今月
2018年06月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
過去の中継はこちら
携帯はこちら
   表示:全て(396件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [+10] >>

2019年01月28日(月) |  江別観光協会事務局
2019年02月04日11時51分32秒更新

江別観光協会は各界で活躍している方々を対象に江別市内の魅力や観光情報等を広く発信する「えべつ観光特使」を募集しました。
大森も応募し、選考の結果、任命されました。2年間の任期の中で江別のPRに取り組んでいきます。張り切りすぎてしくじらないことを願うばかりです。

江別観光協会事務局


2019年01月22日(火) |  キャンドル専門店 キャンドリー
2019年01月30日13時22分42秒更新

キャンドリーは商品の企画から製造、販売まで、全て自社で行っており、キャンドルショップです。
約80種類ほどあるキャンドルの中でおすすめが星が流れる「流星キャンドル(写真)」と見た目にも鮮やかな「和菓子キャンドル」。札幌在住のアーティストがパッケージデザインを描いたおしゃれかわいいものもあるので贈り物にも最適です。

キャンドル専門店 キャンドリー
札幌市中央区南17条西8丁目1-1


2019年01月17日(木) |  豚丼のミルキーウェイ
2019年01月23日16時11分06秒更新

豚丼のミルキーウェイは地元民に愛され続けている豚丼の人気店。
厳選された豚の生肉を独自の下ごしらえと特製のタレで焼きあげます。豚肉の部位がバラやロースなど選べて肉の厚みも薄切りにできます。
一番人気のメニューはバラ肉の豚丼。そして、ご当地八軒の名前をつけた「八軒パワー」。厚切バラ肉をにんにく醤油で味付けしたとんてき風のメニュー。
どちらも本場帯広に負けない絶品の豚丼です。

豚丼のミルキーウェイ
札幌市西区八軒8条東1丁目1-19


2019年01月16日(水) |  日本茶×干物 茶酒屋 Nendo
2019年01月18日12時24分20秒更新

Nendoは昨年10月にオープンした日本茶の魅力を追求したメニューを味わえる日本茶居酒屋”茶酒屋”です。
オーナー兄弟はすし職人の家に生まれ幼い頃から「すし屋のあがり」を日常的に飲んで育ったとこから、日本茶をまったく新しい形で提供しようと思ったのがきっかけ。
老舗のお茶専門店「大森園」が厳選した上質な茶葉のみを使ったドリンク(抹茶ビール、日本茶焼酎)、自家製の干物、茶鍋、宇治抹茶蕎麦などのメニューを提供、もちろん、日本茶を使わないメニューも取りそろえています。

日本茶×干物 茶酒屋 Nendo
札幌市中央区南3条西2丁目6KT三条ビルB1


2019年01月15日(火) |  ぽたぽたいちご本店
2019年01月17日14時36分32秒更新

大きないちごが人気のいちご大福専門店「ぽたぽたいちご」が南1条西12丁目の市電通り店に続き、昨年12月、札幌駅近くに二号店となる本店がオープンしました。本店は19時まで営業なので、仕事帰りにも買うことができます。
いちご大福のいちごは苫小牧産、大福のもちとあんは道産のものを使って います。ずっしりと重いのが特徴。
いちご大福のはつぶあん、こしあん、チョコ、コーヒーなど7種類。本店ではいちごマシュマロなども販売しています。

ぽたぽたいちご本店
札幌中央区北7条西5丁目8-5 データビル 1F


2018年12月26日(水) |  松栄堂札幌店
2018年12月27日11時17分07秒更新

松栄堂は宝永2年(1705年)に創業した京都に本店をかまえるお香の専門店。
宗教用の薫香をはじめ、茶の湯の席で用いる香木や練香、お座敷用のお線香や匂い袋など約200種のお香があります。
いまのおすすめは季節の提案商品「季節の香り袋 梅」寒さの中でも凛と咲く、紅梅、白梅をかたどった香り袋です。
新年をお香の香りで迎えるのも日本のお正月らしくておすすめです。

松栄堂札幌店
札幌市中央区南8条西12丁目3-6


2018年12月25日(火) |  御菓子処みつや
2018年12月25日16時58分43秒更新

御菓子処みつやは1948年(昭和23年)に創業のお菓子屋さん。
和菓子の伝統を守りつつ、新しい菓子を作りつづけています。
創業当時からの人気商品「明月」や昔ながらの伝統的な和菓子、大福、おだんご、いろんな味のロールケーキも提供しています。
未来の四代目店主と記念にパチリ。

御菓子処みつや
札幌市清田区美しが丘4条7丁目1-15


2018年12月21日(金) |  麺や 豊吉
2018年12月21日17時35分52秒更新

豊吉は「身体と財布にやさしく」がモットーのラーメン屋さん。店名はお二人の名前から。
ラーメンは豊さんが高校時代に食べた学校近くのおやき屋さんのおばちゃんが作る醤油ラーメンを独学で再現したもの。
昔ながらのあっさりとした味になっています。
ラーメンはかけラーメン350円。小(麺少なめ)で450円。ラーメンはもともとワンコインで食べることができるごちそうだからとこの価格で提供しています。小といっても普通のラーメンと同じぐらいの量です。
ラーメンと同じぐらい人気なのがカレー。水をいっさい使わず木の実や野菜だけで丁寧につくったカレーです。辛さ控えめなので子どもでもおいしく食べることができますが、別に用意されている辛味オイルを入れるととても辛くなります。

麺や 豊吉
札幌市清田区清田五条3丁目5-19


2018年12月18日(火) |  連鶴作家 俊鶴さん
2018年12月19日13時25分13秒更新

俊鶴さんは北広島市在住の連鶴作家さん。
5歳の時にテレビで連鶴を見たのがはじめたきっかけで、それから約55年、鶴を折り続けています。
連鶴は1枚の紙に切り込みを入れて、多数の折鶴を完全に切り離さずにくっついた状態で折る折り紙の一種です。
連鶴をケースに入れディスプレイする形で作る作家さんは全国でも珍しいとのことです。

連鶴作家 俊鶴さん


2018年12月14日(金) |  登別石水亭
2018年12月14日18時33分02秒更新

★大森俊治の北海道応援お宝獲得大作戦★

登別石水亭山名湯とこだわりの料理が人気のホテルです。
貸切風呂、貸切岩盤浴もあるので気兼ねなくゆったり過ごせるのも魅力です。
海の幸を豪快に食べられる宿泊プランがおすすめ。
野口観光さんから「ペア宿泊券」を1名様にプレゼント。

今回もたくさんのご応募ありがとうございました。
これからもカーナビ中継はお得な情報や旬の話題をお伝えしますので、よろしくお願いいたします。

登別石水亭
登別市登別温泉町203−1


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [+10] >>

TOP(全件表示)