今月
2019年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
過去の中継はこちら
携帯はこちら
   表示:全て(454件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2019年11月13日(水) |  フーズルーム
2019年12月05日17時14分15秒更新
フーズルームは「日常にもっと手仕事を」をコンセプトにレザークラフトを中心とした雑貨と素材を販売しています。
革は兵庫県の業者から仕入れた厳選したものと特注のオリジナルのものを取り扱いしています。牛革だけでなく士別市の羊の原皮を製品化した「サフォークレザー」も販売。食肉加工後に廃棄されていた皮をタンニンなめしで加工したラムレザーです。
コインパース、がま口、名刺入れ、キーホルダーなど 店内の革製品は店主の手作り。自分で作ってみたいという方のために、革、道具も販売しています。牛革でヘアゴム、パスケース、コインケースを作るワークショップは随時開催しています。

フーズルーム
札幌市南区澄川5条4丁目2-1

2019年11月08日(金) |  梅鳳堂 maruyama
2019年12月05日17時13分44秒更新
梅鳳堂は「日常の暮らしを豊かにしよう」というコンセプトで器を中心に、インテリア雑貨から衣類、絵画まで、幅広い商品を取り扱うセレクトショップ。
昨年、サッポロファクトリーから円山裏参道に移転オープンしました。
旭川に本社を持ち、創業1943年、75年以上に渡り美術工芸品を扱ってきました。旭川ではギャラリーも開いています。
ここ札幌店では約二週間ごとに企画展を開いており、展示内容によってお店の商品も大きく変わるのが特徴です。

梅鳳堂 maruyama
札幌市中央区南1条西24丁目1−11LEADビル2F

2019年11月05日(火) |  そば・うどん・らーめんの店 かまだ屋大和店
2019年12月04日11時02分58秒更新
岩見沢市内で4店舗を展開するそば・うどん・ラーメンの店「かまだ屋」は早い!安い!おいしい!で人気のお店。
創業64年、岩見沢で49年営業している岩見沢市民のソウルフードであり故郷の味です。
かまだ屋のレシピは創業当時から変わっていません。そのおいしさはその日使う分をその日作るという「自家製麺」と「たれ」です。
人気は天ぷらそば(310円)。これにカレーライス(140円)をつけて450円とワンコインでおつりがきます。ラーメン(醤油・味噌 360円)
でもカレーをつけてちょうど500円。いつ食べても安心する味なのが長く愛されている理由なのかもしれないですね。

そば・うどん・らーめんの店 かまだ屋大和店
岩見沢市大和1条7丁目3-32

2019年11月01日(金) |  一心堂製菓舗
2019年11月29日11時06分01秒更新
一心堂製菓舗は創業大正5年(1916年)の和菓子・洋菓子のお店。
当初は駄菓子屋からはじまり、現在は四代目が和菓子、五代目が洋菓子を担当し、伝統の味を守りつつ新しい味も取り入れています。
お店の看板商品でもある「あずき衣」は三代目が作った和菓子。全国菓子大博覧会で名誉金賞を受賞した名菓です。「蜂蜜カステラ」も名誉大賞を受賞しています。
洋菓子ではTOYAろーるケーキが人気です。種類は純生・濃い抹茶・ ショコラ・いちご・そして期間限定の和栗の5種。毎日のお茶請けから贈り物までおいしいお菓子が揃っています。

一心堂製菓舗
虻田郡洞爺湖町旭町12-9

2019年10月24日(木) |  CAFEサーハビー
2019年11月29日11時02分08秒更新
CAFEサーハビーは9月で10周年を迎えた友達の部屋に遊びにきている感覚でのんびりくつろげる人気「大人の遊び場カフェ」。
オーナーの野々村さんはTVチャンピオンで昨年OAされた「TVチャンピオン極 〜KIWAMI〜」デブ飯料理人選手権にて優勝した方です。
そのデブ飯チャンピオンが作る日本一のデブ飯を食べる事ができます!
写真は焦がしニンニクのニクボナーラ。
鶏肉、豚肉、ソーセージの3種の肉を使った肉々しいカルボナーラ。これが意外とペロリと食べられちゃうんです。サーハビーはドーナツもおいしいですよ!

