今月
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
アーカイブ
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2014年04月(22件)
<< [1] [2] [3] >>

2014年04月14日(月) |  香港の放送局・RTHKを訪問
2014年04月15日15時46分46秒更新

香港の放送局、RTHKにもおじゃましました!

あぐり王国は、ここで広東語バージョンに再編集され、放送されます。

わたしも広東語バージョンのあぐりを見たのですが・・・

なんということでしょう!

アテレコの声が、

わたしそっくり!

担当者の方に、
「是非、お会いしたいです!!!」
と伝えました(^^)

こちらは、RTHKの担当者の方々と、あぐりのスタッフ、HBCのメンバーです。
つなぎ姿のわたしたちをニコニコとした満面の笑みで迎えてくれたRTHKの皆さん。

プロデューサーのマシューさん
(リーダーの隣の方)は、あぐりっこをはじめ、大人のみんなが色んな農作業をしたり、野菜をまるかじりしたりする姿が、イキイキしていて印象的だと話して下さいました。
香港には畑がほとんどないので、北海道の農地への憧れもあるのだと思います。

海を越え、香港で放送される喜びと、番組への思いを聞けて、とても嬉かったです。

2014年04月14日(月) |  香港でもつなぎ!
2014年04月14日19時14分00秒更新
香港でも放送されているあぐり!

そのきっかけになったのが、
「香港フィルマート」

香港フィルマートは、世界中のメディアが注目を集める、映像の見本市。
世界各国の番組やドラマ、映画などが出品され、交渉や取引が行われます。

今回わたしたち、この会場にも、つなぎで潜入!!

何のPRでしょうかねぇ?
会場前では、イベントならではの楽しい皆さんにも会えました(^^)
身長が高く、スタイル抜群なので、わたしが子どもみたいですね(笑)
会場内には、ちゃーんとあぐりのポスターがありました!
ここでは、英語バージョンのあぐりが流れていましたよ。

TBSのブースには、昨年話題になった「半沢直樹」のポスターや、木村拓哉さん主演のドラマのポスターなどが並んでました。
そういった中に、あぐりも出品されているなんて、すごーい!
光栄です!

このようなマーケットを経て、あぐりは香港での放送にたどり着いたわけです。

こうして取材している最中にも、各国のメディアがあぐりに興味を持ってくれて、話を聞きに来ていました。

2014年04月13日(日) |  あぐり通信 No.197 ビニールハウス
2014年04月10日11時55分39秒更新
ビニールハウスに使う、ビニールを作っている工場にもおじゃましました。

ここでも色んな驚きがありました。

まず、ビニールビニールと言っているビニールハウスの素材ですが・・・
ビニールハウスの素材は2つある!んだそうです。
初めて知った〜

一つは、農ビと呼ばれる農業用ビニールフィルム。
農ビは、透明度が高いので、ハウス内の温度が上がりやすいんですって。

もう一つは、農POと呼ばれる農業用ポリオレフィンフィルム。
軽くて、破れにくいのが特徴です。
最近は、こちらを使う生産者さんが多いのだとか。

ちょっと専門的ですね(^^;)

さらに驚いたことは、ハウスの大きさに合わせたビニールを作っていること!
オーダーメイド的な。
そういえば、ハウスの大きさって、そこそこの農家さんで違うもんですよね。

大きなハウスに使うビニールは、2つのビニールをつなぎ合わせて一つのものを作ります。

この機械は、まさにミシンですね。

つなげると、大きなビニールになりました。

雪が解け、本格的に農作業が始まる前のこの時期は、大忙しの工場。

貴重なものを見せていただきました。
ありがとうございました!


2014年04月12日(土) |  あぐり通信 No.197 マルチ
2014年04月10日11時21分32秒更新

皆さん、マルチってご存知ですか?

マルチは、地温(地中、つまり土)の温度を上げるためや、水分保持、雑草防除に使われます。

カラーは、透明・黒・緑・シルバーなどなど、色々あって、色によって少しずつ目的が違います。
中には、地温があまり上がらないようにするためのマルチもありました。

このマルチ、作物の種類や、気候、植える時期、生産者のねらいによって使い分けされているのだそうです。

中には、こんなマルチも!

