今月
2018年01月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
cocouta@hbc.co.jp
携帯はこちら
携帯サイトQRコード

   表示:2018年01月19日(1件)
<< [1] >>

2018年01月19日(金) |  え。
2018年01月15日21時03分59秒更新
昨年から続けている断捨離の一貫で、10年以上とっておいた資料やお手紙メモなどを“これからもとっておくもの” と、 “もう捨てるもの” に分けて閉まっていました。


引出しから取り出し、シュレッダーにかけます。


作業途中で、
祖母からの手紙が1枚、ヒラヒラと落ちました。見覚えのある懐かしい封筒に入った、差出人が祖母からの手紙。

「あれ?これを捨てるものの中に入れたかな?」と思い、作業を中断し、他のものを見てみると、当時7歳の妹から「おねいちゃん9才のおたん生日おめでとう。9才になったからべんきょうがんばってね。」というような内容の、何とも心温まる手紙もありました。


「あれ?これ、絶対捨てたくないものだ!・・・えっ・・・えーー?!(心の中)」サーっと血の気が引いたことを今でも忘れません。


そうです。その“これからもとっておくもの”の方をシュレッダーにかけてしまいました。いつもの私なら、念には念をで最後に確認をするのですが、あの日に限って何の迷いもなくシュレッダーに入れていたんです。(._.)


シュレッダーの中を開け、バラバラになった手紙たちを見て、さらに悲しくなりました。 (意味のないこととわかっていても、やってしまう・・・)

せめてもの救いは、シュレッダーにかける作業の序盤だったということ。おばあちゃんが教えてくれたんだ!と思う事にして自分を励ましています。おばあちゃんありがとう!!


今年本厄だからかなぁ・・・と、かなり落ち込んだ出来事でした。(関係ない)

早く厄払いに行こう・・・。


    ♡奥田ゆか

<< [1] >>

TOP(全件表示)