今月
2019年07月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
アーカイブ
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
携帯はこちら
   表示:2013年03月(38件)
<< [1] [2] [3] [4] >>

2013年03月15日(金) |  本日のメンバー
2013年03月15日14時35分49秒更新
金曜ブランチ。
本日のメンバーです(^^)

スタイリストさんが、春らしい衣装を用意してくれました♪

本州では、桜の開花だよりも次々に聞こえ、梅まつりの様子なども伝えられています。
気分は“春”に近づいているものの、外に出ると、北海道はまだ寒いです。路肩の雪も沢山残っているし。
札幌の桜は、5月上旬の予想。
北国の春は、もうちょっと先かな。

あっ、来週の金ブラも担当しますので、是非見て下さいね〜!

2013年03月15日(金) |  流氷話の続きですが・・・
2013年03月15日06時49分21秒更新

テンションが上がってしまった理由は、まだあります。

それは、

こちらの「流氷DRAFT」


流氷をイメージして作られた発泡酒です。

ガリンコ号Uに乗る前に、飲んじゃいました。

仕込水には、オホーツク海の流氷を使っているそうです。

グラスに注ぐと・・・

色は、青!

グラスの中に、とっても素敵なオホーツクブルーが広がました。


ほどなくして、わたしの胃袋に消えていきましたが・・・





流氷DRAFTを飲んだ後に見た実際の流氷が、こちら!

「あおーーーーっっっ!」

と思わず叫んでしまったわたしです。


大きな氷の隙間から見えたオホーツク海の色。
まさに、オホーツクブルー。感動です!!
美しい流氷の景色を目に焼き付け、ガリンコ号Uを思いっきり堪能した後は、海鮮焼きに舌鼓。
ホッケ、エビ、ホタテ。
大好きなビールと共に、美味しくいただきました。

写真を撮り忘れてしまいましたが、カニ汁が絶品でした。
美味しすぎて、おかわりしたくらいです。

流氷は、その時々で表情を変えますし、流氷自体に出会えるかどうかも“運しだい”というか天候次第のところがあります。
今回は本当にラッキーでした。
次回はおーろら号に乗ってみたいと思います。

さて今日は、9時55分から「金曜ブランチ」に出演しますよ!
お時間の合う方は、是非ご覧下さいね〜♪

2013年03月14日(木) |  流氷にひたる。
2013年03月13日18時40分56秒更新

思った以上に早く流氷に出会えたことで、テンションMAXになってしまったわたし。

青い空と真っ白な流氷。

さらに、ポカポカ陽気で心も踊る。

平日だからでしょうか、ガリンコ号Uが空いている!

出会えた日和に感謝をし、写真を撮りまくる。


それはそれは、北海道の絶景。

あとは、

ただただ、ひたる。


真冬の美しさに脱帽。

2013年03月13日(水) |  流氷日和
2013年03月13日18時26分56秒更新
今年も、流氷を見て来ました!

流氷を見るのは、2回目です。

もう一昨年のことになりますが、初めての流氷は、アナ部の後輩、高橋アナと一緒に紋別に行ってガリンコ号Uではしゃいだこと。

それは、人生で、最も寒かった日。

顔が痛くて痛くて・・・・・。
帽子にストール、あったか下着にカイロ。

寒さ対策バッチリで臨んだわたしたち。

が、しかし!

今回は、そんな心配が吹き飛んでしまうほどの

流氷日和
だったのです!

札幌から紋別まで、快晴!

どうです、この空の青さ。ガリンコ号Uのが栄えますねぇ☆彡
もう、天気は言うことなし!

後は、

後は・・・、

流氷に出会うのみ!!

青空のもと、ガリンコ号Uは、オホーツク海を航行。
乗船して、10分ほどでしょうか。

目の前に現れました。

これが、

佑花の流氷2013!
(と、勝手に名づけました)

す、素晴らしい!!!

2013年03月12日(火) |  「美女と野獣」をぜひ!
2013年03月10日12時36分51秒更新
観てきましたよっ!

劇団四季のミュージカル
「美女と野獣」

素敵すぎるぅぅぅ(≧∇≦)

もう、女の子の夢がいっぱいつまった舞台です。
ブラボー!!!

衣装や舞台がキラキラしていて、その華やかさに圧倒されてしまいます。
目の前に現れた主人公のベルなんて、女の子が憧れるお姫様そのもの。
脇を固める役者の皆さんも素晴らしい!
歌と踊りも必見です!

やはり、舞台というものは、その息遣いが手に取るように伝わってくるところが、いいんですよねぇ。
お子さんや男性も楽しめるはず(^^)

皆さんも劇団四季の作り上げる世界に、どうぞ浸って下さい!

2013年03月11日(月) |  あぐり通信No.146 宮城ロケを終えて
2013年03月01日15時10分24秒更新
北海道へ戻ってきてから、震災について色々と考える日々が続いています。

今日で、あの日から2年。

今回、みんなで宮城へ行ったことは、とても意味のあることだと感じています。


東北随一のイチゴ産地、宮城県亘理町。

ここは、わたしにとって特別な街になりました。

数カ月後、もしかしたら数年後になるかもしれませんが、また訪れようと思います。

そして、みーなーさぁーん!
北海道でも、亘理町産のイチゴに出会えるんですよ!!