真ん中に、きれこみが入ったものです。

初めて見ました。
こういうタイプもあるのですね〜

主に長芋を植えるときに使うんですって!

きれこみが入っている分、ビリビリと破れやすく、撤去作業も簡単にできるんだとか(^^)

マルチについて勉強した後、南幌町の農家さんのハウスにおじゃまして、みんなで張ったマルチです。

確か50メートルほどだったと思います。

あぐりっこ男子4人で協力して張りました。

ここには、この後、ピーマンが植えられます。

今回の作業はここまでですが、マルチ張りを頑張った分、収穫まで見届けたいなと思いました。


2014年04月11日(金) |  あぐり通信 No.197 農業に欠かせないもの
2014年04月10日10時54分55秒更新
明日のあぐり王国は、農業に欠かせないビニールハウスマルチと呼ばれる農業資材についてご紹介します!

今まで知らなかった農業資材のアレコレ。
これから家庭菜園をしようとしている方にも、役に立つかもしれません!

あぐりっこは全員男子です!
元気いっぱいにお送りしますよ〜
そして、香港取材の様子もお届けします!

リーダーとわたくし、海を越え、国境を越え、香港に行ってきたのです!

実は、あぐり王国は、今年の1月から香港でも放送されているんです!
その様子と反響、放送されるきっかけとなった「香港フィルマート」潜入リポートも、どうぞご期待下さい!

2014年04月10日(木) |  ごはんソムリエ〜とまどいの食味実習
2014年04月10日08時30分40秒更新
ごはんソムリエの2日間の日程の中には、食味実習というものがあって、実際にご飯を食べ比べながら、お米を評価します。

しるしのついたお皿に、同じ条件で炊いた4種類のご飯が盛り付けられいます。

食味実習は、どのお米が1番美味しいか?や、このお米はどこどこ県のなになに品種を当てるというものではありません。

規準米に比べて、香りはどうか?色・つやなどの見た目はどうか?粘り・硬さはどうか?など、五感を使って特徴を見分け、総合評価するものです。

毎日のように食べるごはんですが、これがなかなか難しいのです。

1回目は、よく分からないまま、とりあえず自分の感覚だけを頼りに評価したためか、かなりのズレがあり、ヘコみました。
が、回を重ねるごとに、評価のコツをつかんだような気がしました。
実習の後には、解説もあって、それぞれの品種を聞くと、この品種はこういう特徴があるんだぁと感心しました。
全国各地のお米が食べられたのは、嬉しかったですねぇ。
北海道米は、“きらら397”が出ましたよ。

炊いたごはんに真剣に向き合うこの時間、すごく面白かったです!
受験者のお昼ご飯は、大学の学食で。

カロリーやバランスを考えたメニューが出されました。

が、注目すべきは、やっぱり、ごはん

胚芽米という特別な方法で精米されたお米が出たんです!

少し茶色っぽい胚芽米は、栄養価にも優れているそうです。

なんだか、ごはんの話をすると、止まらなくなってきたー。

どうしよう・・・

でも、もう少し、書いちゃうよ。

こちらは2日目の昼食。
この日のお米も、胚芽米です。

ごはんソムリエは、お米にまつまる様々な知識と、食味についての官能検査の正しいやり方を習得する認定試験です。

ごはんソムリエを目指す2日間は、作物としてのお米の特徴はもちろん、ごはんの栄養価や炊飯技術について、さらに衛生管理や表示に至るまで、朝から晩まで、ごはん・ごはん・ごはんに向き合う時間で、頭とお腹がごはんでいっぱいになった2日間でした。

何より、日本人の主食であるお米は、栄養面に優れているだけでなく、どんなおかずとも相性のいい、生きるために大切な食べ物なんだということを改めて感じました。
そして、意外と知られていないことや、少し間違った見られ方をしている部分もあるなと思いました。

ごはんソムリエ取得は、きっかけにすぎないと思っています。
食をとりまく環境は、日々変化し、進歩しています。
ですから、この2日間で学んだことを活かし、少しずつ役立てていきたいと思います。

おっしまい。

2014年04月09日(水) |  ごはんソムリエになりました!
2014年04月09日15時21分35秒更新
先日、資格取得のため東京に行ってきました!

資格とは、「ごはんソムリエ」です!

