◆お知らせ◆
吉田類 北海道ぶらり街めぐり〜札幌・手稲編〜
スキーをはじめウィンタースポーツで有名な「手稲山」。
そしてその周りに広がる手稲のまち。今回もお酒を片手に様々な素敵な出会いがありました!「札幌・手稲編」は、今週22日(日)午後4時24分〜です。
毎日のホットな話題は「今日ドキッ!」で!
月〜金の午後3時44分から番組スタート!
気になるグルメ情報、旬のスポット、ニュースまで3時間の生放送で発信!これを観れば今日一日の北海道が分かります。
うちわ&フリーペーパーを配布!
HBCアナウンサーや番組・イベント情報などが詰まっています♪HBCロビーをはじめ、さまざまな場所で無料で配布されていますので、お気軽にお手にとってみて下さい!
今月
2017年02月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2016年11月(4件)
<< [1] >>

2016年11月22日(火) |  ロマンチック
2016年11月22日14時42分00秒更新

いつもお天気中継をお送りしている、

北三条広場。


今月からイルミネーションが始まりました!

広場のシンボルであるイチョウ並木が、
45万個のLED電球の光で彩られています。

さらに素敵な音楽も流れていて、
ふだんのお天気コーナーがロマンチックな雰囲気です。

しかしっ!!!!

明日は
このイルミネーションを楽しむ余裕はないかも・・・。

すごく寒くなるそうです。




札幌でも、
最高気温が−4度になるんだとか。
一番気温が上がってこの温度とは。。

いつも上着6枚+ダウン2枚を重ね着して、
ダルマ状態になっている私。

明日は何枚着ればいいのでしょう・・・(>_<)


2016年11月16日(水) |  裏話。
2016年11月16日12時39分25秒更新
高橋友理

「今日ドキッ!」のエンディングコーナー、
みらいのおとな。

札幌の幼稚園児が、

「大きくなったら何になりたい?」

・・・という質問に答えます。


毎日一人づつ、
元気にお話してくれますが、
初めてテレビカメラの前に立つ園児たちにとっては、
ドキドキの20秒間。

とある幼稚園では、
取材の何日も前から、
お友達同士でインタビューごっこをして
おしゃべりの練習をしていたそうです^^

写真に映っているのは、
子供たち手作りの
段ボールテレビとマイク。

「おおきくなったら、なにになりたいですか?」

「えっと・・・えっと、ケーキやさんですっ!」

このやり取りが、
それはそれは健気で可愛いくて・・・(笑)

子供たちのひたむきさに、とっても癒されました。


2016年11月10日(木) |  和紙の世界は奥深い!
2016年11月10日13時12分14秒更新
高橋友理

和紙作りに挑戦しました!

教えて下さったのは、
北海道で和紙職人として活躍する、
東野早奈絵(とうのさなえ)さん。

古い古民家を改築したこの工房は、
温かみがある雰囲気に包まれています。

こちらが、
東野さんの作品の数々。

どれも深い味わいがあって、
ぬくもりが感じられる品々ばかりです。

実はこれまで、
「北海道では和紙作りは困難」
・・・と言われてきました。

昔から原料として使われてきた植物が、
寒い北海道では育たないからです。

ところが、

「だったら、
  北海道独自の植物で作っては?」

と考えて、

蝦夷和紙
を極めていったそうです。



シラカバ
トドマツ。
そして、アイヌの人々に愛されてきたオヒョウニレ。
それぞれの植物で作った和紙は、

どれも雄大な北海道らしい、

大胆な質感で、
野性味あふれる個性があります。
原料となる植物も、
自ら探しに出かけるという東野さん。

北海道の山々を登りながら、

「これを使ったら
  どんな和紙ができるんだろう・・・・」

と想像するのが楽しいんだそうです。
原料を見つけるところからはじまると、

一枚の和紙を作るためには、
3か月以上もの時間を要するそうです。

古くから日本人に愛されてきた
和紙の世界、
なんとも奥が深いですね。

2016年11月02日(水) |  吉田類さんとじゃがいもづくしの旅
2016年11月02日13時42分33秒更新
高橋友理

じゃがいも
じゃがいも
じゃがいも!!

今回の旅で、
何度「じゃがいも」と言ったことでしょう。

北海道新幹線で盛り上がる、
道南・北斗市のすぐお隣にあるマチ。

厚沢部町。

ここ厚沢部町で誕生したのが、

「じゃがいもの女王」と呼ばれる

メークイン。

男爵と並ぶ、
北海道が誇る二大品種での一つです。

今回の旅では、

道の駅で無料でふるまわれていた
ふかし芋に始まり、

コロッケ、グラタン、じゃがバター、芋団子汁、フライドポテト…などなど、
数え切れないほどの
じゃがいも料理をいただきました。

さらに!

農家のお母さんたちと一緒に
芋餅作りにも挑戦しました!


-------出来上がったのがこちら。

ずいぶんと大きな芋餅になりましたが、
自分たちで作ったからこそ感じる
メークインの美味しさを堪能しました♪

その日の酒宴社会は、

芋焼酎で乾杯!

この焼酎も、
もちろんメークイン!!

サツマイモならぬ
ジャガイモの焼酎も、
発祥地ならではの珍しい芋焼酎です。

始まりから終わりまで、
じゃがいもをとことん味わいつくした
今回の旅。

帰る頃には、
お腹が膨れてパンパンでした!!

まもなく去りゆく秋。
秋の恵みにぞんぶんに酔いしれた時間でした♪


<< [1] >>

TOP(全件表示)