アーカイブ
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2019年12月(4件)
<< [1] >>

2019年12月21日(土) |  小山製麩所 麩レシピ@ぜんざい
2019年12月21日18時36分03秒更新
小山製麩所の小山英俊さんから
麩を使ったデザートの作り方を
教えてもらいました!
そのほかの煮物やお吸い物などは
ご家庭で作ったものにプラスしてみてくださいね!


【生麩のぜんざい】

材料は簡単!
生麩にあんこに栗!
お好みの色んなものをトッピングしても楽しい♪

<作り方>
1)板状の生麩を食べやすいサイズにカット!

小山さん

「半凍り状態が一番切りやすい!」

2)油をひいたフライパンで焼きます!
 ※両面に軽く焼き色を付けましょう

3)あんこと栗を乗せて完成!
 色々アレンジしてみてね!

2019年12月07日(土) |  和菓子レシピ@花びら餅
2019年12月06日11時46分18秒更新
「和菓子工房 ニセコ松風」の渡辺麻里さん。
北海道の食材にこだわった和菓子を作っています。

■和菓子工房松風■ http://matsukaze.upas.jp/


今回は、北海道産の砂糖を使った3品。
求肥を生地にした花びら餅。
寒天が入ったあんみつ。
寒天の一種「錦玉(きんぎょく)かん」を使った、
上生菓子を用意して頂きました。

【花びら餅 12個】

<材料>
白玉粉      100g
水        200ml
砂糖       200g
ごぼうのみつ煮  12個分
みそあん玉    15g×12個分
片栗粉(手粉用) 適量

■ごぼうのみつ煮の作り方■
ごぼう 1/2 本
水   100ml
砂糖  100g

<作り方>
1)ごぼうは水洗いし、皮をこそぎ9.5cm長さに切る。
やわらかく下茹でし、水にさらす。
2)鍋に分量の砂糖と水を加えて煮溶かし、
@を入れて沸騰させる。火を止めて紙ブタをして
冷蔵庫へ移しひと晩おく。
3)細く切り分け、水気を切っておく。


■みそあんの材料(練り上がり約250g)■
白こしあん 250g
水     50ml
西京みそ  20g
水溶き食紅 少々

<作り方>
1)鍋に白こしあん、水を入れ
中火にかけながら木べらで練る。
2)練りあがる直前に白みそを加え、
水溶き食紅で淡いピンク色に着色する。
あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やし1個15gに丸める。

