今月
2017年09月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2016年11月(24件)
<< [1] [2] [3] >>

2016年11月30日(水) |  我が子に負けてしまうボードゲームが・・・
 
山内要一
我が息子たちは、現在、小学5年&2年である。

ゲームなどいかなる勝負事に関しても、「親にはそう簡単に勝てない」事を植え付けるという、私の教育方針のもと、絶対手を抜かない事に決めている。

しかし!ついに、そんな偉大さを見せつけて来た、父親である私が、真剣勝負で小学生の息子どもに負けてしまったボードゲームが、出現したのだ!!

「ブロックス」・・・という、フランス生まれのボードゲームをご存じであろうか?

(写真の手は、我が長男の手)
「ブロックス」とは・・・

各プレイヤーが、青・黄・赤・緑に分かれて、持ち駒として正方形がテトリスみたいにつながった形のピースを、21個ずつ持ち、20×20のマスに区切られたボードの上に、まず最初のピースは、自陣の角の1マスを埋めるように置く。

その後は、自分の順番ごとに1つずつピースを置いて行くのだが、自分のピース同士が、「頂点で接して、辺で接していない」場所にしか置くことができないのである(他の人のピースとは辺で接しても良い)。

全員がピースを置けなくなるとゲームが終了し、置くことの出来なかったピース1マス分につき1点マイナスなど、計算をし、点数が高いプレイヤーが勝利となるゲームだ。

こういう類のゲームには、絶対的な自信を持っていた、私山内が、小学生の・・・しかも・・・自分の息子に、ガチンコ勝負で負けてしまうとは・・・。
なかなか勝てない(通算勝率は5割くらい)のである・・・。

しかし、そういう意味では、この「ブロックス」は、家族で抜群に楽しめるゲームだ。

来月のクリスマス、サンタさんにお願いするのも、いいかも!!である。

2016年11月28日(月) |  V尽くし
 
川畑 恒一

13万8千人を集めたというファイターズの優勝パレード。まだ雨の降る朝のうちから沿道は大変な人出。

私は北一条付近で、ラジオのリポート。パレード開始までに雨も上がり、監督や選手たちの晴れやかな笑顔を伝えることが出来ました。

そして午後からはJ1昇格のかかるコンサドーレ戦取材で札幌ドームへ。
こちらも3万3千人を超える大サポーター。
1日で2度、歓喜の瞬間を見届けることができたスポーツアナ冥利に尽きる日曜日でした。

2016年11月27日(日) |  今年も冬が…
 
宮地麻理子

HBCの1階ロビーに緑色のポスター。

これが貼られたということは、ああ、今年も冬だなあ…

ご縁があって、3年連続で担当させて頂いている
北海道森林整備担い手支援センターの「森林の仕事ガイダンス」。

いうなれば林業分野への就職転職セミナーで、
私は、就職後2~3年くらいの若いフォレストワーカーさんとトークショーをします。

「じゃあ、よろしくね」と任せて下さる豪気な主催者さんなので、毎年ひそかに楽しみにしている仕事です。

この記事をご覧いただくころには、イベントは終わっているのですが。
ちゃんと盛り上がってたらいいなあ…


2016年11月25日(金) |  逃げ切れなかった恥ダンス
 
近藤 肇
このオファーからは・・・




逃げ切ることができなかった。
ちなみに、高橋さんは、寒さのせいかおとぼけ度も季節はずれの高まりをみせてきています。冬も”そらリサーチ”から目が離せませんよ!!