CAFEサーハビー
札幌市中央区南3条西6丁目ライトビルV 2F

2019年10月23日(水) |  おもちや月兎
2019年11月29日11時04分00秒更新
おもちや月兎は北海道産のおいしいお餅料理をお届けする移動販売のキッチンカーです。
もち米の田植えから収穫、もちの製造販売まで店主自らの手で行っています。
剣淵の「はくちょうもち」と八雲の「かぜのこもち」を日替わりで使い、つきたてのお餅をお届けします。
おいしい北海道産のおもちを全道全国へ届けるおもちや月兎を見かけたら、ぜひ食べてみてください。おいしさに感動します。

おもちや月兎

2019年10月22日(火) |  Live Karaoke & Bar “BIPPARA”札幌琴似店
2019年11月06日10時03分49秒更新
ビッパラ札幌琴似店は4月にオープンした東京恵比寿で人気の生バンドカラオケバーの札幌店。
従来のカラオケと同じように、デンモクで曲を選択するとカラオケの音に合わせてバンド(ギター・ベース・ドラム)が生演奏します。
ロックから演歌まで、(カラオケDAMで配信されている曲なら)どんな曲でもOKです。バンドメンバーと一緒に演奏することもできます。
客層の中心は40〜50代。矢沢永吉からバンドブームの曲のリクエストが多く、ステージはライブハウスと同じ照明を使っているのでボーカル気分
で存分に歌えます。

Live Karaoke & Bar “BIPPARA”札幌琴似店
札幌市西区琴似2条2丁目1-2 グルーヴコトニビル5階

2019年10月21日(月) |  札幌篠路ラーメンStyle 丸ふ
2019年11月06日10時02分43秒更新
札幌篠路ラーメンStyle丸ふは篠路で育った地元愛と製粉から食材の調達までできるだけ地元の篠路でまかなっている篠路ラーメンを提供しているラーメン店。
店主の藤嶋さんは大手製麺会社に30年つとめ、工場での麺の開発や営業でスープ・タレを学んだ経験を活かし、札幌にはあまりない麺と出汁にこだわったラーメンを提供。
醤油に使う麺は自家製で小麦胚芽入り小麦粉を2種類ブレンドした低加水麺。特徴はその60〜70pという通常の麺の約3倍の長さ。長くすることでスープがのり、出汁のうまみが麺にしみます。
醤油ラーメンは、鶏に煮干と香川県産淡口醤油を合わせた“白”と、コクのある鯖出汁に小豆島と香川県産濃口醤油を合わせた、見た目も真っ黒な“サバブラック”を 提供。極旨。

札幌篠路ラーメンStyle 丸ふ
札幌市北区篠路3条5丁目7-1

2019年10月21日(月) |  麺屋 まるきよ
2019年11月06日10時04分03秒更新
昨年9月にオープンした『麺屋 まるきよ』は、あっさりからこってりまでこだわりのラーメンが人気のお店。
メニューによって麺とチャーシューを使い分けます。
トロ旨と評判のチャーシューはじっくり煮たチャーシューとオーブンでじっくり焼いた焼きチャーシューの2種類。
そして一日10食限定の新しょうゆ「銀青醤」はサバ、アジ、アゴ、イワシなどの青魚を一度焼いてから水出ししたスープに豚骨をあわせたすっきり醤油ラーメンです。激旨。

麺屋 まるきよ
札幌市北区北39条西3丁目1-14

2019年10月17日(木) |  サッポロオリンピアボウル
2019年10月29日09時44分14秒更新
サッポロオリンピアボウルは創業48年、現在営業しているボーリング場としては札幌で一番歴史のあるボーリング場です。
計38レーンを備え、お得なプランやサービスが充実しているため平日は早い時間からシニアの方が、週末はファミリー層が多く訪れています。
無料送迎バス運行中。ご利用人数が20名様以上で140名まで無料送迎。会社→ボウリング場→居酒屋など送迎ルートも柔軟に対応してくれますよ。
写真はなかなかストライクが取れず肩を落とす大森です。

サッポロオリンピアボウル
札幌市中央区北1条東12丁目316−4

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)