<花びら餅の作り方>
1)鍋に白玉粉を入れ、水を少しずつ加え
ダマにならないようゴムベラでよく混ぜる。

2)中火にかけて木べらで焦がさないように練る。

3)生地に透明感がでてきて、なめらかになったら
砂糖を3回に分けて加える。
砂糖を加えるごとに、生地がなめらかになるまで
良く混ぜること。

4)手粉をたっぷりと敷いたサラシの布巾にBを移し、
3〜4回パタパタと折りたたむ。

5)麺棒と手のひらを使って生地を約25cm×33cm角に伸ばす。

6)あら熱が取れたら、直径8cmの丸い抜き型で抜き、
切り口に片栗粉をまぶす。

7)刷毛で余分な片栗粉をはらい、
ごぼうとみそあん玉をのせ半分に折りたたみ仕上げる。

<花びら餅の作り方>
1)鍋に白玉粉を入れ、水を少しずつ加え
ダマにならないようゴムベラでよく混ぜる。

2)中火にかけて木べらで焦がさないように練る。

3)生地に透明感がでてきて、なめらかになったら
砂糖を3回に分けて加える。
砂糖を加えるごとに、生地がなめらかになるまで
良く混ぜること。

4)手粉をたっぷりと敷いたサラシの布巾にBを移し、
3〜4回パタパタと折りたたむ。

5)麺棒と手のひらを使って生地を約25cm×33cm角に伸ばす。

6)あら熱が取れたら、直径8cmの丸い抜き型で抜き、
切り口に片栗粉をまぶす。

7)刷毛で余分な片栗粉をはらい、
ごぼうとみそあん玉をのせ半分に折りたたみ仕上げる。

では早速スズちゃんが食べてみますが…

スズ
「うーーーーん、美味しい!」

スズ
「すごく甘くて上品な感じがします!美味しい」

2019年12月07日(土) |  和菓子レシピAあんみつ
2019年12月06日11時46分32秒更新
【あんみつ 6人分】

道具)150×135×45mmの流し缶
   無ければ同じくらいのサイズのタッパーでも可

<材料>
寒天
 ・粉寒天  4g
 ・水    500ml

てん菜糖みつ 適量
 ・甜菜糖 80g
 ・水 40g

季節の果物 お好みで
・食べやすいサイズに切り分ける

小豆つぶ餡
 ・40g×6人分


<作り方>
1)鍋に水を入れ、粉寒天を振り入れる。
2)火にかけて沸騰したら火を弱め寒天を完全に煮溶かす。
3)鍋底を水で冷やし荒熱を取る。
4)型に流し冷蔵庫で冷やし固める。
5)Cの寒天をさいの目に切り分ける。
盛り付ける直前に切り分けること。
6)器に寒天、フルーツ、つぶ餡の順に盛り付け
てん菜糖蜜をそえる。

スズ
「よしいただきま〜す。う〜ん美味しい!
 寒天が口の中でホロホロと崩れて
 あんこのあま味とすごく合っていて美味しい!」

リーダー「上手…もういう事ない」

森アナ「食べられない…」

リーダー「スズの言う通り!!っていうしかない」

2019年12月07日(土) |  和菓子レシピB錦玉かんの上生菓子
2019年12月06日11時46分47秒更新
【錦玉かんの上生菓子】

道具)12p×7.5cm×4.5pの流し缶1台分

※まずは錦玉かんを作ります。
<錦玉かんの材料>
水   90ml
粉寒天 2g
上白糖 85g

寒梅粉      少々
飾り用練り切り  雪の結晶&三日月 各12枚
飾り用練り切り  水色(細く棒状に伸ばしたもの)適量
小豆甘納豆    12粒

※飾り用の練り切りが手に入らない場合は
 栗の甘露煮や市販の色の綺麗な羊かんを薄切りにしたものを
 抜き型で抜いたものを飾っても綺麗です。

<作り方>
1)鍋に水と粉寒天を入れて中火にかけ、
木べらで混ぜながら沸騰させる。
2)寒天が完全に煮溶けたら上白糖を加え、
再び沸騰したら火を弱め軽く煮詰める。
火を止めてアクを取り除き流し缶に流す。
3)飾り用の練り切り、甘納豆を入れ、
表面に寒梅粉をふりかけ固める。
4)固まったら余分な寒梅粉は取り除く。

※寒梅粉は錦玉かんと羊かんをくっつける為にまぶします。


では次に…錦玉かんが固まってから羊かんを流します。

<羊かんの材料>
水     135ml
粉寒天    3g
上白糖   130g
こしあん  110g

<作り方>
1)鍋に水と粉寒天を入れて中火にかけ、
木べらで混ぜながら沸騰させる。
2)寒天が完全に煮溶けたら上白糖を加え、
上白糖が溶けたら、
 こしあんを手で小さくちぎりながら加え煮溶かし、
 再び沸騰したら火を弱めて軽く煮詰める。
 火を止めてアクを取り除く。
3)錦玉かんを流した型に流し入れ、
粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし固める。

スズ
「キレイ…いただきます…」

スズ
「うーーーん。美味しい!」

スズ
「砂糖を入れるだけで、
 こんなに食感が違うってすごい!
 あま味がしっかりついてて
 見て楽しめるし、味で楽しめて、美味しい!!」

リーダー「上手だねえ〜あははは」

森アナ
「多分我々のコメント一切ないですよ」

リーダー「無い?俺たちしゃべってない?」

森アナ「無いですよ」

リーダー
「クイズでボケとつっこみやってるだけだよ!」

渡辺さん
「今みたいに甘いお菓子を食べて
 幸せな気持ちになったとか
…」

渡辺さん
「心を豊かにしてくれるものなので
 バランス良い量を程よく食べて
 心を豊かに砂糖を使っていければいいと思います」

森アナ
「美味しい和菓子をありがとうございました」

リーダー「ごちそうさまでした」

<< [1] >>

TOP(全件表示)