今月
2018年11月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2018年09月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2018年09月30日(日) |  この夏の冷やされた思い出
 
渕上紘行

特に暑かった今年の夏も、たくさん冷たいものにお世話になりました。
ということで、印象に残るこの夏食べたひんやりスイーツをご紹介します!

ソフトクリーム編
遠軽町生田原ノルディックファームのソフトクリーム

口当たりはサラリ、さっぱりしている一方で味は濃厚。まさに牛乳を食べている感じ。高校ラグビー中継に行った際に立ち寄り、身も心もさっぱり浄化してくれました。

ジェラート編
壮瞥町清水農園のトマトのジェラート

こだわりのフルーツトマトを作ることで全国的にも紹介され有名になった壮瞥町の清水農園さん。とにかく味が濃くて、それでいて青臭さも少ない極上トマトですが、ジェラートになっています。よくあるトマト風味ではなく、ジェラートの甘みにトマトがしっかりと勝っています。それでいてケンカもしていない、まさに作り手清水さんご夫婦の仲の良さを表す(笑)素晴らしい逸品です!
かき氷編
札幌市麻生かき氷専門店マザーリッチのかき氷

この手のかき氷を生まれて初めて食べました!
見た目のインパクト・インスタ映えするのはもちろんですが味も確か。ペロリと平らげてしまいました。これだけ食べたら、頭がキンキンしてお腹もグルグル鳴り出すかと心配しましたが、意外にも普通だったのがビックリ 笑
氷の温度を調節し、氷にこだわるマザーリッチならではの成せる業なのでしょうか!?

2018年09月29日(土) |  未知の世界へ!
 
堰八 紗也佳
いつもアナウンサー日記を読んでくださっている皆さまに、今回はこの場をお借りしてお伝えしたいことがあります!

私は、10月末に、母親になる予定です。

「まだまだ自分が子どもでいたい私が子育て・・・?」と、喜ばしい反面、はじめのうちは不安ばかりでしたが、この10ヶ月の間に母性が育ってきたような気がします。

今はお腹が波打つくらい元気に動いている赤ちゃんに会える日がとても楽しみです^^
性別は男の子のようです。

今日に至るまでとても体調が良く、仕事をしながら順調な妊婦生活を送ることができました。
それは、会社の中での温かいサポートはもちろん、公共の場所でも皆さんから色々なお心遣いを受けたおかげです。
本当にありがたいです。
この感謝の気持ちは、私も行動でお返ししなければと思います。

当たり前のことではありますが、「平成30年生まれの子かぁ。80年後の将来も見られるのかぁ・・・。」と考えると、こうやって命は受け継がれていくのだなと、しみじみ実感。
戌の日のお参りをはじめ、ベビー用品売り場・プレママイベント・両親学級など、足を踏み入れる場のほとんどが新しい経験ですが、戸惑いながらも楽しんでいます。

これからはもっともっと、子どもから教わることが多くなりますね。
先輩ママである同期の室谷アナウンサーからも色々教わっています♪

しばらくアナウンサー日記での登場はなくなりますが、まずは無事に出産をし、しっかり子育ての時間と向き合ってきます!
特に、絵本の読み聞かせは本領を発揮して頑張りたいです!(笑)

落ち着いたら、ママ業と仕事の両立を頑張りますので、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

長々と書きましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

2018年09月28日(金) |  声でつながりたい
 
水野 善公
 どこかで災害が起きた時に多用される「お見舞い申し上げます」の言葉。心のどこかで、炭酸が抜けた炭酸飲料のように、無機質なものに感じることがありました。
 ただ、今回発生した胆振東部地震で、その思いは泡のように消えました。
犠牲になられた方に心からお悔やみ申し上げます。被災され、今なお不自由な生活を強いられているみなさまに心からお見舞いを申し上げます。
 地震発生直後、暗闇の札幌中心街をリポートしました。テレビ塔のデジタル表示が消えた光景は忘れられません。
 
すすきのの灯りが消えるなんて、夢にも思いませんでした。

私は主にラジオで情報を伝えました。いや、伝わったでしょうか・・・。。
もっと充電できる場所を、もっと給水できる場所を、震源から遠い場所の情報も、もっと寄り添った声で話せば・・・
反省は際限ありません
今も、日々自問自答しています。

