◆お知らせ◆
吉田類 北海道ぶらり街めぐり〜札幌・手稲編〜
スキーをはじめウィンタースポーツで有名な「手稲山」。
そしてその周りに広がる手稲のまち。今回もお酒を片手に様々な素敵な出会いがありました!「札幌・手稲編」は、今週22日(日)午後4時24分〜です。
毎日のホットな話題は「今日ドキッ!」で!
月〜金の午後3時44分から番組スタート!
気になるグルメ情報、旬のスポット、ニュースまで3時間の生放送で発信!これを観れば今日一日の北海道が分かります。
うちわ&フリーペーパーを配布!
HBCアナウンサーや番組・イベント情報などが詰まっています♪HBCロビーをはじめ、さまざまな場所で無料で配布されていますので、お気軽にお手にとってみて下さい!
今月
2017年01月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:全て(98件)
<< [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] >>

2015年06月18日(木) |  「吉田類 ぶらり街めぐり〜天売・焼尻・羽幌編〜」旅日記
2015年06月16日19時55分56秒更新

天売島の魅力は『海鳥』だけではありません!

おいしいモノも沢山あるのです^^

まずは、海鮮の炭火焼きが楽しめるお店に・・・

このお店の自慢の一品と聞いて、
どんな海鮮が出てくるかと思いきや・・・

目の前に置かれたのは、カレーライス。

か…カレー?と
一瞬、拍子抜けしてしまいましたが、


ここのカレーは、
中の具材に秘密がありました。

そう、一般的な野菜やお肉ではなく、

タコだったです!


天売島の特産品。

ルーのスパイスとタコの甘みが絶妙に絡んで、たいへん美味!

天売島のタコは、
夜のバーベキューでも登場。

豪快です!

そのまま網に乗せて焼き上げました。
そのほかにも、
水揚げしたばかりの海産物を炭焼きにしましたよ〜♪

ひとつひとつがどれも大きくて、
食べごたえ満点!

海水が染み込んでいるため、タレをつけなくても十分塩味が効いておいしいんです。

バーベキューの最後は、
島の人たちとの乾杯で締めくくり。

天売島で生まれ育って一度も島を離れたことがない人。

海鳥の研究で渡ってきた学生。


島の魅力にすっかりかられ、
周辺のマチから移り住んできた人。

さまざまな人たちが集まっていましたが、
天売島への想いはみなさん同じようです。

さて。

写真の私が手にしているのは、
カレイの干物。

旅の途中、

道行く方から、すれ違いざまに
「食べてけ!」といただきました。

この気さくな温かさも、島の姿なのでしょう。


2015年06月15日(月) |  「吉田類 ぶらり街めぐり〜天売・焼尻・羽幌編〜」旅日記
2015年06月15日19時39分40秒更新

海鳥たちの楽園

天売島。

島のまわりをボートで一周すると、
何種類もの鳥たちとすれ違います。

一斉に飛び立つ瞬間は大迫力!

岩場で一休みしている鳥たちも発見。
ここはカモメたちの休憩スポットなのでしょう。

そのまわりで、世界的にもめずらしい種類の海鳥が数え切れないほど飛んでいました!

そんな天売島を歩いていると・・・

地面には穴・穴・穴!

どこもかしこも穴だらけです。

実はこの穴、鳥の巣でした!


この巣を掘ったのは、

ウトウという小型の鳥。

この天売島は、

ウトウの世界最大の繁殖地でもありました。

80万羽が暮らしていると言われています。

昼間は、海に出て獲物を狙うウトウたち。

この巣穴の奥には、必ず残ったオスメスのどちらかが、
お留守番しているそうですよ!

夕方になると、
海で漁をしていたウトウたちが一斉に帰ってくるのですが・・・

何十万羽が同じ時間帯に向かってくるため、それはそれは圧巻。



空がウトウの大群で埋め尽くされ、
ヒッチコック映画『鳥』のようだと描写する人も。

このウトウ、着陸がヘタな鳥で、
急降下した後にボテッっと落ちるように巣穴に戻るため、
私には空からふってくるように感じました^^;
不思議なのは、

あれほどたくさん巣穴があるのに、

ウトウは自分の巣を決してまちがえることがないんだそう。

そして、オスの生涯のパートナーはたった一匹のメス。

日が沈むと、この相手のもとに一目散に帰っていきます。

まさにオシドリ夫婦!

とっても一途な鳥でした



この時の出来事が非常に印象的だったので、旅の最後、この時の様子を俳句にしたためました。



夏の島 ウトウの一途が ふりそそぐ


ウトウの一途さを全身で感じた旅の夜でした。

2015年06月10日(水) |  初体験!
2015年06月10日13時18分54秒更新

人生初のそば打ち!

周防監督映画に、
『シコふんじゃった』がありましたが、

私の場合は「ソバうっちゃった」かもしれません。

ひょんなことから
そば打ちをすることになりましたが、

やってみると・・・

これが、非常に
奥深い世界!


