今月
2018年04月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
       
アーカイブ
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2011年07月(37件)
<< [1] [2] [3] [4] >>

2011年07月04日(月) |  あぐり通信No.63 美幌峠にて
2011年07月01日13時46分37秒更新
中標津からの帰り道。

美幌峠の頂上付近で休憩。

雲ひとつない、真っ青な空が広がっていました。

いやー、キレイだ。キレイだ。





自分撮りの一枚。

見ての通り、
風が強いっ!

髪の毛が、ブウォ〜〜〜〜!

夕方の空気は、少しヒンヤリしていましたが、気持ちいーい!
峠から望む屈斜路湖。

いい眺めですぅ。

あぐりのロケで、こういった絶景に出会えるのも嬉しいのです。




2011年07月03日(日) |  あぐり通信No.63 中標津農業高校
2011年07月01日13時31分39秒更新
「将来は農業をやりながら、自分のお店を持ちたい!」
「うちの酪農を継ぎたい!」
「食の研究家になりたい!」

色々な夢を抱きながら、日々学んでいる中標津農業高校の皆さん。

わたしたち大人から見ると、彼らは眩しいほどキラキラ輝いています。

限られた高校生活の中で、目一杯頑張る姿は、わたしたちに元気をくれました。

ありがとう!

普通高校に通ったわたしですが、今からもう一度高校生をやれる!というのなら選択肢に農業高校が入ってきます。
教科書には載っていない、人間的なことが学べると思いますし、先生と生徒たちの絆も強く、とっても楽しそうだから。

ここで学ぶ彼らが、北海道の農業を明るくし、わたしたちの「食」を支えてくれるでしょう!

夢に向かって、突き進めー!!

2011年07月03日(日) |  あぐり通信No.63 牛と歩く
2011年07月01日13時13分52秒更新
今回おじゃました中標津農業高校。

授業では、牛の調教が行われていました。

「共進会」という、牛のコンテストに出すためです。

毛並みや体格、体型など、あらゆるところが、審査対象ということで、丁寧に牛を指導する高校生たち。

ここでは、カッコよく見せるために、
牛と共に、ゆっくりと歩くのがポイント。

牛さんとの信頼感が大事になってくるわけです。

素人では、なかなかこなせないものなんですって。
ちなみに、藤尾さんがやってみたところ、牛は、全く動いてくれませんでした(^^;)

よぉーし、ここはわたしが!
あぐり姉さんもチャレンジしてみました!

すると・・・

ゆっくり歩いたではありませんかぁー!!!!!

「初めてで出来る人は、スゴいです!僕たち、はじめは出来ませんでしたから(^^)」
と高校生に言われて、有頂天↑↑

嬉しくて嬉しくて、飛び上がるほど嬉しくて、このコを抱きしめたく思いでいっぱいでした(≧∇≦)

そう、動物には好かれやすいんです、わたし。

動物好き、あぐり姉さんの面目は保たれたのであります! イェイ☆☆

2011年07月02日(土) |  あぐり通信No.63 牛だけに(^^)
2011年07月01日13時03分40秒更新
さてさて、緑豊かな広大な敷地に放牧されている牛さんをバックに、撮影をスタートさせたあぐり一行。

ここにいるのは、地域で共同管理している牛さんだそうです。

とにかく、すごい数の牛さんです。

その牛さんたちが、なんとも自由にのんびりと暮らしています(^^)
その牛さんですが、

撮影を進めていくうちに、

どんどん近寄ってきて、

いつの間にか、わたしたち牛さんに囲まれてしまいました(^^)
牛だけに、ギュウギュウ

モウ、牛さんだらけ。

しかも、警戒心があまりないようで・・・

牛さんとの距離がものすごく近い!

ぐいぐい近づいてきます(^^)
お話によると・・・

ここの牛さんは、
普段あまり人間を見ないので、
たまに来る人間をとても珍しく感じ、
好奇心で近づいてくるのだそうです。

カワイイですね!

中には、堂々とカメラの前を横切る牛さんもいて【笑】

話していると、突いてくる牛さんもいましたよ(^^)

取材を通して感じるのですが、
牛さんって育つ環境によって、顔つきが違うんですよ!

計根別の牛さんは、優し〜い、穏やかな表情をしていましたぁ♪

2011年07月02日(土) |  あぐり通信No.63 モアン山に浮かぶ文字とは!?
2011年07月01日13時02分20秒更新
早起きをして向かった先は、モアン山

なにやら、この山には、
街を象徴するある文字が描かれているという。

しかし、どんよりとした雲がかかっていて、何の文字があるのかわかりません!

そーだ!

こんな時は、ロケ神様に雲を吹き飛ばしてもらお〜う!
あぐりでおなじみの光景。

リーダーのおたけびとお天気の舞。

本当に効くのか?
数々の場面で力を発揮してきたリーダーですが、さすがに今回はダメかぁ!?!?

と、思った瞬間!?!?
く、雲がぁぁぁあ!

ふわふわ〜と流れていき、

文字が見えたじゃありませんか!!
我々が目にした文字とは、


「牛」


でっかい「牛」という文字でした(≧∇≦)

まさに、街を象徴する文字!

非常に分かりやすい形で表現されていました【笑】

2011年07月01日(金) |  あぐり通信No.63 中標津町計根別へ
2011年07月01日11時10分37秒更新
明日のあぐりは、牛さんがいっぱいの街、

 なかしべつちょう けねべつ
中標津町計根別へ!!

これまでも沢山の牛さんに合って来た我々ですが、
過去最高かも〜!

モ〜ゥ、すごい数なんですよ〜!

カワイイ牛さんだらけ〜!

札幌から車で7時間。
のどかなところでしたよ(^^)

中標津農業高校の授業にも潜入!!
是非、ご覧下さい!

2011年07月01日(金) |  京都話、最後どすえ〜
2011年07月01日10時45分19秒更新

さぁ、地下鉄に乗って、ちょっと移動。

向かった先は、平安神宮。

参道にそびえ立つ大鳥居は、
高さが、24.2メートルもあるそうです。
日本最大級の規模。
ひときわ目立ちます。

その大鳥居をくぐり、社殿に向かいます。

こちらは、鮮やかな朱色の応天門です。
手を合わせたくなる美しさ。

ここで、おみくじを引いたわたし。

結果は・・・・・・・・・・「大吉!!!」

旅行=よろし、大きな利益あり

と書いてありました。
久々の大吉に大喜びしながら、お参りをし、ゆっくり見学。

こちらは、蒼龍楼。
竜宮城を想像させるような造りですね。

雲もステキ。

今回は、何気ない京都の街並みも写真に収めましたが、これが最後に撮った写真。

枝垂れやなぎと小川と橋。
ぼーぅと眺めていました。

旅行をすると、色んな発見があって、面白いんですよね〜。

その街、その街の息遣いが感じられるし、そこに住む人に出会うのも楽しい。
ぼーぅとするのも悪くないです。
時間を贅沢に使っている感じがして。

また、出掛けたときはお伝えします!
おしまい(^^)

<< [1] [2] [3] [4] >>

TOP(全件表示)