今回は、大規模停電が起きたため、ラジオを頼りにしてくださった方が多かったようです。
本当にありがとうございます。

「声のつながり」の大切さを胸に刻み、放送に従事していきます。今なお、不自由な思いをされている方がいることを忘れず、「心の減災」のお手伝いができるよう努めていきます。

その地震の影響を一部で受けながらも、先日、十勝の大樹町で柏林公園まつりが行われ、MCをしてきました。
歌謡ステージのゲストは丘みどりさん
吉幾三さんのものまねでおなじみ、あっち幾三さんでした。

お二人とも「北海道を元気に!」という思いで、力いっぱいのステージを披露していただきました。その模様は9月30日(日)午後4時〜(道東地区で)放送となります。
ぜひ、お聴きください!

2018年09月27日(木) |  北海道のめぐみに改めて・・・
 
森 結有花

札幌大通公園で行われている
【さっぽろオータムフェスト2018】に行ってまいりました!

会場は人、人、人!大賑わいでした。

大好きな牛肉×揚げ物。
私にとって夢のような組み合わせの牛カツに、

北海道といえば!のラーメン…(^^)

海の恵みも忘れてはなりません!
ウニ飯も食べました!

どれもとってもおいしかったです。

タイミング良く本州から5歳の甥が遊びに来ていたので、一緒に行きました。
会う度に食べ物の好き嫌いが増えている甥ですが、
北海道のチーズにお肉、野菜をとてもおいしそうに食べていました。
その様子がなんだかとても嬉しかったです。

どんな時も私達を笑顔にしてくれる北海道のめぐみ。
それを支えて下さっている方々。
私達の誇りです。

たくさんの感謝を胸に、
食欲の秋を満喫させていただきました。

もう終わってしまったのですが・・・
あぐり王国のブースも出していました。

地震で大変な中にもかかわらず、
農家の皆様や、料理を提供してくださった青山則靖さんをはじめ
多くの方々がご協力くださったおかげです。

そして、たくさんの方々にお越しいただきました。

みなさま本当にありがとうございました!!

写真は私が開発したカクテル、
その名も【MAGIC OF MIRIN】!
小樽の老舗酒蔵『田中酒造』の本みりんを使いました。
おかげさまで売れ行きも良く、ほっとしました。。。


2018年09月26日(水) |  当たり前?
 
矢萩 尚太郎

2018年9月14日、ファイターズは本拠地札幌ドームでオリックスバファローズと対戦しました(写真は9/14当日の昼すぎ)。

―――――
”当たり前”のように思えるこの出来事や景色も、実は”当たり前ではない”ということを思い知りました。

9/6、胆振東部地震により北海道内では停電・断水・液状化など各地で大きな被害を受けました。

地震のあとは、多くのイベントが中止となりました。

プロ野球の試合も例外ではなく、札幌ドームで予定されていた9/11・12の千葉ロッテマリーンズ戦は中止に(10/10・11に振替)。

9/14のバファローズ戦は、19日ぶりに札幌ドームで行われた試合でした。
この試合は、ロドリゲス投手や鶴岡選手の活躍があり4−3で逆転勝利。
札幌ドームに詰めかけた24341人はもちろん、応援していた全道のみなさんに勇気を届けたはずです。

試合後、鶴岡選手は「この状況で、野球をやっていいのかという思いもありました。ただ、やるからには結果を出さなければいけない。それがプロ野球選手なので」と話していました。

地震発生から、あすで3週間となります。

まだ「札幌ドームに行って観戦をする余裕がない」という方も大勢いらっしゃると思います。

そういった方々に、テレビやラジオを通じて”スポーツの持つ力””感動”をしっかりと伝えられるよう、私は取材や実況を頑張ろうと強く感じました。

そして、プロ野球はレギュラーシーズン終了が近づいてきましたが、プロバスケットボール=B.LEAGUEはまもなく3年目がスタートします。

今シーズンもHBCラジオ「レバンガの魂」は日曜8:15〜8:30、できる限りの最新情報をお届けしてレバンガ北海道を全力応援します。ぜひ、今シーズンもお付き合いください。


さらに、昨シーズンHBCは「道内放送局で初めて」レバンガのラジオ中継をしましたが、今シーズンは5試合以上中継する予定です。

中継1試合目は、10/6の開幕戦です!
15:00から北海きたえーるで行われる「レバンガ北海道大阪エヴェッサ」の模様を熱烈応援実況でお送りします。

実は、レバンガは前身のレラカムイ時代から11年連続で開幕戦に敗れています。
今年は4選手が加入し、ヘッドコーチも代わりました。
今シーズンこそ、チャンピオンシップ進出を果たしてくれるはずです。

10/6の15:00から、ラジオを聴いて応援していただければと思います!!