詳しくは、今日(6月10日掲載)
アナウンサー日記をご覧ください♪

2015年06月05日(金) |  「吉田類 ぶらり街めぐり〜天売・焼尻・羽幌編〜」旅日記
2015年06月05日19時10分44秒更新

私たちが夢中になっていたもの。

それは、、

磯ガニ釣りでした!


細長い針金にタコの切り身をさして、
カニを誘い出します。

「エビで鯛を釣る」ならぬ、
「タコでカニを釣る」ですね!

さてさて、、

腰をかがめて、
そのときをじっと待ちますが・・。

いっこうに釣れないっ!!

どんなに待ってもかかる気配がなく、
私とカニの我慢比べです・・・。


待つこと数十分。


ようやく引っかかったと思いきや、、

持ち上げた瞬間に素早く逃げられてしまいました。


結局、

勝負はカニに軍配が上がったようです。

写真は、撮影スタッフが釣ったカニ。

それも、たった数分であっさり。


私のあの時間はなんだったんだろう・・・。
せっかちな性格には向いていないのかもしれません。

2015年06月03日(水) |  「吉田類 ぶらり街めぐり〜天売・焼尻・羽幌編〜」旅日記
2015年06月05日19時07分25秒更新

今回も、類さんと一緒に旅をしてきました!

向かった先は、
天売島。

北海道の北部に位置する離島です。

甘えびで有名な羽幌町から、
フェリーで約1時間半。

船に揺られながら、
途中、焼尻島も見えてきました!

高級サフォーク(羊肉)で有名な離島。
焼尻島に生える草は海風をうけて、
ミネラルがたっぷりです!



それを食べてのびのび育つ羊の肉は
「世界最高峰のおいしさ」とも称されていて、
東京都内の三ツ星フレンチ店から珍重されているとのこと。

フェリーの窓から、
「焼尻の羊たちが見えないかな〜」

と、羊を探しましたが、
残念ながら海からは見ることはできませんでした。

その焼尻島が見えてきたら、
あとはほんの少し進むだけで、、

到着!

天売島の港に着くと、
まずは大きな大きなオロロン鳥が出迎えてくれました。

ここは海鳥の楽園と呼ばれている島で、
100万羽以上の海鳥たちが暮らしている場所。

なかでも、絶滅危惧種のオロロン鳥は、
日本にここだけしか生息していないそうで、
オロロン鳥にとっては「最後の楽園」ともよばれているそうですよ。

姿はペンギンみたいで、
「オロロン、オロロン〜」という鳴き声。

今は十数羽にまで激減してしまって、
地元の人でも、ほとんど見かけることがなくなってしまったそうです。

今や「幻の鳥」となってしまったこの鳥を、
私たちがはたして目撃することができたかどうかは・・・

今度のオンエア【6月14日(日)午後2時〜】をお楽しみに!

さてさて・・・

島に到着してすぐ、
二人で夢中になったものがありました!

これが、まさかの
悪戦苦闘!!!

類さんも私も下を向きすぎて、
腰と首が痛くなってしまいました・・・。


さて、、

これからいったい、私と類さんは何に夢中になったでしょう〜??
次回の日記でご紹介することにしますね。

2015年05月29日(金) |  運動もしました!
2015年05月29日21時23分37秒更新

カレーでお腹を満たしたあとは、

運動をしなければ!


・・・ということで、

久々にラケットをにぎりました。
バドミントンです。

さらに、ボールも。

大人になってからのバレーは、
意志に反して動きがかみ合わず、
ジレンマの連続。

ここ10年の衰えも感じましたが、
それでも久々に思い切りはしゃげて、
学生時代に戻った気分になれました♪
そして、

思わぬことでも運動をするハメに・・・。

それは、、

ピクルスの瓶。



仲間の一人が持ってきたのですが、
これがなかなかのツワモノ。

「トルコ産」と書かれたこちらの瓶。

これがどう頑張ってもフタが開かない。。




ありったけの力を振り絞っても。

みんなの握力を足しても。

ビンをお湯で温めてみても。

まったくビクともしないのです。



結局、私たちの頑張りもむなしく・・・

食べるのをあきらめました。

腕が筋肉痛になりました。

後日談で、

ビンを持ち帰った友人から、

写真付きで、
「ついに開いた〜っ!!」という吉報が届きました。

手の負傷は、戦いの勲章でしょうか・・・。


2015年05月20日(水) |  お花見ピクニック
2015年05月20日19時11分31秒更新


お花見ピクニック
に行ってきました!

その日はお天気もよく、ポカポカ陽気。
桜も喜ぶ穏やかさです。

ただ、5月は真夏並みに紫外線が強い月。
ばっちり帽子もかぶっていきましたよ〜♪

北海道でお花見といえば・・・

ジンギスカン!


------ですが、

私たちが楽しんだのは、
野外カレー!

フライパンの上で焼いているのは、
肉でも野菜でもなく・・・

手作りナン!