わたしも近所のスーパーで見つけました。

感謝と復興の願いを込めて、いただきました(^^)

最後に、

今回ご協力して下さった宮城県の皆様、
本当に本当にありがとうございました!

2013年03月10日(日) |  あぐり通信No.146 仮設施設へも
2013年03月01日14時50分55秒更新

イチゴの取材を終え、わたしたちが向かったのは、仮設住宅のある地域。

1400もの人が、そこで生活をしています。

復興庁によりますと、全国の避難者数は、31万5千人。
(2013年2月15日現在)

その数は、少しずつ減ってきているものの、未だ多くの人が、厳しい現実を生きています。

そんな人々の生活や心の支えになっている、
ふるさと復興商店街におじゃましました。

こちらは、復興商店街の全体図です。

美容室あり、郵便局あり、商店あり・・・
カラオケ教室もある。

コミュニティの場としても、商店街は大きな役割を担っています。

わたしがあぐりっこたちとおじゃましたのは、コロッケ屋さん。

“コロッケの菊一”
さんです。

ここで、揚げたてのコロッケを買って食べました。

サクッとした食感と同時に、ホックホクのおいもの甘さがふわ〜と口の中に広がる。
お値段もお手頃で、1個ペロリと食べてしまいました。

「じゃがいもは、北海道産を使っているんだよ〜」と笑顔で話してくれたお店の方。
北海道から訪れたことを、喜んでくれました。

食のつながりと、人のあたたかさを感じた時間でした。

2013年03月10日(日) |  あぐり通信No.146 イチゴ団地
2013年03月01日14時19分24秒更新

自宅のハウスでイチゴ栽培を始めた方もいますが、新たな土地を整備して、これまでとは異なる方法でイチゴを栽培しようという動きもスタートしていました。

沢山のハウスが建設中。

こちらは、高設栽培用のハウスです。

その名も、イチゴ団地

いくつかの生産者が集まって、ここでイチゴ栽培をしようというものです。

自宅のハウスと併用する人もいるそうです。

イチゴの産地復興に向けた一歩ですね。

完成は、夏ごろだそうです。

2013年03月09日(土) |  あぐり通信No.146 亘理町産のイチゴ
2013年02月27日18時25分13秒更新
イチゴ栽培に適した砂地の亘理町は、土耕栽培が主流です。

しかし、街の多くは、津波で浸水した上、汚泥が流れ、土に塩分が含まれてしまったため、その砂を活用した栽培が大変難しくなってしまったという現状があります。

そのような中、震災前と同じように、イチゴ栽培を始めた生産者のところへおじゃましました。
ハウスの中は、イチゴの良い香りが漂い、
“もういっこ”という品種のイチゴが大きく立派に実っていました。

ハウス整備にはじまり、栽培に必要な土を新たに持ってきたり、キレイな水を汲んできたり。
何より、この地で、イチゴ栽培が再会出来るのかどうかという不安。

ここまで辿り着くのには、大変な苦労があったのだろうと思います。
受粉に必要なみつばちは、広島県から送られてきたそうです。
そういった支援や、生産者の努力、実りに感謝していただたイチゴの味。

「美味しい・・・」

甘酸っぱっくて、みずみずしい。

どれほどの思いが込められたイチゴなのだろう。
こうやって、この地でイチゴが育てられる喜び。
一同、その美味しさを噛み締めました。
その後、あぐりっこは収穫のお手伝いをさせてもらいました。

一個一個手作業で大切に。

鮮やかに色づいたイチゴが、新たに歩み始めた亘理を明るくしているように見えました。

2013年03月09日(土) |  あぐり通信No.146 現在の亘理町
2013年02月27日17時48分29秒更新
何もない・・・。


それが、この地の印象です。

宮城県亘理町。

太平洋沿岸に位置するこの街は、東日本大震災の大きな津波によって、町内の約半分が浸水し、壊滅的な被害を受けました。
そして、沢山の尊い命も奪われました。

わたりちょうのホームページによりますと、亘理町内で発見された遺体は、257人。町民の死亡者数は、他の市町で亡くなった方なども含めると、306人です。

東北随一のイチゴ産地、亘理町。
住んでいたお家も学校もお店もない・・・
もちろんイチゴハウスも。

かつて、ここには、豊かな暮らしがあって、沢山の人々が生活をしていたんだ。

しかし今は・・・

ただそこにいると、涙が溢れてきそうになります。

あれから2年、これが現状。

とても複雑な思いでした。

亘理町は今、イチゴ産地復興に向けて、一歩を踏み出しています。

放送を見て、皆さんにも何かを感じていただけたら。
あぐり王国は、本日夕方4時30分からの放送です。


<< [1] [2] [3] [4] >>

TOP(全件表示)