今月
2018年03月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
       
アーカイブ
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2018年03月23日(1件)
<< [1] >>

2018年03月23日(金) |  ”北海道のおいしい”を支えているのは?
2018年03月21日15時32分27秒更新
森 結有花

私達、北海道民の周りにはお米も野菜もお肉も、
おいしいものが溢れています。

にもかかわらず、スーパーに行くと初めて聞く品種の野菜に出会ったり、いつも食べているパンのパッケージに【さらにおいしくなりました!】と書かれていたり。

そう、
”北海道のおいしい”は日々進化しているんです!

今週のあぐり王国は、
北海道の農業を牽引する
【農研機構北海道農業研究センター芽室拠点】に注目しました!

私達がまず最初に見たのは、
トラクターが雪の上をゆっくりと移動する様子。

実はこの作業、
農家の仕事やかかるコストを減らすための大事な研修なんです。

続いてはこちらの種!

実はジャガイモの種なんです。

こちらではよりおいしいジャガイモを作るべく、品種改良が行われているんです。

何度も改良を重ね、種が完成するまでに10年。

やっとの思いで完成した種が種イモ農家に行き、種イモがジャガイモ農家へ行き……
商品化されるまでにかかる時間はなんと!!!
一同驚愕でした!!!

さらにまだ開発中の小麦を使ったパンやパスタをいただきました。

おいしかったーーー!!!!
すでに北海道の小麦を使った食品はおいしいものがたくさんあるのに・・・。

北海道の農業に限界はありません!

研究員の方々の本当に本当に根気強い研究の日々が、
私達の食卓を支えているのです。

放送は
3月24日午後5時からです。
ぜひご覧ください♪

*おまけ*

研究は細かい作業もたくさんあります。
リーダーが見つめる先にあるのは!?


<< [1] >>

TOP(全件表示)