2018年09月25日(火) |  スポーツができる幸せ
 
堀 啓知(よしとも)

先月末に開催された北海道マラソン。

4年連続で参加しました。

 

沿道の声援、ブラスバンドの演奏、ボランティアの給水。

毎度、様々な立場からのサポートに感謝です。

 

今年は約19千人の参加でしたが、毎年雰囲気にのまれて気持ちが高ぶり、前半にペースが上がっていました。

今回は徹底的にペース配分を意識。

その結果、沿道の雰囲気も楽しめました。

 

コンサドーレのユニフォームを着て応援していた女性が、川崎フロンターレのユニフォームを着た男性ランナーに呼びかけていました。

「三好選手(川歳からレンタル移籍中)ちょうだい!」(女性)

「ダメ〜!!」(男性)

こんな交流を覚えているのも、ペースを守ったからだと思います。

 

その上、北海道マラソンの記録ではベストタイム。

ゴール直後に自撮りできる余裕もありました。

これで自分にとっての夏の行事が終わりました。

 

 

まさか、この11日後に震災が発生するとは、もちろん想像もつきませんでした。

その後、道内のイベントで、急きょ中止や延期になったものも多々ありました。

今思えば、声援を受けながら、42キロ走れたこと自体、幸せなことでした。

これからも、様々なイベントを開催できる北海道にしていくために、目の前で困っている人たちをどれだけ支援できるのか・・・考えていきます。


2018年09月24日(月) |  伝える、伝わる
 
堀内大輝

先日、HBCアナウンサーが持ち回りで担当する、
小学生への絵本の読み聞かせに行ってきました。

お邪魔したのは、清田区の清田南小学校

当日は、2年生のみんな、
保護者や図書館ボランティアの方々など
(みなさん図書活動にとても熱心!)
100人近くを前に、絵本を2冊、
その世界に入り込んでもらえるよう、語りかけました。


ありがたいことに、
子供たちも概ね喜んでくれたようで、

いつもの(その場にいるお母さん達が行う)読み聞かせより上手だった
※会場もわたしも苦笑い(笑)
次はいつやってくれるんですか?」など
素直な感想、嬉しい声をたくさんいただきました。

担任の先生からも、読み聞かせ後、
国語の音読をするときに堀内さんのように読んでみてと言うと、
子どもたちの読み方が格段に変わって生き生きとしていた、
と言っていただきました。

思いが届いたようで、これは嬉しい!

テレビなどで自分たちが伝えたことへのリアクションを、
直接感じることって普段はなかなか難しいんです。

今回は、面と向かって、
伝わったのか楽しんでくれたのかそうでないのか、
それがハッキリわかる貴重な経験でした。

いつどんなときでも、

目の前のあなたに伝えたいことを伝わるように伝える。

その気持ちを忘れずに、
日々放送をお送りしていかなければ、
と感じた1日となりました。

ありがとうございました!

※お邪魔したのは地震の2日前でした。

清田区は地震被害も大きく、
こちらの清田南小学校も、地震後、避難場所になりました。

子供たちも不安な日々が続いたと思います。


この度の地震で、被害に遭われた方々、
お体は大丈夫でしょうか?


皆さまにとって、きのうよりきょう、きょうより明日が、
より元気になれる話題を、これからも番組を通してたくさんお届けしていければと思っています。


2018年09月23日(日) |  母に会いに帰省
 
石崎輝明
『地震の後、ずっと心配してくれていた母に会いに帰省しました。
石崎の実家は東京の下町なのですが、
地元の神社のお祭りもやっていました。
同級生などにも会い、
みんな北海道を心配してくれていました。
帰り際に母から「カラダに気をつけて頑張ってね」と
言われたのが すごく心に染みました。




家族に感謝!

