今月
2019年05月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
アーカイブ
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年10月(48件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] >>

2013年10月07日(月) |  スリランカ紀行
2013年10月07日07時41分45秒更新
世界遺産・シーギリヤ・ロックの前で

先日、お休みをもらって、スリランカに行ってきました!

えっ? 
スリランカ

なんで、また?

スリランカって、どこにあるの?

数日間、そんな質問攻めにあっていたわたしですが、今週から、スリランカの旅の話を少しずつ綴っていこうと思いますので、お付き合い下さいね(^∇^)

まず、スリランカの場所をおさらいしておきましょう(^^)
スリランカは、インドの下に位置する島国で、「インド洋の真珠」とも呼ばれています。
面積は、北海道の約8割の大きさです。

さて、スリランカといえば、皆さんは何を思い浮かべますか?

紅茶。
スリランカカレー。

そうそう、スリランカは、紅茶の国として、大変有名です。
紅茶輸出量は、世界一
皆さんのお家にある紅茶のパッケージを見てみてください!
大体が、“原産国・スリランカ”と書いてあると思います。
セイロンティーと言うと、分かりますかね?
スリランカは、昔、セイロンという国でした。

ですから、スリランカでは、とにかく沢山、紅茶を飲みました。

新千歳から、飛行機を乗り継いで、スリランカで初めて口にしたのも、紅茶でした。
ちなみに、時差はマイナス3時間半。
日本がお昼12時だったら、スリランカは、朝の8時30分。

さて、「長旅お疲れ様」と、トイレ休憩で立ち寄ったレストハウスで、スリランカ1回目のティータイム。

こちらのトイレでは、ヤモリとよく分からない昆虫に遭遇。
ギョギョギョ・・・。
ドキドキのトイレタイムでしたが、紅茶を飲んで、リラックスできました。

「ミルクはいりますか?」
「あっ、はい。」

ストレートティーで飲んでいたわたしですが、レストハウスの方が、ミルクを持ってきてくれたので、ミルクティーにして飲んでみることにしました。
このミルク、あったか〜い。
スリランカでは、どこのお店でも、温めたミルクを持って来てくれます。
「砂糖も入れると、美味しいよ。」

アドバイス通り、甘くして飲んでみると・・・
「おいし〜(≧∇≦)」
さすが、紅茶の国!!ナイス、ガイドさん!

ここで、2杯も飲んじゃった。
(おいおい、またトイレ行きたくなるぞ。)

こうして、セイロンティーに癒やされたわたしは、世界遺産の街へと向かうのです。

2013年10月06日(日) |  NEW!!
2013年10月06日13時06分07秒更新

HBCをご覧の皆さん、お気付きになりました?

報道スタジオのセットが新しくなりました!
白を基調に、スタイリッシュな雰囲気になったような気がします(^^)

明日からは、新たな今日ドキッ!がスタートするということで、HBCのスタジオでは、最終チェックをしていましたよ〜。


2013年10月06日(日) |  あぐり通信No.174 新米ありがとう
2013年10月06日09時32分48秒更新
雪の残る3月から、取材で幾度おじゃました美唄市。

おじゃまする度に、田んぼの様子が変化していき、その素晴らしい景色と共に、農作業が出来ました。

春先の天候には悩まされましたが、今年も、美唄のおぼろづきは、例年通り美味しく出来上がったとのことです。
半年以上お世話になった伊藤さん。

田植えや稲刈りで、一緒になって泥んこになって下さったこと、忘れません。

子どもたちや、わたしたちに、お米のこと、いっぱい教えて下さり、本当に本当にありがとうございました!!
そして、美唄から参加のあぐりっこ2人
札幌から参加のあぐりっこ2人
一緒に学んだ美唄ロケは、いつも楽しかったです。
この日で、このチームは解散ですが、それぞれがしっかりと、お米のありがたさを感じてくれたようです。
最強のお米チームだったぞ〜!

お米生産者の全ての皆さんに感謝し、これからもお米を美味しくいただきます!
皆さん、ありがとうございました!

2013年10月06日(日) |  あぐり通信No.174 稲刈り後
2013年10月06日09時16分12秒更新

稲刈りで汗を流した後、
自分たちでにぎった新米のおにぎりを食べました。
大きさがバラバラなのがいいですね(^∇^)

やっぱり、おぼろづきのもっちりとした食感はたまりませんね!
さらに、女性部のお母さんたちが作って下さった豚汁も、ものすごく美味しかったです!
「おかわり―っ!」の声が続出でした(^^)

このおにぎりを食べている時、遠くの空に虹が

「お疲れ様!」と言わんばかりに、タイミング良く現れました。


実は去年、厚沢部町で“ふっくりんこ”の稲刈りをした後にも、虹が出たんですよね〜。

2年連続で、稲刈り後の虹には、感動しました。

さらに、日が沈むと燃えるような夕日も見られました。


なんか、いいね。



2013年10月05日(土) |  あぐり通信No.174 稲刈りってこんなんやったっけ?
2013年10月03日19時17分12秒更新
さぁ、待ちに待った稲刈りですが、
やはり、連日の雨で、田んぼが乾ききっておらず、

河野さん、ズブズブの田んぼにドボン。

あれれ、田植えじゃないのに泥だらけ(笑)

メガネまで、泥んこになってしまった河野さん。
お疲れ様でーす・・・

2013年10月05日(土) |  あぐり通信No.174 稲刈りの前に
2013年10月03日17時22分16秒更新
お天気は、なんとか大丈夫。

さぁ、みんなで稲刈り!の、ま・え・に
収穫適期判断をします!

