今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
cocouta@hbc.co.jp
携帯はこちら
携帯サイトQRコード

   表示:2020年12月(11件)
<< [1] [2] >>

2020年12月29日(火) |  2020年納めました。
2020年12月28日18時02分35秒更新
2020年12月28日で仕事を納めました。

今年はスタジオでお顔を見てお話出来るゲストの方が少なかったですが、それでも歌手の方の元気な声を聴くことができて、歌を聴けてたくさん救われました。

そして、なかなかいただいたすべてをご紹介できる時間がない中、ハガキやメールで励ましの言葉やリクエスト、熱いメッセージをありがとうございました!

2012年12月28日はトピッカーを卒業した日。

これらの写真はその日のもの。(2枚目は最後の「ヤッホーーーーー!!!!」を叫んでいる時かな?)

毎年12月28日が来ると「〇年前の今日はトピッカー最後の日だったなぁー」と思い出します。

それと同時に、ここうたを担当させていただくようになってこの秋で丸8年、9年目。この間、番組だけでなくイベントで共演させていただく歌手の方や、吉幾三さんには番組のテーマ曲まで制作していただき、本当に凄く濃い年月だなーとしみじみ感じています。

あ、辞めないですよ?笑。振り返っていたらしみじみしてしまった…というお話でした。チャンチャン♪

これからも聴いてくださる(北海道以外の方も多くてビックリ!!radiko凄い☆)リスナーさんと一緒に演歌・歌謡曲を、音楽を!!たーっぷり楽しみたいです(*^^*)♪

今年も1年本当にありがとうございました☆★2021年も宜しくお願い致します!2021年最初の放送は、1月2日(土)18:30〜(いつも通り!!笑) 良いお年をお迎えください⁂

奥田ゆか

2020年12月28日(月) |  26日OA♪門倉有希さん(電話) ♪2020年未公開音源
2020年12月28日17時32分25秒更新
年内最後の放送、26日のここうたゲストは門倉有希さんにお電話で出演いただきました(^^)♪約5年ぶりのご出演でした!!

12月1日にはお誕生日を迎えられた門倉さん。お母さんや飼っているネコちゃん達と過ごしたそうですが…その時にお肉デビューをしました!

これまでは一切口にしていなかったのだそうですが、ある時連れて行かれたレストランで「うちの肉は脂っこくなくて食べられるから食べてみて!」と言われ、渋々食べてみると…食べられたのだとか!!ご自身もビックリの出来事(笑)そこから、さっぱりしている生姜焼きなどのお肉料理を少しずつ食べているのだそうですよ(*^^*)

そしてもう1つデビューしたもの…それは“地下鉄”。今回の新曲のタイトルがメトロということもあり、恐らく人生初の地下鉄に乗ったそうで…チャージの仕方を教えてもらい、色々な方が乗っているんだなぁと人間観察をするようになり、驚きの連続で楽しかったそうですよ!

新曲メトロは、作詞:荒木とよひさ先生、作曲浜圭介先生のゴールデンコンビ☆★そんな作曲の浜先生と門倉さんとは約20年ぶりの共演。指導にも段々と熱が入っていったようで、最初は「有希、こうだよ〜」だったのが物差しを持ってきてリズムを取りながら「そうじゃない!・・・」とエンジンがかかったのだとか(笑)普段はとっても優しい先生ですが、歌となると厳しいですと門倉さん。

地下鉄を人生にかけ、「途中下車する駅はない。いつかきっといいことはあるから前を向いて歩いて欲しい」という人生の応援歌です。

2020年は“お肉デビュー”“地下鉄デビュー”を果たした門倉さんでした☆門倉さんありがとうございました!!

2020年に出演いただいたゲストの方は延べ75組☆★ありがとうございます!!

