今月
2018年07月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
cocouta@hbc.co.jp
携帯はこちら
携帯サイトQRコード

   表示:全て(941件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [+10] >>

2019年12月21日(土) |  11月16日OA ♪水雲‐MIZMO‐
2019年12月21日12時30分22秒更新
11月16日のスタジオゲストは、本格派演歌ガールズグループ水雲‐mizmo‐(みずも)のNAOさんAKANEさんNEKOさんをお迎えしました(^^)♪

変わらずトークの息もピッタリで、天然のAKANEさんや調度良いタイミイグでボケる?NEKOさんに、すかさずツッコミを入れるNAOさんという構図が見事に出来上がっていました笑。

デビュー3年目となる水雲-mizmo-。お互いのことは良く知り尽くしている!ということで、普段はなかなか言えないお互いの“良いところ”を発表していただきました(ニヤニヤ)。

リーダーのNAOさん→NEKOさん:重い荷物を持ってくれるところ。これに対し、「重い荷物を運ぶのが好き」と言うNEKOさん。…や、優しい笑。

NEKOさん→NAOさん:決断力があるところ。これに対し、AKANEさんは悩むタイプのようでNAOさんが決めてくれるのだとか。

NEKOさん→AKANEさん:食いしん坊。どこからともなくお菓子が出てくるようで笑、手作りお菓子などをプレゼントしてくれるそうですよ♪それぞれの個性が光っていてとても可愛らしいですよね☆

7月17日に発売されている“泣いちゃえ渡り鳥”は、振りをNEKOさん、コーラスをNAOさんが担当しました!

両手を使った、鳥が羽ばたくような振りはタイトルの通り、鳥をイメージしたそうです。

今回は、「股旅もの」に「演歌」の楽曲。これにコーラスを付けることは難しく、悩んだそうで、師匠の水森英夫先生に相談して“こぶし”“うなり”を活かして引き立てるコーラスにしたそうです(^^)

「ブレス(息)を思い切りして勢い良く歌う」のがポイントとAKANEさん。「泣いちゃおうかな〜♪」が特に耳に残る“泣いちゃえ渡り鳥”



振りも覚えて歌うとより楽しめます♪各地でライブツアーを開催している水雲-mizmo-。来年はぜひ、北海道でも開催してくださいネ!

奥田ゆか

2019年12月17日(火) |  11月9日OA ♪松前ひろ子さん
2019年12月16日20時17分45秒更新
9日のゲストは知内町出身松前ひろ子さん(^^)4月にご出演いただいた際に「10日間ブラジルに行ってきます!」とお話していました。やはり、移動は時間がかかって大変だったそうですが、とても充実した時間を過ごすことができたようで、その時のお話をされている松前さんの笑顔が印象的でした☆

歌手人生50周年記念曲第2弾夫婦鶴(9/25)が発売されています。この曲は、従兄妹である北島三郎さんが全面プロデュースの曲。「今度は私にも書いて」と松前さんからお願いをして実現した今作ですが、実は…最初は断られていたのだとか。2回目でOKを貰えたそうですよ(*^^)歌詞は3回書き直し、歌の吹込みの時まで修正を繰り返していたそうです。

北島三郎さんはレコーディングにも立ち会い、歌い方の指導もされたのだとか。弟子の期間が長かったため、北島さんの言っていることがスグに分かるため、あっという間に完成した作品なのだそうです!!

松前さんが歌手になるきっかけをくれたのも、ご主人との結婚のきっかけをくれたのも北島三郎さん。8月に亡くなられた、ご主人であり作曲家の中村典正さんと松前さんをよく知る北島三郎さんだからこそ作ることが出来た今作。優しくあたたかい夫婦像が描かれています。

この曲が出来上がったときにご主人が褒めてくれたそうで「遅咲きでも花は咲くよ、頑張れ」と言ってくれたのだとか。「いい報告が出来たら」と松前さん。中村さん松前さんご夫婦の、そして北島三郎さんの想いを乗せて大きく羽ばたきますように…

奥田ゆか

2019年12月17日(火) |  11月 2日OA ♪内記章さん ♪松川未樹さん(пj
2019年12月16日19時58分07秒更新
11月2日のスタジオゲストは、月初めといえばこの方!オフィスナイキ代表内記章さん