なんじゃそりぁ?
という疑問については、のちのち解説するとして・・・

日本人の主食は、お米です。
にもかかわらず、年々米の消費量が減ってきているそうです。

わたしはごはんが大好きです!
おかずだけ食べてご飯を食べないということは、絶対にしません!

北海道米はどんどん美味しくなってきているのに、消費量が減ってきているのは寂しいな、全国のお米について知りたいな、今一度ごはんについて勉強して、なんらか形でお米の良さを広めたいな、そういう思いから、この資格を取ろうと思いました。

ごはんソムリエは、東京でしか取ることができません。

テキストは事前に送られてきますが、東京の大学で、2日間みっちり講習と食味実習を受け、最終日に筆記試験と食味試験があり、合否が決まるというわけです。

会場は、女子栄養大学。

大学の名前を聞いただけで、わくわくしてしまいます
(学生時代にもっともっと食に興味があったら受験したかった)が、このポスターを見て、さらに心が惹かれました。

「食は生命なり」

どキューン!!!

大学のあちらこちらに、この言葉が書かれたポスターやのぼりがあって、勉強意欲を掻き立てます。

あぐり王国のキャッチフレーズ、「生きることは食べることだぁー」と同じですね。

ヒトは、産まれてから死ぬまで食べ続けます。

毎日の食が豊かになるように、大好きなごはんについて詳しくなろう!
と、改めて決意した1枚です。

この後は、初めての食味実習について書こうと思います。

2014年04月08日(火) |  あぐり通信 No.196 赤井川村で新規就農
2014年04月08日17時21分34秒更新
赤井川村の育苗施設は、新規就農する方の研修の場でもあります。

数年前に新規で就農した原口さん夫妻。

野菜や花を、苗の時から見ているので、実際に育てるときの愛情もひとしおなんだとか。

また、生産者の先輩から話が聞けたり、新規の人同士が交流できたりと、メリットが色々あるようで、心細くないんですって。
「小さい街だからこそ、できるのかなぁ」とも話して下さいました。

新しいことにチャレンジする人に優しい街って、素敵ですよね!

これまで農業をやってきた人と、これからの農業を支えていく人たちが一緒に頑張れる街を、わたしはこれからも応援していきます!


2014年04月08日(火) |  あぐり通信 No.196 ピンセット使います
2014年04月08日17時03分36秒更新
赤井川村農業振興センターでは、機械を使わずに、手作業で苗作りをします!

使うのは、
ピンセット!

白いトレーに入っているのが、種です。

この種を土の入ったポット一つ一つに落としていくという、地道な作業が行われていました。


よーし、わたしも、種植えにチャレンジ!

集中集中!!!

一つひとつ丁寧に、種を落としていきます。

が、種の色と土の色が似ているので、アレ??ちゃんと入ったかなと何度も思いました。

チャレンジした他のメンバーも、
「目が疲れるわー」
「腰痛ーい」
と言っていましたが、コツをつかむと、

お・も・し・ろ・い!

こういう作業、そんなに嫌いじゃないです(笑)

種植え作業を体験すると、ますます、作物への思いが強くなりました。

お手伝いをしたあぐりっこも、「立派な野菜になってほしい」と願いを込めていました。


2014年04月07日(月) |  あぐり通信 No.196 苗半作
2014年04月07日18時02分06秒更新

今日は、小学校など、各地で入学式が行われたようですね。
新たな一歩を踏み出す新1年生の皆さん、ファイトです!!

さて、こちらは一生懸命、伸びようというしている苗。
まだまだ小さいですが、生命力を感じます。

あぐりでは何度かご紹介している、「苗半作」という言葉。

お米作りの時に聞いた言葉ですが、苗の出来で、その作物の半分は決まる!

作物の出来50パーセントは、苗にかかっているというわけです。

その後の作業も、もちろん大切ですが、苗作りが占める割合は大きいので、苗を専門に作る農家さんの責任は大きいですよね。

ちなみに、これはアスパラの苗。かわいいですね。

こちらは、一つの作物が育つ過程を並べたものです。

種は、砂つぶより小さいです。

ちっちゃーい種が、2週間後に芽を出し、その後さらに葉っぱが増え、大きくなっていきます。

「頑張れよ〜、頑張って大きくなるんだよ!」とエールを送りたくなります。


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)