仲間の一人が自宅でこねて持ってきてくれました^^

丸めた生地をびよ〜んと伸ばして、
焼くだけのお手軽簡単です。

あとはレトルトカレーを温めて出来上がり♪

アツアツ、モチモチ。

お花見にカレーは新鮮でしたが、
みんなでナンを片手につまみ合うのも楽しかったです。

アッという間にできてしまうので、
美味しくてオススメですよ〜。

2015年05月13日(水) |  サクラの秘密
2015年05月13日20時49分22秒更新
高橋友理

嬉しい季節ですね〜。

いつもお天気中継している広場の隣、
観光名所の赤レンガ庁舎も春一色に!

他の桜よりも少し咲くのが遅い、
八重桜です。


濃いピンクが鮮やかで、前庭がいっきに春色に染まっていましたよ〜♪

ときおり、桜からフワっとかおる桜餅の匂い。

前回のブログでも少しふれましたが、
私はこの香りがすごく好きで、
立ち止まっていつまでも嗅いでいたくなります^^


・・・しかし。

この香りは、虫に取ってはすごく嫌な臭いなんですって!

その理由をしらべてみると・・・

まず、桜餅のいい匂いは、花からではなく、
葉っぱの方から香っているとのこと。
(これは意外!)

クマリンという成分が正体でした。


桜にとって、花が散ったあとは、
実を育てるために葉っぱで光合成をして栄養を作らなければなりません。

ところが。

虫たちにかじられてしまうと、
大事な葉っぱが傷ついてしまします。

そこで・・・

葉っぱが傷ついたときは、
虫たちが嫌がる匂いを漂わして葉っぱを守っているとのこと。

私はてっきり、サクラの花から香っているとばかり思っていましたが、実は、傷ついたり枯れた葉っぱから漂っていたんですね。


人間にとっては、心を和ませて酔わせてくれる桜の香り。

でも虫にとっては、鼻をつまみたくなるほどクサ〜い臭い!


立場が変われば、感じ方も変わる。
匂いに限ったことではありませんね。

2015年05月06日(水) |  がんばれっ!
2015年05月06日13時46分58秒更新

春といえば・・・

はじまりの季節。

足元にも小さな誕生を見つけましたよ〜。

たとえ踏まれても、
たくましく大きくなってね!



さて。毎年この季節になると、必ず行きたくなるのが馬牧場♪

今年も、生まれたばかりの仔馬に会いに行ってきました。

親子でぴたっと寄り添う姿は、観ているだけで癒されます。


小さいけれど、見た目はお母さんと変わらない凛としたたたずまい。

それでも、しぐさは赤ちゃんそのもので、まだあどけない様子がたまりません^^
何をするにもお母さんと一緒。

愛嬌たっぷりで、お乳を飲んだり、お昼寝している姿にも癒されます。

ふと、柵の外から覗いている私に気づいておっかなビックリ!でも近づいてみたり・・・。

好奇心旺盛で、目に入るものはなんでも気になるんでしょうね。

将来、もしかしたら、世間をにぎわす有名なダービー馬になるかもしれません。

そんな仔馬のように、先日、私も久々に童心に戻りました!

懐かしいモノを発見。

子どものころはこれが大好きで、
見つけるたびに夢中で遊んだ記憶があります。

大きくなって乗ってみると、
これが意外と難しい・・・。

立つだけで精一杯でした。。




2015年05月01日(金) |  春がきた♪
2015年05月01日20時42分55秒更新

札幌でも、ついにの季節です。

写真に収まりきらないほどの満開の桜!

桜の木に近づくと、ふわっといい香りが・・♪
桜餅のにおいと同じでした^^



「サクラ」の名前にはいろんな由来がありますが、
一つには、動詞の『咲く』に、
接尾語『ら』がくっついたという説があるそうです。

今風に解釈すると、「咲くやつら」という意味になるんですって。
「咲く花」といえば、日本古来からサクラの花だったんでしょうね。

さらに。
川沿いの桜並木も素敵です。

こちらは札幌の寒地土木研究所。


春の小川はさらさらいくよ〜♪


----小学校で習った、あのメロディが一緒に聞こえてきそうです。

春を代表する歌ですよね。


ただ、この小川。

実は、もう流れていない・・・

というショッキングな事実を、みなさんはご存じでしたでしょうか。

「春の小川」のモデルになったのは、

かつて東京に流れていた川だそうです。


渋谷駅東口駅前広場の地下には、
今でも渋谷川が流れていますが、
その支川で、かつては、
「河骨川(こうほねがわ)」という
小川が流れていたそうです。

大正時代に作られた歌で、
作者はこの河骨川のせせらぎを聞いて
春を感じていたんでしょうね。

ただ、その後の都市開発のなかで、
その存在がしだいに邪魔になっていき、
マチから姿を消してしまったそうです。


この歌を聞くと、なんとなく淋しさも感じるのは私だけでしょうか。


<< [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] >>

TOP(全件表示)