わたしたちが植えたお米の品種は、おぼろづき

おぼろづきの場合、
出穂した次の日からの平均気温を足して、943度を超えたら、収穫してもいいというひとつの目安があります。

この日、気温を足してみたら、ちゃんと943度を超していました!

さらに、もみがしっかり成熟しているかをみんなでチェーック!
「黄化率
(おうかりつ)」が9割以上で、稲刈りOK!

伊藤さんと一緒に黄化率を調べてみると、9割以上の出来!!

収穫出来まーす!

ということで、

田んぼにGO!


2013年も、稲刈るぞぉ〜!!


2013年10月04日(金) |  あぐり通信No.174 美唄で稲刈り
2013年10月03日16時55分11秒更新

実りの秋。食欲の秋。秋ってステキ♪

10月最初のあぐりは、

秋のメインイベント!稲刈りの模様をお届けします!

雪のあるうちから、ずっとお米作りを学んできたわたしたち。
美唄の伊藤さんの田んぼも、黄金色に輝いています!美しい美しい、ビューディフォー!

が、しかし、

この稲かり日の前後、北海道は非常に不安定なお天気で・・・
雨ばかり続いていました。

田んぼが乾いていないと、稲刈りできないとも聞くし・・・

大丈夫か、あぐり一行!?!?

この様子は、明日5日午後5時のあぐりで!

2013年10月03日(木) |  手稲鉄北小学校に行ってきました!
2013年10月03日16時18分02秒更新
今日は、札幌市立手稲鉄北小学校へ行ってきました!

鉄北は、「てつほく」と読みます。

なぜ、小学校へ行ってきたかと言いますと・・・

それは・・・

「読み聞かせ」のため!

引率は、アナウンス部の吉田部長と鎌田強アナウンサー。

今、HBCのアナウンス部は、札幌市教育委員会の協力のもと、札幌市内の小学校を廻り、読み聞かせボランティアをしています(^^)

そして、本日がわたしの番✩

鉄北小学校4年生、約100人の前で、

「ごんぎつね」
の読み聞かせをして参りました!

ところで、皆さん、ごんぎつねご存知?

現在、札幌市内の4年生の国語の教科書【下】に載っているお話です。
わたしも、ちょうど20年前に教科書で習いました。

学校によって、題材も対象の学年も違いますが、わたしは、ごんぎつねの物語を知っていましたし、何だか20年の時を経て、またこの作品に出会えた喜びがとても大きくて、みんなにそんな思いも伝えてくて、一生懸命読みました。

しかも、読み聞かせをするのは、人生初!
(だと思いマス)

読み聞かせが始まった数分は、やはりとても緊張しました。
(これ、予想通り。昨日は、緊張で眠れなかった・・・)

しかし、1ページずつ読み聞かせていくと、自分も絵本の中に吸い込まれていき、さらには4年生のみんなが、とても真剣に聞いてくれて、

“よし、みんなをごんぎつねの世界に引き込んでいくぞぉ”

という思いも強くなりました。

途中、飽きてないかな?
なんて考えも過りましたが、クライマックスまで、精一杯伝えました。

終わった後に、教育委員会の方が、
「今の読み聞かせ、120点だった人ー?」
と聞くと、ほとんどの人が手をあげてくれて、ほっとしました。

質問タイムでは、
「どうして、アナウンサーになったのですか?」とか
「アナウンサーのお仕事をして何年目ですか?」とか、
「何歳からアナウンサーやってますか?」など、
アナウンサーの職業に興味を持ってくれたようでした。
最後は、ごんぎつねの本を贈呈して、この授業は終わり。

子どもたちは、どんな風に感じてくれたかな?
先生たちは、どんなことを考えただろう?

わたしは、今日という読み聞かせの時間はもちろんですが、今日の読み聞かせのために自分が色々考えた時間がとても有意義でした。

今、学校や地域では、読み聞かせの活動が熱心に行われていると聞きます。

音読ではなく、読み聞かせ。誰かのために、人間が読む。
その醍醐味を是非、ご家庭でも実践していただけたらと思います。

そして、わたしもまた機会があれば、別の小学校におじゃましたいと思います!

手稲鉄北小学校の皆様、ありがとうございました!!

<< [1] [2] [3] [4] [5] >>

TOP(全件表示)