最近私たちが密かに行っている“CDジャケットのポーズを真似しよう”ポーズ。

今回は、内記さんオススメの1曲、藤原浩さん北の駅舎(えき)のポーズ(内記さん)と、前作北のさすらいポーズ(奥田)。

この2作を聴き比べ「前作との連動性を感じる」と内記さん。今回は女うたで前作は男うた。1組のカップルの歌なのでは?と推測していました。女性像がよく浮かぶ藤原さんの歌声・歌い方で、切ない歌なのにさわやかな楽曲です。

真相は藤原さんご本人に聞いてみますネ!  
続いて電話を繋いだのは松川未樹さん(^^)6月にもご出演いただきました♪

発売されている祭りだ和っしょいを、第28回YOSAKOIソーラン祭りのファイナルステージで160人の踊り子のみなさんと共に歌声&踊りを披露されました!

「今年の夏はイイ夏を過ごせました♪」と、松川さんの笑顔がこぼれているのが声からも伝わってきました(^^*)

各地のキャンペーンも踊り子の学生さん達と回り、絆がより深まったそうです。来年の夏も札幌に来ていただき近くでステージを見られたら嬉しいなぁ・・・。

歌は、振りと合わせて覚えるとより楽しめますよ♪YouTubeで見られます♪

奥田ゆか

2019年12月13日(金) |  10月26日OA ♪氷川きよしさん
2019年12月13日17時08分15秒更新
10月26日のゲストは、4年ぶりのご出演!氷川きよしさん(^^)★☆彡

4年ぶりということをお伝えすると、「随分空きましたね、姉さん!」と冒頭から(本番前からエンジン全開でたくさんお話してくださっていました!笑)パワフルな氷川さん♪

今回はその写真がないのですが…4年前のご出演時同様、今回も隣同士仲良く並んで収録させていただきました!(ラジオじゃ伝わらない!笑)

今年、歌手生活20周年という記念の年を迎えられている氷川さん。その記念コンサートが全国各地で開催されています。

去年は北海道公演がなく、今回2年ぶりの北海道公演が10月に開催され(北見→札幌→旭川)、私も鑑賞させていただき大興奮!

喜びや哀しみ、憂いなど人間のすべての感情が表現・体現されていて、圧巻のステージ、エンターテイナーショーでした☆★歌のジャンルも演歌、ポップス、シャンソンと様々で、歌声・衣装・ステージセット・パフォーマンスで氷川きよしさんの魅力が詰まったあっっという間の2時間30分!!!!(まだ思い出して興奮できる)

「歌っていくことが、歌い続けることが自分の使命だと思っている」とキラキラした大きな瞳でお話してくださいました。

10月22日には、“新・演歌名曲コレクション10.‐龍翔鳳舞‐”が発売されています。

私は、特に10曲目のかなしみのマーメイド が好きで、26日の放送でもこの曲をかけさせていただきました(^^*)

お休みの日でも「常に動いていないと落ち着かない」という」氷川さん。休みの日も予定を入れて動いているそうで、その中でもお気に入り“出没スポット”とお話しいていたのが“鎌倉”。気持ちが切り替えられる場所なのだとか。更には、そこで出来たお友達と交流そするのだとか!!(驚)そのお友達が「写真を撮らないでください」など、自然と氷川さんを守ってくれるのだとか!素晴らしい連携♪

「今年が一番達成感。これだよね!自分しか出来ないことをしていきたい。」アルバム2曲目に収録されている“それぞれの花のように”のように「1人1人が尊重され、輝ける時代にしたい」とおっしゃっていました(^^)

というのも…氷川さん自身、これまで「演歌歌手なのにそんな衣装着て…ロック歌って…」などと言われてきたのだとか。結果的にこれが自分の苦しみだったんだと思ったそうで、そのカテゴライズを外すには違うジャンルでイメージを変え、自分の気持ちが入っているもの、素直に表現できるものを表現して良いんだ!!と、考え方が広がったそうです♪

ファンを想い、ファンのために、これからも走り続ける氷川さんを応援していきます★☆彡

奥田ゆか

2019年12月09日(月) |  10月19日OA ♪みずき舞さん
2019年12月09日19時09分03秒更新
10月19日は、スタジオにみずき舞さんをお迎えしました(^^)みずきさんのご主人と言えば…元プロレスラーの小橋建太さん!今年、結婚9周年だったのですが、今年「も?!」反省することになったそうで…笑。詳しくは、みずきさんのオフィシャルブログ「‐My‐舞ログ」10月2日の記事をご確認ください!