2016年11月24日(木) |  祝優勝&祝昇格
 
管野暢昭
クラブ創立20周年の節目の年に優勝と昇格を成し遂げるとは何事だ!嬉しすぎるじゃないか。 それから最終戦の選手入場でゴール裏に「WE ARE SAPPORO」の文字を浮き上がらせる演出とは何事だ!泣きそうになったじゃないか。 さらには「ススキノへ行こう」の大合唱、3万人が歌うとは何事だ!本当に足が向いてしまったじゃないか。 最高の1日になったじゃないか…。 しばらく幸せの余韻に浸っていた私ですが、酔いがまわるほど心配事が多くなってきました。クラブの野々村芳和社長が掲げる目標はJ1に定着できるチーム。2008年と2012年はわずか1年での降格を経験しています。岡田武史監督時代の2シーズンというのがJ1でプレーした最長期間。本当に定着できるチームの姿を私も知りません。来年2月25日の開幕まで3か月。準備期間は決して長くはありません。現有戦力と新たに加わる移籍選手でどのようなJ1仕様のコンサドーレを作り上げるのか。これから現場とフロントの試行錯誤が始まります。

2016年11月23日(水) |  ありがとう
 
卓田和広
去る11月20日、ファイターズの優勝パレードがあり、13万人を超える観衆が沿道を埋め尽くした。私も「今日ドキッ!」のぶらりサーチでコンビを組む小橋亜樹ちゃんと共に、スタート地点近くのビル4階からテレビ中継のリポートを担当した。
当日は心配された雨も上がり、気温もそれ程低くはなかったが、時折吹く風はやはり冷たい。
私もまずはうどんを食べ身体を温めた。さあ、ビル4階に陣取る我々に、監督や選手は気付いてくれるだろうか?
まずは、先頭のオープンカーに乗る栗山監督、田中賢介選手、大野奨太選手の3人。隣の亜樹ちゃんが全力で奇声、いや声援を送ると、何と3人とも気付いてくれたではないか!
続いて、中田選手、増井投手、宮西投手を乗せた赤いオープンカーが近づいた。まず、中田選手が気付いて手を振ってくれる。宮西投手は気付いていない様子だったが、昨年「ぶらりサーチ」に出演した「ぶらりファミリー」の増井投手が我々に気付き、宮西投手に教えてくれた。
実は近日、増井・宮西両投手が2人揃って「ぶらりサーチ」に出演してくれるという。これで宮西投手も「ぶらりファミリー」である。
そして、最後尾は野手陣を乗せたバスだ。岡選手、杉谷選手、大塁選手、大谷選手らが手を振ってくれた。よく見ると大嶋選手はうどんをすするジェスチャーをしているではないか。関係者に後から聞くと、選手たちがバス内でスタンバイをしている間、HBCの中継がテレビで流れていたそうである。大嶋選手はそれを見ていてくれたのだ。これは嬉しい。
もちろん、選手たちは我々にリアクションし終えると、すぐに周囲をまんべんなく見渡し、可能な限りたくさんの人たちに対して感謝の気持ちを伝えようと一生懸命だ。
そして、我々のほうこそ、一年間楽しませてくれた選手、スタッフの皆さまに「ありがとうございました」と感謝の思いを伝えたい。

2016年11月22日(火) |  優勝&日本一パレード特番!!
 
渕上紘行
11月20日、ファイターズが4年ぶりの優勝パレードを行いました!
日本一を果たしてのパレードは実に10年ぶり。直前で心配された雨もやみ、13万人を超える方が集まりました。

その興奮冷めやらぬまま、高梨投手岡選手がスタジオへ!
ファイターズDeナイト 斎藤こずゑさんとともに1時間の生放送を行いました!
ラジオの生放送は‘初’という、今シーズン大活躍のお二方。放送前は不安そうでしたが、あっという間の1時間だったようで、楽しかったそうです。
なにより随時送られてくるリスナーの皆様からのメッセージにライブを感じて、ビックリしておられました!

皆様、本当にありがとうございました^_^

2016年11月21日(月) |  釣りのお次は・・・
 
金城 茉里奈

10月から始まりました
木曜深夜1時27分〜
「さつログ」!!

