◆お知らせ◆
吉田類 北海道ぶらり街めぐり〜札幌・手稲編〜
スキーをはじめウィンタースポーツで有名な「手稲山」。
そしてその周りに広がる手稲のまち。今回もお酒を片手に様々な素敵な出会いがありました!「札幌・手稲編」は、今週22日(日)午後4時24分〜です。
毎日のホットな話題は「今日ドキッ!」で!
月〜金の午後3時44分から番組スタート!
気になるグルメ情報、旬のスポット、ニュースまで3時間の生放送で発信!これを観れば今日一日の北海道が分かります。
うちわ&フリーペーパーを配布!
HBCアナウンサーや番組・イベント情報などが詰まっています♪HBCロビーをはじめ、さまざまな場所で無料で配布されていますので、お気軽にお手にとってみて下さい!
今月
2017年03月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2016年05月(3件)
<< [1] >>

2016年05月27日(金) |  欠かせません!
2016年05月27日17時46分17秒更新

良い季節になりましたね〜♪

気持ちのいいドライブ日和が続くと、
外で食べたくなるのが…

ジンギスカン!

すっかり北海道民になっています^^

青空ジンギスカンは最高!!

テラス席のお庭にはまだ桜も残っていたので、お花見気分で楽しめました♪

この週末も日差したっぷりの
快晴に恵まれそうですが、

札幌市内の小学校ではいよいよ

運動会!

昔は、子供たちが競技で汗を流すかたわら、
家族・親戚たちは運動場でジンギスカンを楽しむ光景が
あたりまえだったという話を聞きましたが、
はなして今も、そんな光景がどこかで見られるんでしょうか・・・。

小学生のみなさん、
思いっきり頑張ってくださいね〜!


2016年05月20日(金) |  青森の旅〜パート2〜
2016年05月20日19時45分42秒更新
青森の旅で、もう一つ発見!

それは、青森と北海道の意外なつながりです。

そのつがながりとは・・・

お米。

石川さゆりさんが歌う
名曲「津軽海峡冬景色」にも登場する
青函連絡船。

当時、この青函連絡船には、
「担ぎ屋」と呼ばれる北海道の人たちが
数多く乗っていたそうです。

昭和の時代、
北海道と本州とを結ぶ、
物流の大動脈だった連絡船。


その船内で彼らは
いったい何を担いでいたというと・・・

あるときは、魚や野菜。
そしてあるときは、、お米でした。

実は、
当時の北海道には、
おいしいお米が全くなかったそう。

今でこそ、ゆめぴりかやおぼろづきなどの
全国でもトップクラスの特A米が相次いで誕生していますが、
昭和の時代には、「北海道のお米はまずい」と言われた歴史があったそうです。

そこで、
担ぎ屋さんたちは地元で獲れた魚や野菜を渡すかわりに、
青森の人からお米をもらっていたそうです。

旅で泊まった旅館の女将さんには、
こんなお話も伺いました。

「むかし、修学旅行で函館に行くときは、
生徒たちは自宅のお米を袋に入れて持っていき、それを宿代の一部に充てていた」。

それだけ当時の北海道では、
青森のお米が食べられていたのでしょう。

そんな歴史を巡る旅で出会った、
青森のお米農家さん。

愛車のトラックのナンバーは、「830」。

矢沢栄吉さんの
大ファンというロックな方で、
ソフトな津軽弁が印象的な
とっても気さくで優しい方でした^^

2016年05月10日(火) |  青森で発見!
2016年05月10日13時56分32秒更新

今日の北海道は、
春を飛び越えて初夏の陽気となりました。

札幌でも気温が
20度超え!


街中には、半袖姿の人がたくさんいました♪


いやいや、さすがにまだ早いのでは?

と、本州の方はお思いかもしれませんが、
冬が長〜いこの地では、
少しでも長く夏気分を味わいたい!

・・・ということで、
少しの寒さならガマンガマン!!

ちょっとでも気温が上がれば夏服になるのが、
北海道ならではの習慣かもしれません^^

さて、今年のゴールデンウィークは、
ちょうど札幌の桜が満開になりましたね♪

公園はお花見客で大盛り上がりでしたが、
開業したばかりの
北海道新幹線も大活躍!



その新幹線でグッと近くなった、お隣・青森

今回初めて旅したら、
いろんな発見がありました!

旅の案内役になってくれたのは、
地元・青森テレビの高山基彦アナ。


一緒にはっぴを着て、
定番のねぶた体験にも
付き合ってもらいましたが、

地元の人ならではのディープな
青森文化もたっぷり紹介してくれました!

まずは地元のスーパーで、
青森のソウルフードを発見!

イギリストーストです。

これ、
青森で知らない人はいないくらい
有名なパンだそう。

全国のコンビニやスーパーで
お馴染みのパン会社といえば、
ヤマザキパンですが、
青森では違います。

県民のみなさんは、
口をそろえてくどパン!と答えるそう。

青森で昔から愛される
ご当地パン会社「工藤パン」のことを指しています。

青森なのにイギリス??

・・・とお思いかも知れませんが、
山型のトーストパンのことを「イギリストースト」と
呼ぶことからきているとのこと。

定価は108円。

中身もいたって素朴で、
グラニュー糖入りのマーガリンが
パンでサンドされているだけ。

かなりシンプルな商品ですが、
帰省するとなぜかこれが食べたくなる!
という熱い声が聞かれるほど、
地元・青森では愛され続けている味なんだそうです♪


<< [1] >>

TOP(全件表示)