修正には時間が
             かかりそう。中継ぎは完璧だが、先発陣がやや手薄なのも好材料。
4位 楽天・・・田中が抜けた穴は大きすぎる。いくら則本や松井裕樹が頑張っても、埋まらな  
         いのでは。マギーが抜けたのも大きい。
5位 西武・・・涌井、サファテが抜け、中継ぎ陣が不安定。おかわり中村も、いつどうなるかで
         不透明。ヘルマンの穴も大きい。
6位 オリックス・・・イ・デホが抜けたのは大きすぎる。先発も金子だけ。ハム戦に当たりませ
            んように。

と好き勝手に書いてしまいましたが、あくまで“予想”ですので、ご了承ください。
来週から始まるプロ野球。今季もよろしくお願いします!

2014年03月19日(水) |  気持ち高ぶる!コンサドーレ中継
 
川畑恒一

コンサドーレ札幌のホーム開幕戦!
今年はどんなサッカーを見せてくれるのかと、期待に胸膨らませてドームのゲートをくぐる時の高揚感は、何年経っても変わりません。

近年は道内開幕戦ラジオ中継以外になかなか実況機会のないコンサドーレ戦ですが、ファイターズ移転前から、取材・中継をしていた愛着のあるスポーツ。

ノリノリの解説者、川合孝治さんとのコンビも15年くらいになるでしょうか・・・

中継スタッフには、首元からコンサドーレ愛がほとばしる熱烈サポーターもいます。

音声担当のこの先輩は、翌週のアウェー戦もサポートに行くと張り切っていました。

今季は小野伸二選手の加入など、派手な話題も多いコンサドーレ。昇格の可能性が高まれば、また中継機会も訪れるはずなので、その日に向けて、私も応援(と勉強)を続けます!


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)