映画・ファッション・最新アイテム・イベントなどの情報を
カーナビラジオでおなじみの
大森俊治さん
そして洞爺湖町出身の歌手綾野ましろちゃん
ゆる〜く楽しくお届けしております♪
(大森さんが背後霊のよう・・・)


普段はスタジオからお送りしているのですが
先日はロケを敢行!
釣りを楽しみました。

結果は、ましろちゃんが
釣りゲーム(!?)で鍛えたという釣りの実力を思う存分発揮し
驚きの結末になったわけですが・・・

実は今週のさつログも、スタジオを飛び出しております♪
場所はなんと...ラウンドワン

セグウェイを楽しんだり・・・
(お、大森さんが背後からましろちゃんを狙っている....)
皆さん「バブルサッカー」をご存じですか?

この写真の手前にある大きなボールのようなものを
頭からすっぽりかぶってサッカーをするのです!
頭というか、上半身がまるまるボールで覆われる形になります。

ぶつかっても転んでも痛くない、ということなのですが
これがすごく難しい!
前が見えない!転んだら立ち上がれない!
しかも大森さんが大人の男なのに容赦ない!
ましろちゃんが思わずふっとぶ!

・・・・など大変なことになっております。

はたから見たら「これ、なんの集まり...?」と
ちょっと疑問に思ってしまうような3人組の本気のバトル、
お布団に入る前に、ちょこっとお付き合い下さい。

2016年11月20日(日) |  HBCラジオ大感謝週間!
 
小川和幸
「HBCラジオ ワイドな 大感謝週間」開催中です!
【夕刊おがわ】でも、11/14(月)〜18(金)までの期間、
毎日、御一人に「お寿司券1万円分」をプレゼント!

もう既に、沢山のご応募をいただいています。

「あの日聴いてたのよ。
でも、応募忘れちゃったわ…」
という“あなた”!

まだ間に合いますよ!
22日必着分まで受け付けています。

ご希望の方は、聴いた日付と、番組を聞いて気になったニュース、
そして、あなたのお名前、住所、電話番号を書いて、
Eメールか、ハガキでご応募ください。
是非、番組の感想もお寄せください!

当選者の発表は、
23日(水)番組内で行います。

楽しみに待っていてくださいね!

2016年11月18日(金) |  札幌ディープ 77 大衆中華 珍萬
 
鎌田 強
 敬愛するわたしの友人が云う。室蘭
大王本店のカレーラーメンを食べると
きにはライスが必須なのだと。つまり
大王のカレーラーメンは熱くてとろみ
が強いので口中をやけどしやすい、そ
の熱さを和らげるためにもライスが必
須なのだそうだ。ヒグマのような体躯
をしているのだけれど舌は猫なのだ。
 そんな彼がカレーラーメンを以上に
やけどを恐れ、しかもカレーラーメン
以上に愛する料理がある。それが珍萬
のスタミナジュージューだ。
 珍萬は北大正門近くになる庶民的な
中華料理店の名店だ。ここの料理はど
れも美味い、しかも安い。わたしの好
きな野菜いため定食は720円、もちろん
単品はもっと安い。それに生ビールの
中ジョッキは380円だ。ありがたい。
昼もいいのだがやはり夜がゆったりし
て居心地がいい。
 スタミナジュージューは珍萬の看板
メニューだ。わたしはこのような料理
を未だ見たことがない。
 あつあつの鉄板にのってくるものと
いえばステーキかハンバーグかナポリ
タンと相場が決まっている。しかし
スタミナジュージューはとろみだ。
ある意味実態がない。実態が無いのに
美味い。
 スタミナジュージューには単品はな
い。定食のみだ。いやライスが必須と
いっていい。もしやこのピリ辛とろみ
をスプーンでそのまま口に運んだとし
たらその後の凄惨な結果には責任が持
てない。
 かの友人はスタミナジュージューを
もう何年も前から食べていたという。
その間になんども口中のやけどを経験
したことだろう。いいきみ気味じゃ。
そしてなんという幸せ者じゃ。

大衆中華 珍萬
札幌市北区北10条西4-1-70
電話 011-716-2248

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)