今月
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
cocouta@hbc.co.jp
携帯はこちら
携帯サイトQRコード

   表示:2021年09月(12件)
<< [1] [2] >>

2021年09月02日(木) |  8月28日OA♪石上久美子さん♪島津悦子さん
2021年09月02日18時44分16秒更新
8月最後の放送、ゲスト1組目は初登場!!南富良野町出身の石上久美子さん(^^)

実家のお父さま、お母さま、応援してくださるラジオの前の方へ呼びかけていた石上さん。地元の方…聴いてくださっていたらいいなぁ♡

今年35周年を迎えられた石上さん。3年半ぶりの新曲人生夢物語が7月14日に発売されています。

ペンネーム夜桜キララとして初めて作詞を担当しています。皆さんへの感謝の想いと、これまで歌と出逢って35年間歌ってこられたという想いが綴られています。

歌詞の中にある「ソーラン節の一節は母さん譲りの宝物」、「無口な父さん照れ笑い」と母と父が出てくるのですが、その母と父は石上さんのご両親のこと。石上さんが小さな頃から民謡やソーラン節を歌ってくれていたお母さまと、大工さんだった無口で照れ屋なお父さま(*^^*)

今回、発売されるまでお二人のことを書いたということは伝えていなかったようですが、周りの方から「母さんも父さんも出てたよ!」と教えられ、照れていたようです(笑)

カップリング2曲のうち1曲は、京都を舞台にした和束の里、そして地元南富良野のことが書かれたどこ?そこ?南富良野。どこ?そこ?南富良野の作詞は観光協会の方。当初、17番まであったそうですが…それをギュッと凝縮させ完成。作曲は、石上さんです♪

これを聴けば南富良野のことがよく分かります!!というくらい南富良野のことが細かく説明されています!道産子ならそうそう!と頷けるところがあるはず?!

石上さん、今度はスタジオでお話出来ます様に…ありがとうございました☆★ 
ゲスト2組目は島津悦子さん(^^)♪

4月から増えた新しいご家族、猫の“花ちゃん”のお話を伺いました♪島津さんご自身、実家の鹿児島にいる頃は高校を卒業するまで猫ちゃんと生活をしていたようです。約40年ぶりに猫ちゃんとの生活がスタート。これまでは犬や猫を飼っている方のお話を少し遠くで聞いていたそうですが、今は「うちの子がね!!(大きな声:笑)」となるそうです(笑)人懐っこく、初めて会った人にもスリスリ甘え、お医者さんからも「こんなに性格のいい猫ちゃんは珍しい!」とお墨付きをいただく程。そんな花ちゃんは、オフィシャルブログ“いっぺこっぺ”4/30の記事から登場!美人さんです♪ぜひご覧ください♪

8月4日に新曲夢一筋が発売されています。このジャケット写真、島津さんの後ろから眩しい光が射し込んでいるんです。人生の応援歌。自分を奮い立たせてくれる楽曲で、島津さん自身も詞をいただいた時に勇気づけられたようで、皆さまにも元気になって欲しい!という思いで発売。

デビュー34年目。これまでは毎日のように歌を歌う機会があったが、この状況で歌えなくなり、どこに自分の気持ちを置いたら良いのかが分からなくなり、普段は前向きな島津さんが「私って何なんだろう…」と落ち込むことがあったようですが、そんな時にこの詞をいただき元気になった!と島津さん。

MVの島津さんの笑顔と「夢一筋に〜」のあとに目の前に突き出す力強い握り拳でさらに勇気付けられます!!
MVの背景に使われている白・黒・オレンジの中でもビタミンカラ−のオレンジがとってもお似合いです(^^)♪

島津さんありがとうございました(*^^*)

奥田ゆか

2021年09月01日(水) |  21日OA♪羽山みずきさん ♪ニックニューサ田中収さん
2021年09月01日19時31分17秒更新
21日の放送ゲスト1組目は、“山形生まれの癒しのこぶし羽山みずきさん(^^)

冒頭のご挨拶で羽山さんの出身地、山形県の庄内弁で「すぷすぷでゅ〜」(湿気でジメジメするという意味)と言うところを、「すしてますか?」と言ってしまい、すぐ訂正が入りましたが、そこは羽山さん。「でもだいたいニュアンスは伝わったので大丈夫です」と優しくフォローしてくれました(涙)

この「でゅ〜」は「○○する」という、動詞ではない「でゅ〜」で、例えば…頭がいっぱいになることを「まぐまぐでゅ〜」というように使い、「でゅ〜」と「でゅ〜」を組み合わせ「本当、今日だばすぷすぷでゅ〜さげ頭まぐまぐでゅ〜の〜」となるのだとか。…難しい(笑)

YouTubeチャンネル、もっけだのチャンネルにて「庄内弁講座」と題して羽山みずき先生が優しく教えて下さっています♪ぜひ、受講してみてください(^^)

7月7に発売の新曲、わたし舟 のカップリングおめおめロックにその庄内弁が聴けるんです!!ロックで庄内弁が散りばめられています。

最初、ロックと聞いた時、「ロックは歌ったこともないし、庄内弁でもこれは無理なんじゃないかな(笑)」と思ったそうですが…「歌ってみると楽しく終われた」とお話していたように、歌詞にある「イェイ!イェイ!イェイ!」が特にその楽しさが伝わってきました(^^)普段のテンションとは違う羽山さんが垣間見られますよ♪

そして!表題曲のわたし舟は雰囲気が違います!女性の複雑な恋心がリアルに描かれていて、「感情が入りやすい曲」と羽山さん。情感たっぷりで迷っている気持ちが細やかに描写されていて情景が想像しやすいです。

今回は、レコーディング前にあえてレッスンはしなかったのだとか。不安要素はあったものの、“こういう曲です!”というイメージを決めつけ過ぎるとよくないよねという話になったためレッスンはせず、歌入れの際に決めていった方がいい!というお話になったそうですよ。感情のままに歌っているそうです(^^)

MVでの仕草や目線、そして歌声の艶っぽさもチェックしてください!

終始、羽山さんから癒しパワーが伝わる時間でした☆羽山さん、ありがとさまでした〜(*^^*)
ゲスト2組目は、初登場!ニックニューサ田中収さん☆★

1981年にサチコでデビューし、そこから今年で41年。この40年、41年は「振り返ればあっという間」とのことで、北海道には本当によくいらっしゃったそうですよ!エンペラーやクラブハイツなどのキャバレーには年に3、4回程出演されていたそうです!すすきのの馴染みのお店は…「グリーンビルにあったサチコやお祭り騒ぎ」だったようです!ニックさんから「グリーンビル」という言葉が出てきたことに親近感を覚えました(笑)

3年ぶりの新曲、そんなんじゃないが発売されています。

これまでの曲層の中で「飛び跳ねた曲になった!」とお話していました♪自然と体が動く楽曲です!

色っぽい歌声が曲調、メロディーに合っていて素敵です。

コロナ禍でなければ学園祭にも挑戦したい!とおっしゃっていました!ニックさん、今度はスタジオでお会い出来ます様に…ありがとうございました!!

奥田ゆか

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)