本当は放送したかった!でも話が盛り上がり過ぎて放送する時間がないからカットしました・・・(つд⊂)といった方々のインタビュー音源の中から、中澤卓也さん松原健之さん小橋亜樹さん3組の未公開音源をお送りしました!いかがでしたか?(*^^*)

編集をしながら何度も笑うディレクターと、収録をしながら音源を聴き、「こんなこと話してたなぁ」と思い出して笑う私。

亜樹さんは、鼻歌が出来たらまたここうたに来てくれるということなので、それも楽しみにしています(・∀・)ニヤニヤ

お聴きいただけた方もまだ!という方もradikoでどうぞ♪

奥田ゆか

2020年12月28日(月) |  また・・・☆★
2020年12月28日15時44分11秒更新
宝物がまた増えた(^^)✨

成長を感じる( ノД`)ジーン♡

奥田ゆか

2020年12月25日(金) |  26日OA♪門倉有希さん(電話) ♪2020年未公開音源
2020年12月23日18時59分05秒更新
26日放送ゲストは門倉有希さんにお電話で出演いただきます(^^)♪

さらに!!2020年未公開音源大公開☆★

2020年は全75組のゲストの方に出演いただきました!!(ありがとうございます!)その中からどなたの未公開音源が放送になるのか?!ふふ

お楽しみに(^^)☆★

奥田ゆか

2020年12月23日(水) |  2020Christmas☆★
2020年12月21日19時38分37秒更新
明日はChristmaseve🎄

姪と甥へのプレゼントは準備万端(^^)♪早く渡したいな〜♪

貰う方と同じくらい楽しみにしているあげる方(・∀・)

奥田ゆか

2020年12月21日(月) |  19日OA♪水雲-MIZMO- ♪こおり健太さん(共に電話)
2020年12月21日19時13分45秒更新
19日の放送、ゲスト1組目は、HBCラジオ12月の推薦曲にもなっている本格派演歌ガールズグループ水雲-MIZMO-NAOさんAKANEさんNEKOさんにお電話で出演いただきました!

このコロナ禍でなかなか3人で集まることができなかったそうですが、こんな状況の中でも3人で出来ることは何かないかと話し合い、それぞれの家で歌った声を3つ重ね、そこにAKANEさんが作ったアニメーションを加えたカバー曲をYouTubeにアップしていました♪・・・というように、連絡は密に取り合っていたようでより結束力が高まっているようです(^^)♪

NAOさんは、得意のピアノなどの楽器演奏を「今がチャンス!」と思い練習し、AKANEさんは得意のイラストを描き、動く水雲-MIZMO-を表現。NEKOさんは、地元アメリカにいたときによく使用していたため、機械に強い?ようでYouTube作品の編集を担当したそうです。

メジャーデビュー4作目にして、これまでで一番演歌色が強い曲となった松竹梅は、コーラスアレンジは今回もNAOさん。演歌とコーラスは結び付かず、演歌色が強くなればなるほど難しく悩んだそうです。

そして、振り付けは今回もNEKOさん。“松”“竹”“梅”それぞれのいイメージを取り入れたいと思い作ったそうです♪お辞儀をする部分には、「水雲の演歌は、世界の皆さんにお届けしたい!という思いと、お辞儀をする日本の文化を大事にしたいと思った」、指先の動きは、「手を開いているような動きで松、指を立て竹を現し、指をつまんでいるような動きで梅の花という指先の動きで“松竹梅”を表現したそうです♪(素敵☆)

オペホールで撮影されているスケールの大きなMVも要チェックです!!!!

NAOさんAKANEさんNEKOさんありがとうございました!今度はスタジオでお話しましょう(*^^*)    
続いて2組目のゲストは、約2年半ぶりのご出演!こおり健太さんにお電話でお話を伺いました !

この夏にずんだくんというワンちゃんを迎え、溺愛している様子☆12月3日で1歳のお誕生日を迎えたそうです♪実は、インタビュー中にこおりさんの横にいたそうですが、とってもおとなしくて声は聞こえませんでした🐶ずんだくんの詳細はこおりさんのブログで確認してくださいネ♪

9月13日に13枚目のシングル冬椿が発売されています♪こおりさんと言えば!の泣き節が堪能できる1曲です。

前作、恋瀬川と同じ作詞坂口照幸先生、作曲田将実先生の作品。「花はどこか健気に咲いているようでも、頑張っているところがある。春の花である椿も、雪にかぶり冷たいところで咲いていながら、暖かい春へと命を伸ばしていくという花」とこおりさん。

歌の世界自体も寂しいというよりも明日を生きていこう!という前向きな女性。これまでのこおりさんの作品で歌われている「不幸でどん底に落ちている」という女性像ではないんです。

先月、内記さんオススメの1曲としてご紹介した全曲集。その中からお送りした冬椿のMVに出てきた、“白い建物や壁と、衣装の深い赤”が、曲の内容とリンクしているのか?!という疑問をご本人にぶつけてみました!!

