今月
2018年06月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
過去の中継はこちら
携帯はこちら
   表示:全て(311件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2018年07月09日(月) |  札幌お化け屋敷2018 呪い指輪の家
2018年07月10日16時20分17秒更新

大森俊治のお化け屋敷中継、今年もいい絶叫でした。今年の「呪い指輪の家」は過去4回で一番怖かったそうです。本当かどうか、ぜひあなたも妙子に会いにいって指輪をはめてあげてください。

札幌お化け屋敷2018 呪い指輪の家
札幌市中央区南3条西5丁目 ノルベサ3F特設会場


2018年06月29日(金) |  食咲工房 かつふじ
2018年07月02日17時37分41秒更新

とんかつは本当においしいです。まちがいなくおいしいです。きっとなにを食べてもおいしいと思います。
さくさくの衣、ルスツ高原豚、自家製のソース。そして、おさむちゃん・・・。とんかつを40年揚げてきた職人の味が堪能できます。
ありがとうございました。またお会いできる日を楽しみにしています。

食咲工房 かつふじ


2018年06月26日(火) |  舎利山 佛願寺 大涅槃聖堂
2018年06月27日13時40分08秒更新

佛願寺は様々な御利益があると人気のパワースポットのお寺。庭園内には涅槃仏としては日本最大の大仏様(45m)「札幌涅槃大仏」をご安置しています。様々な願いが叶うよう御守りの種類も豊富。写経体験やプチ修行なども開催していますので心身ともに浄化したい方におすすめです。

舎利山 佛願寺 大涅槃聖堂
札幌市南区石山東6丁目1-24


2018年06月19日(火) |  共栄湯
2018年06月25日11時02分52秒更新

共栄湯は1963年(昭和38年)創業の銭湯。店主の庵さんは四代目になります。銭湯は家族経営が一般的ですが、庵さんはもともとこの銭湯に出入りしていた水質管理業者。月に数回、浴槽の衛生管理に訪れ、開店前から並んでいるお年寄りを見て、地元に愛されている銭湯なんだなと思っていました。そんなとき高齢で廃業を考えていた先代から後継をお願いされ迷うことなく「やります」と即答。昨年12月に四代目店主として引き継ぎました。
これからもマチの銭湯を守っていきたいと今日も番台でお客さんを笑顔で迎えています。

共栄湯
札幌市白石区東札幌5条4丁目1-6


2018年06月18日(月) |  さっぽろ ぎょうざやさん
2018年06月22日17時58分20秒更新

さっぽろぎょうざやさん「体のことを思いやった餃子」がコンセプトの餃子専門店。
食材のこだわりよりも丁寧に仕込むことが一番のこだわりというぎょうざは「焼きぎょうざ」「水ぎょうざ」「チーズ餃子」の三種。
それぞれ、ビール、焼酎、ワインとお酒にあうように作っています。もちろんどれもごはんとの相性は抜群です。
お酒も豊富ですので昼夜おすすめのぎょうざ屋さんです。

さっぽろ ぎょうざやさん
札幌市中央区南5条西7丁目8-3


2018年06月14日(木) |  グリーンフラッグ
2018年06月20日19時44分39秒更新

グリーンフラッグは北海道産の野菜はもとより全国からの安全な野菜を仕入販売してる青果店。
飲食店向けに卸も行っているので、新鮮なのにリーズナブルな価格で野菜・果物を提供。
二度見しちゃうぐらいいつも安いのに日替わりのお買い得品や「Facebook見たよ」でさらに安くなったりすることも。
これからおいしい道内産の野菜、果物がどんどん入ってきますよ!

グリーンフラッグ
札幌市中央区北7条西15丁目1-3


2018年06月13日(水) |  とみおかクリーニング 札幌1階雑貨店
2018年06月20日09時43分53秒更新

とみおかクリーニングは中標津と旭川近郊を中心に展開している1950年創業のクリーニング屋さん。
札幌のお店は「クリーニング」という名前がついていますが「雑貨のみ」のお店です。クリーニングはうけつけていません。店名は二階建てのビルに引っ越してきて、一階に雑貨店を開いたので札幌一階雑貨店と名付けました。これからは「クリーニング以外の事業も!」と札幌で雑貨店、皮製品のメンテナンス専門店「革色良工店」、古着店「ドンドンダウンオンウェンズデイ」を展開しています。取り扱いしている雑貨は「洗濯と掃除」の雑貨を約1500アイテム。
人気はオリジナルの洗濯洗剤、洗濯板、ランドリーネットです。洗濯好きのみなさん、ここおすすめです!

とみおかクリーニング 札幌1階雑貨店
札幌市中央区北7条西19丁目38-28


2018年06月04日(月) |  丸実富士屋商店
2018年06月13日11時02分38秒更新

これからのアウドドアシーズンで炭やまきの着火剤でよく使うのが「文化たきつけ」。
スーパー、コンビニ、ホームセンターでおなじみのこの文化たきつけを作っているのがこと丸美富士屋商店です。
繁忙期は一日に4000〜5000袋ほどを生産。もちろん全て手作業です。
販売を開始したのはおよそ50年前。もともとは石炭やまきストーブの着火材として冬に売れるものでした。灯油ストーブが普及し、冬よりも夏に売れる
商品になり、いまでは作る業者も2社だけになりました。頼れる着火材として人気は衰えず、本州への出荷も年々増えています。

丸実富士屋商店
札幌市白石区川北2条1丁目15番20号


2018年05月30日(水) |  ラクーンドッグ
2018年06月08日13時55分46秒更新

ラクーンドッグは着物リメイクと洋服オーダーの店。せっかくの衣服を無駄にしない、大切にしたいという思いで和服から洋服を作り続けて20年25000着以上の製作実績があり、基本的に作れない服はないというぐらいスカート、ワンピース、ドレスなど作ってきました。
スカート6000円〜、ワンピース10000円〜。作務衣など男性向けのリメイクも行っています。オーダーはお店にもちこむだけでなく郵送でも注文できます。リメイク洋服を着てみたいけど手元に着物がないという方のために販売もしています。

ラクーンドッグ
札幌市北区北16条西4丁目1−15 さとうビル1階


2018年05月24日(木) |  蝉吟
2018年06月08日13時54分46秒更新

蝉吟はフレンチの技法を使った麺料理が楽しめるお店。店主は南フランスの三つ星レストランなどで腕を磨き、札幌のフランス料理店のオーナーシェフだった熟練のフレンチ料理人。気軽に利用していただけるお店をはじめたいと2016年にオープンしました。
「ジャンルにとらわれず自分がおいしいと思うものを作っています」というメニューは麺料理が3品とおつまみ。
人気の10年前から提供している「エビつけ麺」は一週間かけてつくる細めの自家製熟成麺を淡いオレンジ色のオマールエビの冷たいソースでいただきます。具材はやわらかな鶏むね肉、長ネギ、トレビス。ソースは少し残しておきパンにつけて食べるのがおすすめ。
他の「エビ和え麺」「玉葱とオリーブオイルで乳化させた味噌」もこのお店ならではの味です。

蝉吟
札幌市白石区本郷通9丁目北4-26


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)