お二人の4歳のお子さんは、ママがお仕事に行く時「お仕事頑張って!私も頑張るから!」と力強く送り出してくれるのだとか!甘える部分もあるけれど、とてもしっかりしているお子さんのようです(^^*)

5月15日には、雪に咲くが発売されています!

“母”がテーマとなっているこの曲は、母を亡くした主人公が水仙の花を見て勇気付けられるというもの。とても前向きな歌です!主人公は、北国の人のイメージ。歌詞にある「明日こそ雪に咲く」の部分は、“強さ”を意識して歌うと良いそうですよ♪みずきさん、また北海道にいらしてください!

奥田ゆか

2019年11月26日(火) |  10月12日OA ♪永井みゆきさん
2019年11月26日19時45分16秒更新
10月12日放送、ゲストは永井みゆきさん(^^)永井さんとお会いすると、ほんわかふんわり優しいお声と笑顔で、ほっこりとした空気になります♪

1992年に大阪すずめでデビューし、2017年に歌手生活丸25年を迎えています。演歌歌手としてデビューする前、一番最初のお仕事はなんと、“お天気おねえさん”!!しかも、“歌う”お天気おねえさんでした。これは、“演歌に合わせて次の日の天気を紹介する”というもので、その当時勉強していた坂本冬美さんなどの方の曲に合わせていたのだとか。…斬新!!この他にも、アニメを歌ったり、SMAPとコントに挑戦したりと歌手のお仕事以外にも色々なことされていたんです☆

その中で、「やっぱり演歌だな」と思ったのは、川中美幸さんの“ふたり酒”を4歳の時に歌い、こぶしを回す楽しさ気持ちよさを知ったからなのだとか。

6月19日に発売されているおんな泣き港の主人公の女性は、別れた男性を船に乗って追いかけます。1番では、大分県の別府、2番では兵庫県の明石、3番では千葉県の館山へ…それでもまだ会えません。

永井さんは歌いながら「これからどこへ行くんだろう?」と想像していて、まだ会えていないから続きがあるんじゃないか、おんな泣き港PART2が出てくる?と考えながら歌っているそうです(^^)

歌い出しと最後の「おんな泣き港〜♪」では“うなり節”に初挑戦しています!ここもポイントとのことですよ♪

奥田ゆか

2019年11月26日(火) |  10月5日OA ♪内記章さん
2019年11月26日20時09分17秒更新
10月5日放送から午後6時からの放送となりました!(今更)改めまして宜しくお願い致します(^^)

月初めと言えばこの方の登場!オフィスナイキ代表で音楽ジャーナリストの内記章さん

内記さんの今月のオススメの1曲は、9月25日に発売されている松前ひろ子さん歌手生活50周年記念曲の第2弾夫婦鶴

従兄妹である、北島三郎さんがプロデュースのこの曲は、歌詞を何回か書き換え今年1月に完成したものなのだとか。北島三郎さんは「お前たちみたいな素晴らしい夫婦を書いた歌だ」と声をかけたそうです(^^*)

8月には、ご主人であり、作曲家の中村典正(なかむら・てんしょう)さんがお亡くなりになりましたが、この楽曲を聴いて「いい曲ができた」と喜ばれていたそうです。夫婦の絆、愛が歌われている夫婦鶴。今度はどこへ羽ばたいていくのでしょうか(*^^)

※ちなみに写真の私たちは、ジャケット写真の松前さんの表情を真似している画です。

奥田ゆか

2019年11月26日(火) |  9月28日OA 日和義貴♪水田かおりさん
2019年11月26日18時00分34秒更新
9月28日のゲスト1組目は、小樽出身の日和義貴さん!・・・改め、“義貴”さん!今回の新曲発売の日からお名前を変えられたんです!!