・・・が!こおりさん自身も初めて知った?!そうで、分からないそうです( ゚Д゚)・・・「みなさんに答えを見つけていただきたいです(笑)」ということで、答えは出ませんでした!!(笑)こんな風にお話が広がる作品。あなたはどのように感じましたか?

こおりさん!今回も楽しいお話をありがとうございました(*^^*)今度はスタジオでお話出来ますように…☆

奥田ゆか

2020年12月15日(火) |  小林幸子さんから・・・☆
2020年12月14日18時18分23秒更新
12日放送のゲスト、小林幸子さんから直筆メッセージと可愛いタオルハンカチをいただきました嬉♪

ありがとうございます(*^^*)

  

奥田ゆか

2020年12月14日(月) |  12月12日OA♪岩佐美咲さん ♪小林幸子さん(пj
2020年12月14日19時10分00秒更新
12日の放送、ゲスト1組目は、元AKB48岩佐美咲さん(^^)お電話を繋ぎました!

はじめまして!ではありましたが、言ってみたかった「こんばんわさみん♪」でご挨拶。「嬉しいです!」と言っていただけてホッ…

デビュー当時(13歳)から言っているそうですが、ファンの方にはなかなか使ってもらえないそうで、寂しそうでしたよ(笑)使っていきましょー!

2016年にAKB48を卒業し、そこから演歌一本に絞って4年目。演歌との出逢いは、一緒に住んでいた演歌が大好きな祖父母の影響。そして、演歌歌手としてのデビューのきっかけは、AKB48の中でのカラオケ大会。そこで演歌を歌い優勝☆プロデューサーの秋元康さんから「演歌を歌ってみないか?」と声をかけられたことがきっかけなのだとか!

元々は、アイドル志望というよりも、“歌手になりたいな♪”という想いがあったのだとか。この他にも大好きなアニメ関係のお仕事にも興味があったようで、声優さんのお仕事に憧れもあり、現在アニメーションのキャラクターの声を担当していてとっても嬉しい♪とお話されていました(^^)

10月21日には右手と左手のブルース【特別盤】が発売中!

この曲は、何と言ってもまずインパクト大なタイトル。歌詞の世界感も切ない歌謡曲のメロディーにピッタリ。サビの歌詞の「あなたは右手で私を抱きしめ左手で絶対家庭を守ろうとするのね」の歌詞や、他どこを切り取っても1つ1の状況が浮かぶようです。

歌の主人公を想像した時に、実は同世代で、「恋愛経験が少ないが故にのめり込んでしまう」というような女性なのではないかな?と岩佐さんは考えているようです。

振り付けは、歌詞にあった振り付けで、サビの部分はマイクを持ち換えて歌っているんです!ロケ地の浅草の風景などと合わせてMVもご覧ください♪

今度はお会いできます様に…岩佐美咲さんありがとうございました(*^^*)

続いて、2組目は“ラスボス”の愛称でも親しまれています♪小林幸子さん(^^)☆★こちらもお電話を繋ぎました!

芸能生活57年目を迎えられていまして、ここ最近では映画“瞽女GOZE”に占い師役で出演されたり、西武vsオリックス戦では始球式に登場するも球は投げずに疫病退散を祈ったり、YouTube“さっちゃんねる”では、瑛人さんの香水やMISAさんのEverythingなどの“歌ってみた”が話題になっています♪「どうしてもこぶしがまわっちゃう」そうです(笑)

その中で特にビッグニュースというと…ロックバンドSOPHIAの松岡充さんとのユニット“シロクマ”結成!!