2018年09月22日(土) |  いざという時に…
 
小川和幸
改めまして、今回の震災で
亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、
被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。 

突然の大きな揺れに、
突然の全道にわたる大停電。

幸い我が家は水は出ましたので、
トイレ等水回りに苦労はなかったのですが、
オール電化住宅なので、
食事の準備に不安が出ました。

地震発生後すぐに出社した私は、
その後、家族がどうなったのか心配でしたが、
家に帰ってみると、
家の中は、キャンプ道具で溢れていました。

リビングの照明はLEDランタン。
子供部屋など各部屋の入り口には、
小型のLED懐中電灯が掛けられ、
煮炊きするコンロの上には、
キャンプ用ガスコンロが設置されていました。

普段のキャンプで使い慣れた物ばかり。
こういう時にも、力を発揮するんだと、
道具に感謝にし、
それを使いこなす家族に感謝しました。

寝袋を含め、普段使い慣れていないと、
いざという時に戸惑いがちです。

キャンプ道具だけではなく、
普段備蓄してある食料なども、
定期的に実際に食べておくと、
作り方など慌てないで済みますね。

自然災害は、いつどこで発生するか分かりません。
その時の備え(心と品物)の重要性が身に沁みました。



2018年09月21日(金) |  子供の明るさに救われた・・・。
 
山内要一
北海道胆振東部地震によって、被害に遭われた皆様・・・心からお見舞い申し上げます。
今もなお「日常」を取り戻せていない方々、一日も早く「日常」が取り戻せるよう、心から願っております。

私山内は、あの地震の瞬間は、HBCラジオのファイターズ中継で旭川で宿泊中であった。
ちょうど台風が通過し、9月4日も5日も、無事試合が行われ、「よかったね・・・」などと言っていたところでの、あの地震・・・。

旭川は震度4だったようだが、さすがに飛び起きた。
札幌にいる家族が心配になり、妻に連絡をすると、みんな無事との事で、寝ぼけながらとりあえずはホッとしたのを記憶している。

停電が起こった旭川市中心部は、その日の昼前に復旧。
予想していたよりも早い復旧に安堵したのだが、札幌に戻るため、旭川を離れた途端、車中から見る、外の信号機はほどんどが無点灯・・・。
改めて、大変な状況になってしまった事を実感したのであった。
6日の夜、自宅マンションの階段の電気は消えており、暗い足元をスマホで照らしながら部屋のある7階まで上がる。
部屋に入ると、玄関も真っ暗・・・。

そんな中、聞こえて来たのが、暗い部屋から懐中電灯を持って、明るくニコニコしながら親父を迎えに来た、中1の長男と小4の次男の「おかえりー!」の声であった。

「将来、社会人になった時に、とにかく周りの人を笑わせる事ができれば、どんな仕事でもとりあえずなんとかなる!」という個人的な教育方針の下、いつでも明るい人間でいるように育てた事が、ここに来て、少しは功を奏したのか。
暗くて大変な状況の中、辛抱していたはずの我が子を、なんとか励まさないと・・・と思っていたはずが・・・いつもと変わらない我が子の姿に、逆に大人の私が励まされた。

日中、妻と子供が買い出しに行ったという食材で、その日、暗い部屋でガスコンロを使って食べた、しゃぶしゃぶの味は、見えなかったけれど・・・本当においしかった。

しかし、今も本当に辛く、大変な状況で辛抱されている方々が、まだたくさんいらっしゃる。
繰り返しにはなるが、一日でも早くみんなが「日常」を取り戻せるよう願うばかりだ。
そして!
5月に、HBCラジオ「ファイターズDEナイト!!スペシャル」にもゲストで来てくれた、モー娘。’18の牧野真莉愛ちゃんが、11日発売の「ヤングチャンピオン」のグラビアに!

真莉愛ちゃん、旭川で私がスーツ姿でつとめたヒーローインタビュー、見てくれてたのね!(涙)
真莉愛ちゃんのブログ↓
https://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12402912263.html?frm=theme

また真莉愛ちゃんに会いたいっすわ〜(笑)。
元気をくれてありがとう!

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)