10月23日発売の海鳥兄弟は、イントロからバリトンサックスの音色が響き、力強くてカッコ良い楽曲です。個人的には、タイトルだけで勝手に想像していたCDのジャケット写真のイメージ(港や海など背景にした青空バック)とは違うギャップも良いなと思いました。

この曲の掛け声や振付、当初はあったそうですが、「応援してくれる人から自然と出てくるものだから」と、決めるのをやめたのだとか。これからみんなで形にしていくそうですよ♪

10月16日〜23日は、江差追分のブラジル支部が30周年という記念の年で、招待されたためブラジルへ行くと言っていた義貴さん。今度お会いする時はそのお話も聞きましょう!
続いて2組目は、水田(みた)かおりさんをお迎えしました!!初めましてではありましたが、とっても明るく元気な水田さんとお話ししていると、何回もお会いしているような錯覚に陥ります笑。

水田さんの趣味はアマチュア無線。東日本大震災がきっかけで資格を取得されたのだとか。ただ、女性の資格保有者は全体の3%しかおらず、その魅力を伝えよう!ということで、水田さんは広報大使もされています。

6月5日に女春秋夢しぐれが発売されています。この曲は、ワンコーラス完結で主人公が3人出てくるというユニークな作品。主人公のどの女性も共通して言えるのは、相手を想う一途な気持ち。“内助の功”を歌った作品です。

それぞれ性格の違う女性の気持ちを思い浮かべながら歌ってみてくださいネ☆ 奥田ゆか

2019年11月25日(月) |  9月21日OA ♪男石宣隆さん ♪チェウニさん
2019年11月25日19時59分18秒更新
9月21日のスタジオゲストは、初登場!男石宣隆(おいしのぶたか)さん!

珍しいこのお名前は本名です!!

兵庫県出身、2016年にメジャーデビューされました。

レーザーディスクの時代、カラオケ映像にご出演経験があるんです!その中でもよーーく覚えているのが、広い公園で“恋人が乗る自転車をひたすら押し、走り続ける”というもの。男石さんは「永遠に」という言葉を使っていたので、監督からしばらくOKが出なかったのでしょう…笑。

6月19日発売の新曲閨の月影(ねやのつきかげ)は、「やみ」や「やね」と間違えられることが多いそうですが“ねや”です!!

平安時代の源氏物語がテーマになっています。使われている楽器もとても心地よく、歌の世界に引き込まれていきますよ。

演歌と歌謡曲の間の路線を行きたい、でも和のテイストを聴かせたいということで、楽器には“琵琶”が使われています。

ポイントは、「朝に昼に夜に月に」という歌詞、感情を入れて歌うと良いそうです!
続いては、チェウニさんをお迎えしました(^^)8歳の時に地元韓国でデビュー。日本デビュー20周年を迎えられています!!(拍手)

初ステージのことは覚えておらず、いつの間にかステージで歌っていたそうです!(お母様も芸能活動をしていたのでその環境が普通のことだったのだとか。)

8月21日には歌手生活20周年記念曲第2弾(えき)が発売されています!

タイトルにこの“驛”を使ったのは、幸の文字が入っていて、「人生は苦しい事も悲しい事もあるけれど、その中には幸せな事もあったでしょう?」という感動のラブストーリーです♡

「気持ちを入れ過ぎず、メロディーに声だけを乗せて歌った」とチェウニさん。絶望ではなく、生きる力が出てきたら良いなという想いが込められています。

奥田ゆか

2019年11月25日(月) |  9月14日OA ♪知里さん
2019年11月25日19時12分31秒更新
9月14日のスタジオゲストは知里さん☆★

ご覧ください、この柄々の私たちの服を…たまたま同じような服を着ていました♪笑

7月3日に発売されている新曲華ロックのジャケット写真・衣装も賑やかなんです♪

サラシ調の白装束に、打ち掛けを法被に作り替えたもの。

タイトルにロックと付いていますが、ロックの素材を活かしたおまつり演歌です!知里さんは、元々演歌歌手ではありません。王道ではない、明るくノリノリの「ニュー演歌」というジャンルを確立しています。

うなりも入っていますよ!カラオケで歌って踊ってください♪

奥田ゆか

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [+10] >>

TOP(全件表示)