NEWS1

キャスター日記“ここだけの話”



アーカイブ
羽二生キャスター(158)
加藤キャスター(130)
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
関連リンク
HBC News-i
HBC Weather
携帯はこちら
   表示:2011年08月(16件)
<<
2011年08月31日(水) | “超人”たちの誤算
2011年08月26日(金) | 口の周りは災いだらけ…
2011年08月25日(木) | より速く、より高く、より遠くへ!
2011年08月24日(水) | お盆のせい?
2011年08月24日(水) | 芸能界引退
2011年08月24日(水) | 『バカ発見器』

[+10] >>

2011年08月31日(水) |  “超人”たちの誤算
2011年09月01日14時49分44秒更新
羽二生渉
 連日、熱戦が繰り広げられる世界陸上。ハンマー投げの室伏選手の金メダルに、北海道出身の福島千里選手の初の100メートル準決勝進出など、日本にとって嬉しいニュースも飛び込んできています。

 しかし、大会全体を見ると“超人”と注目されていた選手達の誤算が続いています。

 27日、男子棒高跳びのスティーブン・フッカー選手が3回連続の失敗
 28日、ウサイン・ボルト選手が100メートルでフライングの失格。
 29日、男子110メートルハードルの優勝候補ダイロン・ロブレス選手 
      が進路妨害で金メダル剥奪。
 30日、女子棒高跳びの世界記録保持者イシンバエワ選手がメダル   
      なしの結果に
 
 大会中は毎日、競技日程と出場選手を紹介するデイリープログラムが組織委から出されています。上記の選手達はすべて、その日の表紙を飾った選手だということで、韓国では「デイリープログラムの呪い」と呼ばれ話題となっているそうです。

 フライング一発で失格というのは、なんかもったいない気もしますし、
ロブレス選手の進路妨害も、ハードルを隣ともう少し離すことができないのかなぁと思ってしまいます。

 ハードルの設置も方法もルールで決まっているのでしょうが、いつ決めたものなのか、昔に比べ、手足が長くなってきているんだとしたら、ぶつからないように間隔を広げてあげることも必要な気がします。

 100メートルで日本女子初の準決勝進出を果たした福島選手は、200メートルでも準決勝進出です。世界陸上も後半戦、盛り上がって欲しいものです。

 
 




TOP(全件表示)