今月
2019年04月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
cocouta@hbc.co.jp
携帯はこちら
携帯サイトQRコード

   
<< [1] >>

2019年04月03日(水) |  30日OA ♪門松みゆきさん ♪牧村三枝子さん
2019年04月03日15時50分21秒更新
30日はファイターズの試合放送のため、20時〜の放送でした!

スタジオゲストは、2月27日にみちのく望郷歌でデビュー、門松みゆきさん!!

2歳の時に演歌に目覚め(北島三郎さんのステージを4時間おとなしく観劇していたそうです!!)、演歌が好きに。小学生の頃から歌手を目指しその後上京。約10年の修行期間を経て今回デビューされました。

修行期間、頑張る気持ちを支えていたもの、それは家族の想い、師匠、師匠の奥様、応援してくれるファンの方…と、“歌手になることが自分だけの夢ではなくなった”ということなのだそうです(^^)

デビュー曲、みちのく望郷歌はオリコン演歌歌謡曲ウィークリーランキング初登場第7位、2月26日付け オリコン演歌歌謡曲 デイリーランキング初登場第3位!!!!と、デビュー曲がTOP10内にランクインです!

体の底から沸き上がるような“歌力”が印象的な門松みゆきさん。北海道でもその歌声を響かせてください!!ありがとうございました。
2人目は、美唄出身牧村三枝子さんをお迎えしました(*^^*)幼い頃、長屋に住んでいた牧村さんは、「いつか両親に一軒家を建ててあげたい」という気持ちがあったそうで、雑誌に掲載されていた“スターマイホーム訪問”というコーナーページを見て、「家を建てるには東京に行くしかない!」と思っていたのだとか。

東京に行って歌手になる!と決めたのが小学6年生の頃、中学を卒業したら東京に行こうと決意。「東京に行けば歌手になれると思っていた」と当時を振り返ります。

デビュー曲“少女は大人になりました”が大ヒット!その後は苦労の日々が続きます。そんな中、移籍したレコード会社の先輩、渡哲也さんと出逢います。

渡さんの“みちづれ”に聴き惚れ、「この曲を歌わせてください!」とご本人に直談判。「今考えると凄いことをした」と笑っていらっしゃいましたが、当時はどうしてもこの曲を歌いたかったそうです。

渡さんからの了承を得て、念願叶い牧村さんが歌えることに!!が、牧村さんが歌えば歌うほど渡さんの“みちづれ”が売れてしまっていたのだとか・・・。(涙)それを聞いた渡さんは、それ以降 みちづれ を歌うことはなかったのだそうです。(涙)渡哲也さんのお話をしているととっても嬉しそうな牧村さん 笑。

歌一輪は、牧村さん自身を歌っている様な作品です。「結婚式に娘をお嫁に出すお父さんに歌ってほしい」とのことでしたよ♪

奥田ゆか

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)