今月
2017年07月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
cocouta@hbc.co.jp
携帯はこちら
携帯サイトQRコード

   表示:2017年07月19日(1件)
<< [1] >>

2017年07月19日(水) |  7月15日OA ♪丘みどりさん ♪神野美伽さん(電話)
2017年07月19日19時49分30秒更新

15日放送インタビュー1人目は丘みどりさんにお電話をつなぎました(^^)

2月に発売された 佐渡の夕笛は、出荷枚数が5万5千枚と、女性演歌歌手では水森かおりさん、市川由紀乃さんに次ぐ売り上げで絶好調です!

大ヒット御礼!ということで、 6月28日には4曲入りの感謝盤佐渡の夕笛/雨の木屋町/霧の川/おけさ渡り鳥)が発売されました!!  デビュー曲の“おけさ渡り鳥”は、12年前に発売されたもので、現在は廃盤になっているのだとか!!

佐渡の夕笛は、想いが募って気持ちを痛めている主人公の気持ちが真っ直ぐ伝わる曲です。 「世界観が独特。ミステリアスな演歌だから、何故主人公はここで待ってるいるのかを聴いている人に考えてもらえるように歌ってね。」と先生から言われたそうですよ。

去年から所作を習っているそうで、 “色っぽい目線”を意識。流し目で最後にカメラ目線をするといいよ!と教えてもらったようです♪
ただ、振り付けに囚われず、あくまでも歌っている時に思わずやってしまった というくらい、感情を込めて歌う事によって演じられるよ と教わったのだとか。丘さんの表情や所作にも注目ですネ(^^)


丘さん、今度はスタジオでお話ししましょう!!
続いてお電話でお話しを伺ったのは神野美伽さん(^^)

去年、コメントで出演いただいた神野さん。コメントの最後に「あ、これだけは言っておかなくちゃ。したっけね〜!!」と、北海道弁で締めてくださっていました♪(お茶目♪)

5月17日に発売されている新曲、石狩漁港が舞台となっている
石狩哀歌 は、哀歌ではあるけれど、メロディーが軽快で「バランスが悪い曲だと思っている」と神野さん(笑)。そういう意味では、歌うときに歌詞の内容を追いかけていないそうですよ。
聴いていると気持ちが良いですが、イントロが流れると、脈拍も体温も上がる?!というくらい歌っているともっと気持ちがいいそうです♪
「潮の香りとョ 打ち寄す波がョ ・・・」の「ョ」は、歌ってみると難しいことが判明!!そんな私にアドバイスをいただきました。前半の「ョ」は、「〜なんだよね」というように、目の前の相手に話しかけるように歌うといいそうです!神野さんは、感情を「ョ」に乗せて歌っているそうです。

作詞・作曲は吉幾三さん。今回、初めて吉さんに楽曲制作をお願いしたそうで、期待以上の作品を返していただいた!と、大満足の神野さん。レコーディングの際は、吉さんもスタジオに入り、「一緒に!」と言ってヘッドフォンを付け、歌わずに体で表現をしていたそう。そして、「あ〜ドッコイ!」の掛け声が入ってきたそうで、みんなビックリ(笑)

「哀歌とドッコイは合わないんじゃないかと思っていたけど、コレが合う!ブルーチーズとハチミツみたい」と、例えていました(笑)お話からも楽しそうな雰囲気が伝わってきます(^^)
今月はNYでのライブ、秋にはコンサート、来年には舞台とお忙しい日が続きます。お体大切になさってくださいネ。

※最近では、姪っ子さんが“ハンバーグ師匠”(お笑いコンビ、スピードワゴンの井戸田潤さん扮するキャラクター)にハマっているそうで、神野さんの口から突然「ハンバーーグ!!」という言葉が出てきてビックリしました(笑)とってもサービス精神旺盛な神野さんでした(^^)今度は、是非スタジオでお話を聞かせてください!神野さんありがとうございました☆


     ♡奥田ゆか

<< [1] >>

TOP(全件表示)