結成のきっかけは、ここ数年ニコニコ動画主催のイベント。共演経験があり、去年2人で歌った“存在証明”を披露しお客様からの反応も良く…その後小林さんから松岡さんへラブコール。今回のユニット結成&新曲制作へと進んでいくのです。

楽曲制作にあたり、松岡さんから小林さんに事前取材があったそうで…「これまでの芸能生活・人生の中での悔しかったことや嬉しかったことを教えてください」と聞かれているうちに…本来は心の扉を1、2枚程開けるところを「松岡マジックで結果的に全部開けてしまった(笑)」そうです。

その取材の中で、「自分の人生をオセロゲームに例えたら、白を黒に変えられたらまた白に戻せばいいのよ」という話をしていたそうで、それが歌詞になって曲を聴いて号泣したのだとか。このしろくろましろは、2ヶ月ほどで曲が完成!となったそうです。(凄)

しろくろましろには「今のこの大変な状況の中で、背中を押すことが出来れば…」というお2人の想いが込められています。

シロクマに扮したMVにも注目!最後の最後までご覧ください!初挑戦のラップは「どこで息継ぎしたらいいか分からなかった(笑)」そうです(笑)

シロクマのお二人の今後の動向にも注目しましょう!

小林幸子さんありがとうございました(^^)

奥田ゆか

2020年12月11日(金) |  12日OAゲストは・・・?!
2020年12月09日18時29分05秒更新
元AKB48岩佐美咲さん小林幸子さんがご登場☆★

お二人ともたーーーーっぷりお話いただいています♪

放送はいつも通り、18:30〜!!

お楽しみに(^^)♪

奥田ゆか

2020年12月10日(木) |  12月5日OA♪内記章さん ♪花咲ゆき美さん(пj
2020年12月08日15時41分51秒更新
12月最初の放送、スタジオには内記章さんをお迎えしました☆

札幌在住の歌手で今年5月に泥酔い酒でデビューした戸子台ふみやさんとお会いした時のお話をしてくれました!

「今度東京へ行ってプロモーションに行くんです!」というお話を聞いていたそうで…それが、現在発売中のカラオケ情報誌、“カラオケファン”“歌の手帖”に掲載されています♪要チェック!

北海道出身ということもあり、より応援したくなる歌手の方の1人で、人柄にも惚れ込んでいる様子でした。

そして!12月の内記さんオススメの1曲は…松尾雄史さんの新曲流れ舟

松尾さんの歌い方の特徴でもある力強い巻き舌も聴けます。

来年はデビュー10年目で今回の新曲が10枚目のシングル、そして30歳を迎えるということで「来年はメモリアルなことが重なるので、意味のある1曲」と内記さん。注目の若手歌手の1人として期待している様でした♪

松尾雄史さんのインタビュー収録が近々あります!質問や応援メッセージお待ちしています☆

毎月最初の週にご出演の内記さん。5日の放送が年内最後のご出演でした。内記さん!今年も1年ありがとうございました☆2021年も宜しくお願い致します(^^)

ゲスト2組目は、花咲ゆき美さんにお電話を繋ぎました♪

約6年ぶりのご出演!髪をバッッサリ20cmもカットした花咲さん。突然切ると周りがビックリするかと思い、2段階に分けて切ったのだとか。事前にYouTubeの生配信でショートカットにしたいけど、どう思いますか?と聞いてみたところ…切った方がいいよという意見が30人程、切っちゃダメという意見が2、3人だったそうです。 

今回、髪を切ったのは、いつも失恋した哀しい気持ちの女性の作品を歌うことが多く、その気持ちを“歌うときだけでなく、何か別のことで表現出来ないかなー”と考え、“失恋=髪を切る”と考えてのことなのだとか。役作りをされる気持ちがが女優さんのようですね(^^)

その新曲、雪窓は、吐息という名の歌声が堪能できる1曲。

出だしの語り部分は、歌うというよりも、普段、お話しているように語って欲しいという先生からのアドバイス・だったそうです。

サビの部分の高音のあとの余韻が耳に残り、とても印象的な部分です。

3番の最後の「雪窓〜」が他の「雪窓」よりも長く歌っているんです!ですが!!実は、本当はもっと長く歌いたかったけれどギターの音の邪魔になってはいけないと思い、「この辺で切っておこうと思って切っているんです♪」とのこと。凄い…歌うときはそれぞれの気持ちで、ロングトーンで歌うも良し!だそうです♪

花咲さんありがとうございました!今度は6年と言わずお会い出来たら嬉しいです…☆

奥田ゆか

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)